名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウォーリー・フェイマス・エイモスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウォーリー・フェイマス・エイモスのプロフィール

ウォーリー・フェイマス・エイモス。アメリカの経営者。菓子会社「フェイマス・エイモス」創業者。趣味で作ったクッキー会社が大繁盛し、全米的な企業に成長するも会社から追い出される。その後またゼロから会社を立ち上げ財を築きあげた人物。

ウォーリー・フェイマス・エイモスの名言 一覧

恐れがドアを叩いた。信念がドアを開けると、そこには誰もいなかった。あなたが恐れるものは存在しない。みずからがつねに作り出しているだけだ。


自分の限界を知る必要があるんだ。そして自分が一番得意なことをすることだ。私が犯した大きな誤りは、優秀なチームを集めなかったことだ。(多くの人の)最大の誤りは他人の意見を聞かないことだと思うよ。必ずしも人の意見を取り入れ、人の言うとおりに行動する必要はない。けれど、人の話にはつねに耳を傾けるべきだと思うよ。利用できるアドバイスもときにあるからね。


ウォーリー・フェイマス・エイモスの経歴・略歴

ウォーリー・フェイマス・エイモス。アメリカの経営者。菓子会社「フェイマス・エイモス」創業者。趣味で作ったクッキー会社が大繁盛し、全米的な企業に成長するも会社から追い出される。その後またゼロから会社を立ち上げ財を築きあげた人物。

他の記事も読んでみる

小宮一慶

他人を褒めるには、その人の良い所を見つける必要があります。心から褒めるクセをつければ、物事の良いところを見るようになって、自然と口に出る言葉が前向きになる。厳しい局面でも「やれる!」「できる!」と前向きになれる。すると、仕事が集まってきて、成果もあげやすくなるはず。


小林弘幸

「時間がない」と焦ると、身体を緊張・興奮させる交感神経が優位になり、心身をリラックスさせる副交感神経の働きが低下して、呼吸が浅い状態になります。これが、血流が良くない状態。手帳をつけると、大まかな時間の流れ、生活のリズムがつかめますから、自律神経のバランスが安定して血流が良くなり、心身ともに安定しやすくなります。手帳は時間管理だけでなく、自律神経の状態を整え体調管理までしてくれる、最強のパートナーです。


清水久三子

変化が速く、予測が難しい現代は、現場で課題を発見・設定、そして解決する力が求められる。


佐藤優

人間、仕事ができるようになってくると、それまで見えなかった世界が見えてくる。人から感謝されたり、頼られたりすること、それがモチベーションになることもある。


脇若英治

繁忙期なのに、定時だからという理由だけで帰宅する社員がいるとすれば、本人にとって当日は楽しいかもしれませんが、長期的に見れば人間として育たないし、会社にとってもプラスになりません。


山崎貴

危険を回避し続けていたら人生に起伏がなくなる。そんな人生は楽しくない。


澤田秀雄

新しい時代は若い人が作るもの。


永野毅

社員に力を発揮してもらうための環境づくりとして、この10年くらい、「抜本改革」という形で生産性を高めるための運動を行ってきました。事務を標準化、システム化して事務を「なくす」「減らす」「移す」という「なへう運動」を行ったのです。「移す」は、コールセンターで業務を引き受ける、「なくす」「減らす」は業務を見直して標準化、システム化するなどして、減らせるものは減らし、なくせるものはなくしていくと。これを地道に進めてきました。


塚越友子(水希)

私が銀座でホステスをしていたとき、他人をいいように利用する利己主義タイプの人がいました。「俺は一線を退くから、君に社長を任せたい」と、周囲の人に子会社の社長などを任せて自分は要職から退く。秘密裏に離婚して準備を進め、ある日突然高飛びしたんです。残された人たちは莫大な借金を背負わされ、酷いことになっていました。その社長はいい人そうに見えたのですが、利己主義の極致でしたね。そうした利己主義タイプヘの対処方法ですが、自分が被害を被らないように逃げ道をつくっておくしかありません。下手に関わると痛い目に遭いますから、「ヤバそうだな」と思ったら逃げましょう。


渡文明

読み書き能力を増強する方法はふたつ。ひたすら読むことと、書くことです。私自身は、日ごろから文章の音読に努めています。たとえば、最近よく講演を行う機会がありますが、その原稿は必ず口に出して読む。黙って読んでいると見過ごしてしまうようなミスにも気づくことができます。


小倉広

お金を生むのは人を動かす仕事です。たとえば米俵を一人で一俵担げる人はすごいが、人を使って百俵担がせる人はもっとすごい。一人だけの作業と人を動かす仕事では、圧倒的なパフォーマンスの差が生じるし、当然ながら稼ぐ額も違ってきます。


三浦雄一郎

本田宗一郎さん、佐治敬三さん、盛田昭夫さん、私が会った一流の企業家は、やっぱりみなさん前向きで、上機嫌な人たちだった。そして、年齢に関係なく何かを追い続ける生き方は、全員に共通していたと思います。