名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウォルター・ラタノーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウォルター・ラタノーのプロフィール

ウォルター・ラタノー。ドイツの経営者、軍人、政治家。ゼネラル・エレクトリック・ドイツの会長。父はGEドイツの社長を務めていた。第一次世界大戦のさなか、父の死をきっかけにGEドイツの経営をすることとなる。苦労の末、会社を安定させた。ウォルターの品質への情熱は現在も引き継がれている。第一次大戦後、外務大臣としてドイツ復興に貢献した人物としても知られている。

ウォルター・ラタノーの名言 一覧

競争相手は自分より頭が切れると常に考えろ。


ウォルター・ラタノーの経歴・略歴

ウォルター・ラタノー。ドイツの経営者、軍人、政治家。ゼネラル・エレクトリック・ドイツの会長。父はGEドイツの社長を務めていた。第一次世界大戦のさなか、父の死をきっかけにGEドイツの経営をすることとなる。苦労の末、会社を安定させた。ウォルターの品質への情熱は現在も引き継がれている。第一次大戦後、外務大臣としてドイツ復興に貢献した人物としても知られている。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

世界中を見てみると、冬でも多くの人を集めているイベントはたくさんある。フランスのリヨンでは、4日間で400万人もの人が集まるライトアップイベントがあると知り、早速現地へ見に行きました。そして我々もこの企画にチャレンジしようと決めました。


佐藤康人

やる気のある集団を作れないのは、そもそも「売りたい」と思えるような仕組みが作れていなかったり、自信を与えていないから。


戸次重幸

僕は、世の中に俳優っていう職業があってよかったね、って思います。ほかの世界では糧を得られない人だと思う(笑)。


坪田信貴

分からない状態を認識できると、どうすれば答えが見つかるかを考えるようになる。


泉谷直木

経営者がいくら旗振りをしても現場が動かなければ回っていかない。だからまず大事なのは現場。


山田昭男

社員旅行には毎年行っていて、費用はすべて会社が負担している。5年に一度は海外へ旅行していて、これまでオーストラリア、パリ、ハワイなどいろいろなところに旅行し、社員たちに喜んでもらっている。数百人の社員を海外に連れて行くには億単位の費用がかかるが、社員たちが一生懸命働いてくれて稼いだお金だから、社員が喜ぶように使う。もちろんこれも仕事へのモチベーションアップにつながる。


関家憲一

当社の創業以来の技術は「切る、削る、磨く」です。新規事業もこれら技術をベースにした分野しかやりません。かつては、お客様からの要望や社内から上がってきた提案に片っ端から挑戦し、失敗したものです。何でもできると錯覚していたからでしょう。いまはもう、余分な投資はしなくなりました。


染谷光男

海外に行くと、若くても日本の代表のような立場に立たされます。若手社員には、社内研修で「自分の立ち位置、考え方をしっかり持ちなさい」と繰り返し話しています。


田中耕一

レガシー(古い資産)は足かせになるから捨て去るべき、という先入観は良くない。これまで蓄えてきた知見を生かせばいい。イノベーションに必死になるあまり、呪縛のようなものにかかっていると、今まで蓄積してきた価値のあるものを生かすチャンスを自ら失ってしまう。


奈良林祥

脳を使わなければ体が衰える。体が衰えれば行動半径が狭くなってますます衰える。この悪循環を断ち切れ。


佐藤一郎(コンサルタント)

私も買ったんですよ。という一言は、セールストークとして何よりもインパクトがあります。何よりも自分自身で買った商品は、自信を持って勧めることができます。
【覚書き|銀行の営業マン時代に自社の金融商品を自腹で買っていたことについてのコメント】


小林一雅(小林製薬)

買収した直後は成長したように見えても、買収後、持続的に事業を成長させなければM&A(企業合併・買収)の意味はありません。