名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウエイン・ダイアーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウエイン・ダイアーのプロフィール

ウエイン・W・ダイアー。アメリカの心理学博士、自己啓発家。主な著書に『いいことが次々起こる心の魔法』『自分のまわりに不思議な奇跡がたくさん起こる!』『自分のための人生』『思い通りに生きる人の引き寄せの法則』『ザ・シフ』『小さな自分で一生を終わるな!』『頭のいい人はシンプルに生きる』『使わない!と人生がうまくいく18の言葉』他多数。

ウエイン・ダイアーの名言 一覧

「よし、朝だ!」というのも、「あーあ、朝か」というのも、あなたの考え方次第だ。


ウエイン・ダイアーの経歴・略歴

ウエイン・W・ダイアー。アメリカの心理学博士、自己啓発家。主な著書に『いいことが次々起こる心の魔法』『自分のまわりに不思議な奇跡がたくさん起こる!』『自分のための人生』『思い通りに生きる人の引き寄せの法則』『ザ・シフ』『小さな自分で一生を終わるな!』『頭のいい人はシンプルに生きる』『使わない!と人生がうまくいく18の言葉』他多数。

他の記事も読んでみる

安岡正篤

小才が利くと、それでいい気になって、大才にならぬ。結局は、策士・策に倒るということになってしまう。むしろどちらかというと愚、少々頭も悪く、小才も利かぬような人間の方が、根が真面目なだけに、修養努力して大人物になることが多い。あいつは少し馬鹿だといわれる人間が、賢いなどといわれる人間の企て及ばぬ人物になる。


石川忠彦(経営者)

会社は人が命です。お陰様で新卒、中途ともに全職種で優秀な人を採用できるようになりましたまた、離れた工場間の異動も積極的に行うようになって社内に躍動感が出てきました。


上山眞文

オーナー様に融資をしていただく金融機関との関係づくりは、今の私にとって最大の仕事になっています。銀行によって融資の方針が違いますし、同じ銀行でも支店や担当者によって方針が違うことも多いので、社長である私が各支店に足を運び、支店長など決定権を持つ人と直接話をしながら、こまめに情報の把握に努めています。だからこそ、お客様のニーズに合わせて、「××銀行の○○支店に相談すれば、有利な条件で融資してくれるだろう」といった判断がスピーディーにできるのです。


大野暉

ゼロイチが好きだというのは確かですね。でも、それ以上に大切なのは、世の中に必要なことができているかどうか。きれいごとではなく、世の中にとって必要なことができていることが私にとっても気持ちいい状態です。


平井伯昌

なるべく自分しかできないことに100%の力を注げるような環境作りが重要。


山本富造

日本では大企業の社長に会わせてもらえないが、海外メーカーは話が面白そうだと感じてもらえれば、会ってもらえる。


岡田准一

ありがたいことなのですが、ジャニーズで幅広い仕事をやらせてもらっていると、お芝居の仕事をしていても、「ジャニーズの岡田准一」として見られる部分があります。だからお芝居では、岡田准一ではなく役柄を愛してもらうことにずっとこだわってきました。


林野宏

私が西武百貨店に勤務していた30歳前後の時期に、自分で自分にハードなトレーニングを課しました。具体的にいえば、「どんな課題でも2時間で答えを出す」という訓練です。私は上司から振られた問題について、いつでも2時間集中して考え、必ず2時間で答えをアウトプットするよう自分に課しました。当日の夕方までには必ずレポートを書いて提出しました。クイックレスポンスです。いわばバッティングセンターのように、堤さん(堤清二社長)が次々投げ込んでくる剛速球を、とにかく必死に打ち返すのです。ファウルでも当たり損ないのチップでもいい。打ち返すことが大事なのです。見送りや空振りはダメです。こうした訓練を連日積み重ねたことで、私の頭の中には、必ずアイデアが浮かんでくるという一種の癖が形成されました。


藤原洋

日本の大学と日本企業はもっと共同研究開発をすべきですね。企業は大学から人材をもらい、大学は企業のお金で研究開発をする。そうすることで、企業は多くの知恵を得ることができ、大学は文部科学省に頼らず、新しい研究費を獲得できる。大学と社会の関係を変え、大学から新産業を創出すべきというのが、私の一番大切に思っている信条です。


藤本秀朗

会社の業績が悪化する原因はだいたい、人的に悪くなるか、マーケットの影響を受けて悪くなるか、事故あるいは災害で悪くなるかの3つに絞られるが、人的に悪くなるのが一番始末に負えないケースだ。たとえマーケットの変化や災害が起こっても、人材さえよければ何とか克服できる。ところが、トップがダメだと下が本当に地獄をみることになってしまう。だから、一に人材、二に人材、三、四がなくて、五に人材なのである。


岩田松雄

個人のキャリアという視点で捉えると、いまは大企業に勤める方がリスクは高いと考えることもできます。大企業の仕事は、関わる金額の規模などは大きくとも、業務内容などは細分化されていることが多いからです。事業のほんの一部分しか分からない人材は、外部に出ればほぼ役に立ちません。


三喜俊典

製造の側にとっては当たり前のことが、販売の立場からするととても新鮮な情報で、知っているだけで販売に活きるということはあり得ます。その逆に、販売の情報が製造の改善に活用できることもあるでしょう。そうした有用な情報は、自分の現場だけに留まっていては決して得られません。積極的に「他人の庭(他部署)」に踏み込んでいくことが必要なのです。