名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ウォルター・ラタノーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウォルター・ラタノーのプロフィール

ウォルター・ラタノー。ドイツの経営者、軍人、政治家。ゼネラル・エレクトリック・ドイツの会長。父はGEドイツの社長を務めていた。第一次世界大戦のさなか、父の死をきっかけにGEドイツの経営をすることとなる。苦労の末、会社を安定させた。ウォルターの品質への情熱は現在も引き継がれている。第一次大戦後、外務大臣としてドイツ復興に貢献した人物としても知られている。

ウォルター・ラタノーの名言 一覧

競争相手は自分より頭が切れると常に考えろ。


ウォルター・ラタノーの経歴・略歴

ウォルター・ラタノー。ドイツの経営者、軍人、政治家。ゼネラル・エレクトリック・ドイツの会長。父はGEドイツの社長を務めていた。第一次世界大戦のさなか、父の死をきっかけにGEドイツの経営をすることとなる。苦労の末、会社を安定させた。ウォルターの品質への情熱は現在も引き継がれている。第一次大戦後、外務大臣としてドイツ復興に貢献した人物としても知られている。

他の記事も読んでみる

谷口義晴

金がなきゃ遣わなきゃいい、自分で作りゃいい。日本がダメなら世界で売りゃいい。


アラン(哲学者)

困難な仕事は忠実を要求する。天才の条件はいろいろあるが、自分自身に対する誓言をもち、そしてこれを守るということが必須の一条件だ。


磯崎功典

キリンじゃなくちゃつくれないものを、もう一度つくろう。


井上高志

紙媒体の情報誌には掲載件数に限りがあります。私が考えたのは、誰もが情報を自由に覗ける巨大なネットワークシステムを作り、不動産会社さんに物件情報を登録してもらうというものです。月に1万5千円の定額料金で100件でも千件でも載せ放題にする。そうすれば物件の100%のデータベース化が可能になると確信しました。ホームズを立ち上げた当時、なにしろネットが知られていなかったので、ネットの説明に2、3時間費やし、ホームズの商品説明に1時間もかかる。で、最後に「いくらだ」って聞かれ「1万5千円です」というと「そんなに安いんなら早くいえ、すぐ判子を押すから」って(笑)。日本中の不動産を一軒一軒足で回ってこんな営業を繰り返しました。それで業界内で次第に評判になったんです。


木川眞

ライバルの参入によって競争環境が生まれ、市場が急拡大したら、次にすべきことは激しい競争に勝ち抜き、圧倒的なナンバーワンになることです。その決め手は、他社との差別化にほかなりません。ライバルが増えれば当然、その市場でトップになるのは難しくなる。それでも宅急便は誕生以来、市場で常にシェアトップを守り続けてきました。誕生以来、宅急便は続けざまに新しいサービスを投入してきたからです。


吉山勇樹

私は一年間のうちに230日ほど研修や講演で全国を飛び回っています。そんな移動の最中にタクシーや飛行機の中で少しでも時間に余裕ができると、行動管理手帳を何度も繰り返し見ています。私が手書きの手帳にこだわる理由もここにあります。一時期、パソコンを使ったこともあったのですが、飛行機の中では使用禁止です。いつでも開くことができる手書きの手帳がやはりベストです。


山西健一郎

企業として利益を出して、従業員、株主、顧客、ひいては社会に還元していく。それこそが仕事の最終目的なのです。考えてみれば当然のことなのですが、現実には、自分が関わる狭い分野での能力を突き詰めていけばいいのだと考えてしまう社員は少なからずいるものです。


赤塚保正

私は「誠意」という言葉を大切にしております。どんなことがあっても相手に誠意をもって接すれば相手の心は動かすことができる。


鎌田實

いま、ビジネスの世界は短期決戦ばかりです。でも、そうやって目先の花ばかりを咲かそうとするより、すぐには芽が出なくても、ホスピタリティの種をいっぱい蒔いておけば、いずれもっと多くの花が咲くものです。そのために必要なのが、おもてなしの「心がまえ」です。たんなるテクニックを超えた、心がまえ。それがあれば、どんな仕事でもうまくいくはずです。


ドナルド・トランプ

他人が何かを成し遂げたとき、どれだけの時間と努力を注いだか、私たちにはわからないことがある。ウォーレン・バフェットは今、数十億の資産を持っているが、彼は6歳でチューインガムを売り始めたのだ。1パックで2セントの儲けだった。


高橋政史

図解するのは難しくて苦手だという人は最初から図にしようとするから難しくなってしまうのです。最初はまず、思いついたキーワードを書きだすことから始めるといいでしょう。書き出したうえで、同じグループに分類したり、優先順位をつけたりしていきましょう。そしてムダを省き、絞り込んでいき、最後にポイントをひとつに絞り込めばいい。そうすることで頭の中はどんどんシンプルになっていくはず。


高島英也(髙島英也)

丁寧に造ったおいしいビールを味わっていただくことが、ビールの需要喚起にとって重要だと考えている。そういった思いから、おいしいビールの体験をお届けするために、新宿と梅田で「THE PERFECT BEER GARDEN」という大人のビアガーデンをオープンさせた。提供品質を極限まで追求し、徹底して生のうまさにこだわった「パーフェクト黒ラベル」を体験していただける。こうしたおいしいビールを一人でも多くの方に知っていただく夏にしたいと考えている。