名言DB

9412 人 / 110637 名言

ウェンデル・ジョンソンの名言

twitter Facebook はてブ

ウェンデル・ジョンソンのプロフィール

ウェンデル・ジョンソン。アメリカの心理学者、音声病理学者、作家。吃音治療法の父と称された人物。

ウェンデル・ジョンソンの名言 一覧

精神的に安定した人物を特徴づけるのは、主として、その人間が持っている特別な習慣ではなく、むしろ習慣を変えたり、環境の変化に対応したりするときの手際の良さである。融通のきかないひとりよがりで保守的な、何事もじっと傍観するタイプの人間とは反対に、変化に対する心積もりができている人間だ。


ウェンデル・ジョンソンの経歴・略歴

ウェンデル・ジョンソン。アメリカの心理学者、音声病理学者、作家。吃音治療法の父と称された人物。

他の記事も読んでみる

塚越友子(水希)

組織の中に自分の責任を回避し、自己正当化して出世していく人がいると、周囲の人たちは疑心暗鬼に陥り、諦め感が強まります。「あんな人が出世するなんて、ちゃんとやっている私たちの立場は?」と、上司に対しても猜疑心が起きて組織を離れ、いずれは組織自体が崩壊してしまいます。


マダム・ホー

命あってこそお金儲けができることを、華僑はわかっているのです。危機感が薄い日本人には、どこで誰かが何とかしてくれるという甘さがあるのではないでしょうか。


朝田隆

認知症の予防にもっとも有効とされている有酸素運動は、研究発表から認められるまでに約30年かかりました。一方で医学の世界で常識とされていることが、後に否定されることもあります。長年の研究によって、エビデンス(科学的根拠)が確立された情報を選び、慎重に見極めましょう。


平井伯昌

初期の大きな失敗から、私は「待つこと」の大切さを教わりました。いまでは自分が言いたいことがあってもぐっとこらえ、まずは選手に質問するようにしています。そうして選手自身が泳ぎを反省し、言語化するのを待つ。自分の考えを伝えるのはそれからです。


押味至一

現場が主人公。うちの強みは「現場第一主義」。


ロバート・キャンベル

いまの若者をみていると、「自分らしさ」にこだわって、可能性を自ら閉ざしてしまっている気がします。若いうちの「自分らしさ」は毒にもなるのです。


木川眞

創業者イズムは絶対に残さないといけないし、今後もずっと守り続けていきます。ただ世の中は常に変化し、お客様のニーズも変わり続ける。それに応じたサービスを提供しなくてはならない。


鵜浦博夫

昨年秋の中期経営戦略でグローバルなクラウドビジネスを成長の原動力にすると定めました。各種の規制に縛られ、自由な事業活動が難しい国内にとどまるのではなく、北米をはじめとする海外市場に活路を求めることで、組織の変革を加速します。


安達一彦

企業は人。とくにIT系の会社は人に尽きる。


吉原毅

視野の広い社長は、自社の利益のみならず、世の中全体を見ながら経営判断を下すことができる。


ハワード・シュルツ

スターバックスの競合戦略は、最高のコーヒーと最高の顧客サービス、そして魅力的な雰囲気によって顧客を獲得しようというものだった。可能であればそれぞれの市場において第一人者となることを目指したが、常に正々堂々と競い合って成功することを心掛けた。


久保利英明

今の若い人の多くは、何をしたらいいか分からない、と言います。だけども、何も動かないでそれを見つけられるわけがありません。


堀紘一(コンサルタント)

私が接することの多い40~60代の方は、話の中に知らないこと、わからないことが出てきても、類推して理解することができます。しかし、大学生だと、類推する力が弱い。これは学力の問題ではなく、単純に人生経験の差によるものです。ですから、40~60十代の方と大学生とでは、当然、話し方を変えなければならない。


安渕聖司

計測できないものは改善できない。まず計測することで可視化され、マネジメントも可能になります。


鈴木喬(経営者)

バブル崩壊後に社内で危機感を抱いていたのは私だけで、「すぐによくなる」と皆が思い込んでいる。だから社長就任演説の冒頭でケンカを吹っかけた。「コンパクトで筋肉質な会社を目指す。俺の目に叶わんヤツは叩き殺す!」不良資産の売却、860近くあった商品アイテムの削減、年間約60種類も出していた新商品の絞り込み、在庫の大幅削減……。短期でやるべきこと、中期でやるべきことを全部ぶちまけたうえで、ハッタリをかましたわけです。これで少しは社内の空気もピリッとしましたが、一度号令をかけたぐらいでは組織は変わらない。「コンパクトで筋肉質な会社を目指す」ということはリストラ路線ですから、抵抗がものすごくありました。