ウォルター・クライスラーの名言

ウォルター・クライスラーのプロフィール

ウォルター・クライスラー。アメリカの実業家。米国クライスラー自動車創業者。当初はゼネラル・モーターに勤務していたが退社し、マクスウェル・モーター社の再建を依頼される。その後、再建を無事成功させ、マクスウェルを買収し、クライスラー社に社名変更を行った。超高層ビル建設にも投資しマンハッタン島にクライスラービルを建てた。

ウォルター・クライスラーの名言 一覧

成功の本当の秘訣は熱心さである。


どんな偉大な会社であっても、各自の持つ知能やエネルギーを出し合って共通の成果を生み出す。


終業の合図が聞こえないような、あるいは時計が読めないような働きをする工員10人が必要だ。
【「あなたの自動車工場で一番必要なものは何ですか?」と問われての返答】


ウォルター・クライスラーの経歴・略歴

ウォルター・クライスラー。アメリカの実業家。米国クライスラー自動車創業者。当初はゼネラル・モーターに勤務していたが退社し、マクスウェル・モーター社の再建を依頼される。その後、再建を無事成功させ、マクスウェルを買収し、クライスラー社に社名変更を行った。超高層ビル建設にも投資しマンハッタン島にクライスラービルを建てた。

他の記事も読んでみる

治山正史

私はスーツを再発明したい。米アップルのスティーブ・ジョブズが「iPhone」の発表の際、「電話を再発明する」と言ってアピールしましたが、私は「これだ」と感じました。我々が持つスーツへの観念を再定義できたら、さらに面白いものができると。健康系のスーツや、スポーツメーカー・アディダスとのコラボレーションも、その一環です。


箭内道彦

腐れ縁だからと別れないカップルみたいではダメだと思う。「違う」と思ったら常に変更できる自分でいたい。


原田泳幸

現場こそが何より大事で、お客様の声の中に課題がある。


土田晃之

本当のマニアから見れば「うっすい話をしてるな」というレベル。実際、アニメおたくに思われたりするんですけど、最近のアニメは一切知らないんですよ。じつは家にガンダムのプラモデルもないですし。だから、ガンプラ売り場のロケに行っても、知らないモデルがたくさんあります。でも、知っているゾーンを中心に「見てください。このシリーズ。あの名機です」と一点集中でマニアックな話をする。すると、スタッフは「土田さん、さすが。全部知ってるんですね」と驚いてくれる。僕らの仕事は、内容をおもしろおかしく伝え、番組を盛り上げること。だから、いくら知識があってもしゃべりができないとダメ。土台があってのプラスアルファだから武器になるわけです。


松井忠三

人は何に適性があるか分からないものです。たまたま入ったのが人事でも、宣伝、販促を任せてみたら適性があるかもしれない。狭い範囲に閉じこもって自分の可能性を摘んではいけません。


山村幸広

私は経営者の一番の仕事は、「毎月25日に社員に給料をきちんと支払うこと」だと思っています。だからこそ、アカウンタビリティ(説明責任)という言葉を大切にしています。社員に対しても、自分の思いと、行動を起こす理由を正確に伝えられることが大事です。


オグ・マンディーノ

子供が大きくなったらというのを思い出してください。しかしそれはなんでしょう?大きくなった少年は言います。大人になったらと。大人になると結婚したらと言います。でも、結婚したからってそれがなんだというのでしょう?結婚すると考えが変わり、退職したらといいます。退職の時が来ると、自分の人生をつかみ損ねたことに気付きます。今日のこの日を楽しみなさい。明日は明日楽しめばいいのです。


石渡美奈

大きな成功をしたときと違い、小さくて目立たない工夫や成果はなかなか褒められないものですよね。すると「こんなことをしていても意味がないのか」と思ってしまうかもしれません。それを見逃さずに褒めれば、社員も「自分のやっていることは間違っていない」と安心するし、自信もつきます。小さな自信こそ大切で、集まれば、大きな自信になると思うのです。


北山顕一

先生が生徒と全力で向き合い、薫製(くんせい)をつくるかのように、燻(いぶ)し染み込ませていく「薫育」。これこそが、本当の教育。


田岡信夫

後発が参入できないような壁をいくつも作っていれば、参入ができなくなるのは当然である。その場合の決定てきな条件は、いうまでもなく占拠率である。先発は、圧倒的な占拠率を握っていなければならない。いわゆる、価格のリーダーシップというものを握っていれば、なかなか参入されないし、また、地域の拠点を全部つかんでしまえば、なかなか参入されない。メインとなるチャンネルを握られていたのでは、製品だけできても、後発としてはなかなかチャンネルに食い込めないという問題が出て来る。


角和夫

阪急と阪神はライバル会社だといわれてきましたが、企業が限られたパイを奪い合うという時代は、すでに終わったのです。パイを奪い合うのではなく、お客様にいいサービスを提供することで、選択をしていただく。そういう意味では、いいタイミングで経営統合ができたと思っています。


藤原和博

正解のない時代には、失敗しても修正しながら経験を積み上げ、腕を上げていけばいい。


酒井貞彦

会社が小さいので、仕事は何でもやりました。自分で仕入れて、売って、運んで、代金を回収する。自家用車に商品を積んで、あちこち回っていました。その後、社員は10人程度に増えましたが、売上高が10億円を突破するまでに18年かかりました。80年代後半になるとルアー・フライフィッシング市場は急拡大。自社企画のアウトドア用品「フォックスフライヤー」も順調に成長し、96年には株式公開を実現しました。


斎藤悦郎

顧客の立場に立って物事を考え、いち早く満足を与えることが重要。


藤田晋

会社の中で埋もれていることを、会社や上司のせいにしている人は、そこから這い出せない。居酒屋で会社批判や上司の悪口を言っている人がそう。悪口を言うのは爽快だし、批判するのも偉くなった気になって気持ちがいい。ですが、そんなことをしても現状は何も変わりません。居酒屋でくだを巻いている人は、ダサイ会社員の典型。


ページの先頭へ