ウェイン・グレツキーの名言

ウェイン・グレツキーのプロフィール

ウェイン・グレツキー。カナダのプロアイスホッケー選手。多くのホッケーファンから愛され、史上最高の選手「グレート・ワン」と呼ばれた。数多くの企業CMに登場し、ホッケーファン以外にも認知されている。引退後はテレビ司会者やフォーブスに記事提供なども行った。

ウェイン・グレツキーの名言 一覧

行動しなければ、失敗は100%無い。
成功も100%ないけどね。


ウェイン・グレツキーの経歴・略歴

ウェイン・グレツキー。カナダのプロアイスホッケー選手。多くのホッケーファンから愛され、史上最高の選手「グレート・ワン」と呼ばれた。数多くの企業CMに登場し、ホッケーファン以外にも認知されている。引退後はテレビ司会者やフォーブスに記事提供なども行った。

他の記事も読んでみる

藤本隆宏

日本はこれまで100年あまり、「資源のない我が国は、原料・燃料・食料を輸入するために、工業製品は何でも輸出しなければならない」という貿易立国の一念を持って走ってきた。したがって、事製造業に関して、何でもつくり、何でも輸出したいという漠然としたビジョンでなんとなく来てしまった感がある。その帰結が、工業製品は何でも日本でやりたいという「フルセット工業主義」であり、あるいはハイテク製品、高付加価値製品は何でも日本で育てたいという「フルセット先端主義」だったと思える。それは、耳にはやさしいが、戦略性の希薄な産業観だった。


桝村健右

個々の取り組みの成果は第三者には見えにくい。でも新しい業態として成功すれば、追従してくる人が出てくると信じています。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

知識を高めていくのが、謙虚さです。謙虚な気持ちも、口先だけの言い分や根拠のない憶測を取り去ったところに生まれるものです。


阿部修平

キャッシュフローを生むに十分な価値を持っているにも関わらず、何らかの形で顕在化が阻害されているというところにギャップがあり、その差となるアービトラージ(裁定)の余地がある。投資とは、価値のギャップに参加するプロセスのことです。会社の本当の価値よりも市場価格が安ければ、ギャップは自然に埋まっていきますが、なすべき決断を経営者ができずにいると、そのギャップは埋まりません。


山﨑敦義(山崎敦義)

グローバルで勝負できる事業をしてみたかったし、もっとわかりやすく世の中の役に立ちたいという思いもありました。あと、僕は孫正義さんが大好きで、孫さんの講演で「兆のつく仕事をやれ」と聞いたことも大きかった。自分の損得を考えているだけでは、せいぜい100億~1000億円の事業にしかならない。本当に世の中のためになる事業なら兆になるから、そこを目指すべきだとおっしゃったんです。そうなると建築とは別のことにチャレンジしないといけないなと。


塚本こなみ

成功したら皆さんのおかげ。失敗したら私の責任。


村田昭治

リーダーは崇められるだけでなく、常に批判の対象になる。だからガードしてくれる人が必要だ。それは取り巻きでなく理解者、パートナーになるような人だ。


河辺よしろう

小規模ビジネスの経営者においては、「仕事」と「経営」を混同しているケースが非常に多いです。目の前の仕事に追われているだけでは、自分の手足として動いてくれる従業員と変わりはない。利益を生むためには経営者の視点で戦略を考えることが重要なのです。


石井てる美

マッキンゼーのシビアな案件で心身が悲鳴を上げ、「こうなってまでやりたい仕事じゃない!」と気付きました。人生はエリート街道を走ることが目的ではない。その結果、2度目の人生で挑戦しようと思っていたお笑い芸人になりました。


家次恒

得意分野を進展させ、いかに新たな展開をできるかが勝負。


大川隆法

個人として傑出している人が、人を使って仕事をするのは大変なことです。「自分ができる」ということと、「人を使って成果をあげる」ということは、別の能力。


ながやす巧

好きだからですね。儲けようと思って(漫画界に)入ったわけじゃないですから。絵を描くのがとにかく子供のときから好きで、それを生かすには絵の仕事をやりたかった。食っていけなくなると困りますけども、食えるぐらいのものが入ればそれで描けるじゃないですか。


小林喜光

化学産業は事業の定義はありません。何を手がけてもいい分、「何を捨て、何を選ぶ」のかが経営の最重要テーマになります。


金谷武洋

日本人は声が小さくて自己主張しないので、話を聞いてもらいにくい。英語を話すなら、顔を上げて相手にぶつけるように声を出し、アクションもつけてアピールせねばなりません。


坂戸健司

自分を客観視するには、自分の中にある様々な物差しや基準をはるかに凌駕する存在に対峙すればいい。


ページの先頭へ