名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウォルター・クライスラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウォルター・クライスラーのプロフィール

ウォルター・クライスラー。アメリカの実業家。米国クライスラー自動車創業者。当初はゼネラル・モーターに勤務していたが退社し、マクスウェル・モーター社の再建を依頼される。その後、再建を無事成功させ、マクスウェルを買収し、クライスラー社に社名変更を行った。超高層ビル建設にも投資しマンハッタン島にクライスラービルを建てた。

ウォルター・クライスラーの名言 一覧

成功の本当の秘訣は熱心さである。


どんな偉大な会社であっても、各自の持つ知能やエネルギーを出し合って共通の成果を生み出す。


終業の合図が聞こえないような、あるいは時計が読めないような働きをする工員10人が必要だ。
【「あなたの自動車工場で一番必要なものは何ですか?」と問われての返答】


ウォルター・クライスラーの経歴・略歴

ウォルター・クライスラー。アメリカの実業家。米国クライスラー自動車創業者。当初はゼネラル・モーターに勤務していたが退社し、マクスウェル・モーター社の再建を依頼される。その後、再建を無事成功させ、マクスウェルを買収し、クライスラー社に社名変更を行った。超高層ビル建設にも投資しマンハッタン島にクライスラービルを建てた。

他の記事も読んでみる

福嶋康博

過去の失敗を考えてもプラスになりません。失敗は失敗です。これからどうするかを考え、いかに実行するかが重要です。


田中稔哉

自分の強みを把握するためにキャリアの棚卸しをしましょう。カードを用意し、スキルを分けて書き出してみましょう。この際、「プレゼンテーション」と大まかに書くのではなく、プレゼンテーションをする過程に含まれる「資料作成」「提案力」など細かくブレイクダウンした言葉で記載するのがポイントです。次にカードを「好き/嫌」「得意/不得意」の四象限に分けます。このうち、「好き」で「得意」なことこそが、自身がもっともやる気を出せる「モチベーションスキル」です。これを現職に活かせるか否かを徹底的に検証します。また、「嫌いだけれど好きになれるか」、好きだけれど不得意であれば「得意になれるほど努力できるか」も考察します。「好き」で「得意」が重なる作業を増やしていき、社外でも通用する強み、社内でしか使えない武器を分けてみてください。


小屋洋一

「理想のケース」以外に、「標準的なケース」と「うまくいかないケース」も想定し、うまくいかない場合にどうするかを考えておく必要がある。


大橋悦夫

考える環境の整え方で一番大事なのは、予定を細切れにすることです。よくない予定表の典型例は、「9時から12時に企画書作成」などとアバウトに書いてしまうことです。するとつい「まだ3時間ある」と考えて、ネットを見たりして気が散る原因になります。「9時から9時半:構成を考える。9時半から10時:用意すべきものを考える」というふうに細切れにすれば、「あと30分しかない!」と力が出せます。やるべきことがハッキリしているため、大変そうだなぁと漠然と作業を嫌う気持ちが軽減され、心理的にとりかかりやすくなります。


阿部譲

会社もラグビーも一貫性が重要。上がぐらついていては、力を発揮させることはできない。


三浦善司

「自分の仕事が会社の中でどう貢献しているのか」を考えることが大切です。例えば私が長くいた経理部門は単純作業も多くつらいこともありますが、約2兆円の売上高に自分の役割がどう貢献しているのかを常に考えることでやる気がわいてきました。


小田禎彦

お客様のおしかりの声は大きく分けて3つのパターンです。

  1. 一番多いのが、「お客様の立場で物事を考えず、自分の段取りを優先してしまった」というパターン。
  2. 2番目に多いパターンが、「一言多い」「言い訳」。
  3. 3番目のパターンは、「こうしてほしい」というお客様のニーズに応えられなかったケース。

戸塚隆将

TODOリストが必要なのは新人だけではありません。実際、私が仕事を学んだ先輩たちはよくTODOリストを作って机に貼っていました。また、帰宅前に翌日のTODOを書き出すようにしている人もいました。こうすることで朝イチから仕事に集中することができるのです。


かわぐちかいじ

一番大事なのは「劇」なんですよ。どういうキャラクターが、どういう芝居をしていくかっていうことなんですよね。演出するのが楽しいんですよね、劇を。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

靴屋は靴のほかに何も作れない。しかし、素晴らしい靴を作ることができる。


村田昭治

他社にない自社独自の競争の武器、つまりコアコンピタンスをどの会社ももっていると思う。その長所をどう活かしていくか、これが企業を存続させる基本条件ではないだろうか。


村田昭治

社会に喜ばれる仕事を続けてゴーイングコンサーンとしての体制を維持している企業は、その骨法を身につけて、常に練磨を怠らないように思う。その強さを生み出しているのは、活気にあふれた社内コミュニケーションと、旺盛な学ぶ心の相互刺激だ。