ウォルター・スコットの名言

ウォルター・スコットのプロフィール

ウォルター・スコット。18世紀末から19世紀初頭のスコットランドの作家、詩人、弁護士。25歳から文筆活動を開始し、歴史小説家として名声を博す。存命中にイギリスだけでなく国外でも成功を収めた初めての作家とされる。主な著書に『ロブ・ロイ』『アイヴァンホー』『湖上の美人』『ラマムアの花嫁』など。ラマムアの花嫁はのちに『ランメルモールのルチア』としてイタリアでオペラ化された

ウォルター・スコットの名言 一覧

時と潮流は人を待たない。


喜びのない人生は、油のないランプである。


休息が長すぎると、カビが生える。


ウォルター・スコットの経歴・略歴

ウォルター・スコット。18世紀末から19世紀初頭のスコットランドの作家、詩人、弁護士。25歳から文筆活動を開始し、歴史小説家として名声を博す。存命中にイギリスだけでなく国外でも成功を収めた初めての作家とされる。主な著書に『ロブ・ロイ』『アイヴァンホー』『湖上の美人』『ラマムアの花嫁』など。ラマムアの花嫁はのちに『ランメルモールのルチア』としてイタリアでオペラ化された

他の記事も読んでみる

関秀明

社長就任から、世界中の拠点を積極的に訪問しています。日立オートモティブシステムズの生産拠点は国内外で61か所ありますが、主要な拠点では現場の社員と対話する機会を設けています。


笠原久芳

うちの場合、2年目の中国採用で「日本で採用できるレベル以上の学生が、中国で確実に採れると思います。ただし、毒になるか薬になるかは、会社の姿勢次第だと思います」って人事が報告をくれていて。「これは実際に現地に行ってみないとな」って。それで、実際に彼らと会って、ようやく僕の中で覚悟と確信が持てた。だからある意味、中国採用の初年度は絶対に失敗するって、確信を持って言えますね。


大岩俊之

「読み始めたら全部読まねばならない」という思い込みは大きな間違い。そもそも、本はなんのために読むのでしょうか。買って手元に置いておくためではありませんね。知識・教養として、情報を役立たせるためです。そう思えば、「全部」を読むことにこだわる必要はありません。とくにビジネス書などは、ダラダラと読むよりはメリハリをつけて、どこが大切か、要点を探しながら読むべき。


テリー伊藤

熱い思いがある時ほど、空回りしてしまうもの。伝えたい気持ちを伝え切れず、全力を出せないまま終わったなと落ち込む。でも、それでいいんです。緊張感の中に身を置いた経験は、必ずその人を成長させているから。


津賀一宏

コア事業にこだわっていては一本足打法になってしまいます。


谷所健一郎

私が実際にお手伝いしている会社では、ネット上に社長の言葉を掲載し、求人を行いました。自分の業界はこうで、今後我が社はこうなっていく。賛同するものよ集まれと、徹底して社長に語らせたのです。それだけでも、集まりは随分とよくなりました。


岩瀬大輔

稼げる人は他人と同じ情報に接しながらも目線が違います。稼げる人は情報をたくさん持っているのではないかと思いがちです。しかし、情報量は誰もそれほど大差はありません。同じ情報からいかに気づきを得て、物語を組み立てていけるかが、稼げる人と稼げない人の差になって表れます。


荒井直樹

私が言ったことをしっかりと聞いていない選手は起用しないという姿勢を明確にしているので、選手たちも真剣に私の指導の感想や自分の悩みをノートに書き込みます。そこにはヒントが詰まっている。どんな格言や指導書よりも、このノートを読んだ方が勉強になりますよ。


孫潔(ジェーン・スン)

我が社はあらゆる商品を持っています。航空券やホテルの予約はもちろん、ウエディングやダイビング、ヘルスケアや写真愛好家向けの写真撮影に特化したツアーもあります。サービス面では、1時間後に離陸する飛行機のチケットも予約できるし、旅行先で災害が起こった際にどのお客様がどこにいるかをすぐに割り出し、助けることもできます。さらに私たちはオープンプラットフォームとして、世界の企業と組んで、特別な商品からお手ごろな商品までそろえています。


ベンジャミン・ディズレーリ

青年の失敗は、壮年の勝利や、老年の成功より好ましい。


豊田章男(モリゾウ)

創業者は倒産の危機と闘いながら心労が災いして、57歳の若さにして脳溢血を起こして亡くなりました。それ以降、歴代のトヨタの社長は常にいま苦労しても次代に花が咲けばよいじゃないか、いま咲いている花は先代が苦労したおかげなんだと考えるようになりました。


小泉進次郎

今までの政策の延長線上に未来はない。


大平浩二

不祥事の再発防止策で考慮すべき4つのポイント。

  1. 百点満点の解決はないと考える。少しずつよりよい改善策にしていくという考え方が大切。
  2. 人間の問題(精神的な弱さ)を原点に考える。
  3. 制度的な対応策を講じる。不断のチェックが行なえるガバナンス制度を構築する。
  4. よき組織文化を構築する。

川野幸夫

スーパーは労働集約的な産業です。現場がどれだけ頑張ってくれるのか、意欲を持って働いてくれるのかが、販売を左右する。つまりモチベーションを高く持ってもらうことが、商売を成功させるカギとなります。


小阪裕司

リーマンショック後、多少モノが買いづらくなったということはありますが、消費意欲は減退していません。人がモノを買うときには2つのハードルがあります。ひとつ目は「買いたいか、買いたくないか」のハードルです。買いたくないモノはどんなに安くなっても人は買いません。二番目のハードルは「買えるか、買えないか」のハードルです。


ページの先頭へ