名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ウェイン・キラウェイの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウェイン・キラウェイのプロフィール

D・ウェイン・キラウェイ。アメリカの経営者。米国のドリンクメーカー大手でペプシの製造販売会社ペプシコの会長兼CEO。32歳でペプシコに入社。その後、スナック菓子メーカーのフリトレーの社長兼COOを経て、ペプシコに復帰。社長兼COOを経て、会長兼CEO。コーラ業界万年二位から脱却するために様々な宣伝・マーケティングを取り入れ、コカコーラを抜きシェア一位を実現させた経営者。ケンタッキーフライドチキン買収などによってレストラン事業にも進出した。

ウェイン・キラウェイの名言 一覧

ナンバー2の組織の会社は、結局、市場でもナンバー2に甘んじなければならない。


ウェイン・キラウェイの経歴・略歴

D・ウェイン・キラウェイ。アメリカの経営者。米国のドリンクメーカー大手でペプシの製造販売会社ペプシコの会長兼CEO。32歳でペプシコに入社。その後、スナック菓子メーカーのフリトレーの社長兼COOを経て、ペプシコに復帰。社長兼COOを経て、会長兼CEO。コーラ業界万年二位から脱却するために様々な宣伝・マーケティングを取り入れ、コカコーラを抜きシェア一位を実現させた経営者。ケンタッキーフライドチキン買収などによってレストラン事業にも進出した。

他の記事も読んでみる

野尻恭

SRIスポーツが上場した2006年に、連結売上1000億円を目指すという目標を掲げました。その後、リーマンショックをはじめとする環境の変化がありましたが、それでもこの目標は変えませんでした。むしろ鮮明にチャレンジする姿勢を打ち出しました。


熊本昌弘

日本の製鉄業が強さを確保し続けていられるのも、私たちが苦しいときに頑張ったおかげだと思っています。私の社長、会長時代、証券アナリストや新聞記者から、「本業一本に絞って経営資源を集中させろ」とか、「多角化は間違っている。武士の商法が成功するはずはない」などと、ひどい言われ方をされました。しかし、私は自分の意思を決して曲げませんでした。


岩瀬大輔

ブログへの批判コメントの中には、単なる人格攻撃のように感情的なものもあります。それには反応しません。そんなものに関わりあうほど人生は暇ではないのです。そうではなく、僕がブログや本で書いたことに対する正面からの批判だとしたら、きちんと受け止め対応する必要があります。


土橋章宏

これからの時代、グローバル化が一段と進み、人生の選択肢も広がるでしょう。その時に備え、日本の因習にとらわれず、まずは自分を磨くことが大切。


高田明(ジャパネットたかた)

今後、日本の人口が減っていき、市場がどんどん縮小すると言われますが、提案の仕方次第で、商品を2倍3倍と売り伸ばすことはいくらでも可能だと思います。これからは海外進出だ、という企業は多いですが、私はまだ、日本でやりたいことがいっぱいあります。


川野幸夫

改善活動の仕組みはパートナーさんの働きがいにもつながります。小売業の喜びは、自分たちの努力がお客様の反応として返ってくることにあります。経営学者のピーター・ドラッカー氏はこう語っていました。「統制や命令による仕事では、喜びは得られない」。まさにその通りで、主体的に働くことで、喜びは生まれます。


松山大耕

本当にすごい人っていうのは、中身を隠さないんです。中身をそのままさらけ出せるのは、本当にすごいこと。


工藤公康

プロ野球選手が監督やチームメイトに認められるには、「結果を出す」事が重要です。200勝しようが、エース格だろうが、過去の実績を振りかざしたところで、今が駄目なら、誰も評価してくれません。だから、結果を出すためなら、やれることはすべてやりました。


木川眞

宅急便の歴史を振り返ると、ヤマト運輸は常に新サービスを生み出してきました。ただ市場が成長していた時代には結果的に、それらの多くが宅急便の機能強化、つまり既存サービスの延長線上にあるものだったんです。しかし、市場が成熟し、シビアな価格競争に直面したことで、競争のステージを変えることが不可欠になりました。商品単体で差別化するのではなく、グループ各社が力を合わせて「機能」を超える「仕組」の違いでナンバーワンを維持する必要があったのです。


小屋洋一

私個人としては、副業に割く余力があるならば本業で努力し、昇給を目指したほうが結果的に効率的な上、会社員としての本筋のようにも思います。もっとも、会社の将来性に疑問がある場合のリスク分散や、他流試合を通じて自分に付加価値をつけるキャリア形成に、副業は有効といえるでしょう。独立開業の準備にも活用できます。


佐藤優

何を「問題」だと定義するかというのは、じつは認識の問題でもあるんです。イヌイットの言葉には「みぞれ雪」とか「粉雪」のような細かい表現はありますが、それらを一緒にした「雪」という言葉が存在しません。ロシア語には「マルスカヤ・カプスタ(海のキャベツ)」という言葉がありますが、ワカメも昆布もヒジキも、すべて「マルスカヤ・カプスタ」と呼びます。つまり文化や環境、時代や地域によって、人々の認識には違いがある。自分の問題認識が、周囲の認識とズレていないかを検証することも大切です。


山東理二

社員と意識を共有する意味で、社長就任後、社員との対話集会を就任1か月で13回行った。社員の考えや悩みを知ると同時に、私の考えを理解してもらいたいという思い。話をしていると特に若手に現状への危機感、経営と議論したいという思いが強いことがわかった。今後も対話を続けていきたい。