ウォルター・ラタノーの名言

ウォルター・ラタノーのプロフィール

ウォルター・ラタノー。ドイツの経営者、軍人、政治家。ゼネラル・エレクトリック・ドイツの会長。父はGEドイツの社長を務めていた。第一次世界大戦のさなか、父の死をきっかけにGEドイツの経営をすることとなる。苦労の末、会社を安定させた。ウォルターの品質への情熱は現在も引き継がれている。第一次大戦後、外務大臣としてドイツ復興に貢献した人物としても知られている。

ウォルター・ラタノーの名言 一覧

競争相手は自分より頭が切れると常に考えろ。


ウォルター・ラタノーの経歴・略歴

ウォルター・ラタノー。ドイツの経営者、軍人、政治家。ゼネラル・エレクトリック・ドイツの会長。父はGEドイツの社長を務めていた。第一次世界大戦のさなか、父の死をきっかけにGEドイツの経営をすることとなる。苦労の末、会社を安定させた。ウォルターの品質への情熱は現在も引き継がれている。第一次大戦後、外務大臣としてドイツ復興に貢献した人物としても知られている。

他の記事も読んでみる

伊藤厚子(臨床心理士)

大半の職種において、緊急性が高い連絡は頻繁にはありません。集中の妨げになるスマホと相即不離なのは精神衛生的にもよくありません。


アルフレッド・アドラー

妻の機嫌が悪いときに、夫が責任を感じてはいけない。不機嫌でいるか上機嫌でいるかは、妻の課題。その課題を勝手に背負うから苦しいのだ。


鈴木貴子(経営者)

「社内のすごいではなく、世界のすごいを目指そう」と言っていますので、外の空気に触れる時間を大胆に作り出さなければいけません。


澤田秀雄

運は自ら掴むもの。運は「運ぶ」と書くように、自分の力で引き寄せなくてはならない。


立川理道

ジェイミージャパン(ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチ)になってからは、レフェリー(審判)と前日にしっかりと話せる場を設けてもらえるようになりましたので、自分たちのチームの傾向を伝え、レフェリーからも、日本のこのプレーは誤解を招きやすいから注意したほうがいいといった意見をもらえるようになりました。いろんな国、いろいろなタイプの方が笛を吹くのですが、英語が母国ではないフランスやアルゼンチンなどのレフェリーとは、意外と分かり合える気がします(笑)。


森下洋一

公の立場になればなるほど、決断の強さが出てくる。


永瀬昭幸

「鉄は熱いうちに打て」と言いますが、本当にその通り。子供のうちから高い志や覚悟を持って勉学に打ち込めば、必死で頑張り、限界を超えてどんどん伸びていきます。


飯田敏(ファイナンシャルプランナー)

不動産投資で不動産会社を選ぶときは、きちんと将来のキャッシュフローも提示してくれるかどうか。こうしたところはポイントになります。さらにキャッシュフロー表については金利や入居率の変化、修繕費の積み立てなどをどれだけシビアに織り込んでいるか、しっかり確認しましょう。そのためには、投資する側もある程度勉強しておく必要がありますね。


藤田晋

現場にどれだけ問題意識があっても、リーダーが正しい道を見せて、仕切っていかなければ前には進めない。


吉野佳秀

やるべきことをやらなければ、絶対に結果は得られない。


ビル・ゲイツ

ウィンドウズにどんな機能がついているべきかを決めるのは誰なのか。それは、ウィンドウズを買ってくれる消費者だ。


村田昭治

新路線の開拓を突発的に行なっても、実現は難しい。基盤となる確固たる組織があり、そうした重厚な土台の上に立つことで初めて可能になる。


児玉和

新規事業の参入先は少しだけ知見のある領域を狙う。そして、その領域に参入する際は「自社の強みを掛け合わせる」のがコツ。手術用縫合糸がその好例です。この抜糸しなくていい溶ける糸の事業化に国内メーカーで初めて成功しました。これは、創業当時から積み上げてきた既存技術なしには製造できないものでした。


知識賢治

40代は自分にとって何が大切で、何が大切ではないかを明確にすべき年代です。その後の人生を大切なものだけに囲まれて生きていけたら、本当に幸せだろうと思います。


佐々木かをり

ワーク・ライフ・バランスを考えるのは、パートナーや家族ができたり、健康を考える年代になってからでも遅くありません。


ページの先頭へ