名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウェイン・キラウェイの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウェイン・キラウェイのプロフィール

D・ウェイン・キラウェイ。アメリカの経営者。米国のドリンクメーカー大手でペプシの製造販売会社ペプシコの会長兼CEO。32歳でペプシコに入社。その後、スナック菓子メーカーのフリトレーの社長兼COOを経て、ペプシコに復帰。社長兼COOを経て、会長兼CEO。コーラ業界万年二位から脱却するために様々な宣伝・マーケティングを取り入れ、コカコーラを抜きシェア一位を実現させた経営者。ケンタッキーフライドチキン買収などによってレストラン事業にも進出した。

ウェイン・キラウェイの名言 一覧

ナンバー2の組織の会社は、結局、市場でもナンバー2に甘んじなければならない。


ウェイン・キラウェイの経歴・略歴

D・ウェイン・キラウェイ。アメリカの経営者。米国のドリンクメーカー大手でペプシの製造販売会社ペプシコの会長兼CEO。32歳でペプシコに入社。その後、スナック菓子メーカーのフリトレーの社長兼COOを経て、ペプシコに復帰。社長兼COOを経て、会長兼CEO。コーラ業界万年二位から脱却するために様々な宣伝・マーケティングを取り入れ、コカコーラを抜きシェア一位を実現させた経営者。ケンタッキーフライドチキン買収などによってレストラン事業にも進出した。

他の記事も読んでみる

佐々木圭一

先日お会いした、ある靴店の店員さんの話です。それまで彼はお客に、「これは本当に良い靴なんですよ」というふうに商品を勧めていました。しかし、なかなか売れなかった。そこで、伝え方に工夫を加えて、「この靴を履き始めると、他の靴が履きたくても履けなくなりますよ」と言うようにしたのだそうです。これがお客の心を動かし、売上げアップに結びつきました。「本当に良い靴ですよ」という言い方も、「他の靴が履けなくなりますよ」という言い方も、商品の良さをアピールしているという点では同じです。けれども、お客自身がメリットをありありと感じられる言葉に変換して伝えることで、大きく結果が変わってくるのです。


奥山清行

想像力という点なら、なまじデザインというものを知っている僕よりも、素人のほうがよほど面白いアイデアを持っています。これは決して謙虚でも冗談でもなく、想像力の点では、プロは素人に負けるものなのです。


山西治男

英語の基本は、とにかく「誰が」「どうする」をはっきりさせること。それゆえ、話すときは名詞と動詞を強く、それ以外の言葉は素早く弱く発音するだけでも、相手に言いたいことが伝わりやすくなるはずです。


上西京一郎

最も大事にしていることは、お客様の体験価値。私たちはそれを「ハピネス」と呼んでいます。


永守知博

(富士通を2年で辞めたのは)つまらないというより、サラリーマンの世界で上にいくのは無理だなと思いました。組織の歯車という表現はサラリーマンを揶揄するときに使われますが、歯車になれる人は優秀なんです。欠けていると歯車になれないですから。私はそこまでたどり着けないなと。


藤井美保代

判断基準には、「正解」があるわけではありません。答えは会社の方針や業務内容によって違ってくるでしょう。リーダーはその背景を理解したうえで、組織としての価値観、つまり仕事に携わるうえでの「これははずさない」という基準を明確に持つべきです。そして、それに基づく判断基準をチームに周知させることも忘れてはいけません。「うちのチームはこれを第一に考える」という指針があれば、メンバーが優先順位に迷って業務を停滞させる事態を防げます。


三木谷浩史

若さをいい訳にするな。プロのビジネスパーソンであれ。してはいけないことは、仕事でできない理由を言うことです。どうやって目標を達成するかということを考えるより、できない理由を挙げるほうが簡単ですから。


佐々木常夫

「お客様は神様です」という言葉がありますが、まさにその通り。経営者の多くが顧客第一主義を口にするのは、ビジネスの世界では顧客がすべての決定権を握っているという事実をよく理解しているからです。


渡邉美樹

低次元な夢でいいのだろうか、という心配は無用です。はじめは小さな夢でも、それをクリアしようと進むうちに、次々に新しい夢が湧きあがってきます。まずは歩きはじめることで大きく成長するのです。


水木しげる

世の常識を授けてくれる学校は大事な場所だ。しかし、学校の成績は下がるかもしれないけれども、興味を持ったり、心を動かされたりしたことは、周りからどんなにくだらないと言われても、とことん突き詰めるのは本当にいいことだ。


吉野彰

リチウムイオン電池を作るために技術的な着眼点として大切だったことは負極の安定性でしたけれど、もっと重要なのは、「当時の8ミリビデオカメラメーカーが、電池の小型軽量化ですごく困っていた」というニーズを、開発の初期につかんでいた点なんです。そのときどきにメーカーが「あれさえあればいいのに……」と考えていることはビジネスチャンスの中心であって、基本的にはトップシークレットでしょう?普通の会議では教えてくれるはずがないんです。


茂木友三郎

以前、ワシントンポストの編集長がインタビューに来たとき、キッコーマンはアメリカ企業だと信じていたというんです。アメリカで勝負するには、アメリカの商品として定着する必要があります。だから最初から日本のブランドを強調しなかったのです。
【覚書き|海外進出は現地工場建設を含めた現地化から始めていることについて語った言葉】