名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウィンストン・チャーチルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィンストン・チャーチルのプロフィール

ウィンストン・チャーチル、イギリスの首相。第二次世界大戦中の戦時内閣でリーダーシップを発揮しイギリスを勝利に導く。政治や文学にその才能を発揮した。常に国民たちを激励し勇気を与えた

ウィンストン・チャーチルの名言 一覧

成功とは、情熱を失わずに、失敗から失敗へと進んでいく能力である。


悲観主義者はいかなる機会に恵まれても困難を見つけ、楽観主義者はいかなる困難であっても機会を見つける。


不利は一方の側だけにあるものではない。


政治家に必要なのは、5年後、10年後のことを予測できる才能であり、かつ、それが外れたときに言い訳ができる才能である。


次の選挙を考えるのは政治屋。
次の社会を考えるのが政治家。


血と労苦と涙と汗のほかに、私が差し上げられるものはありません。


イギリス人は最悪を聞くことを好む人々である。将来、もっと悪くなる可能性があり、より以上の不運のため準備しなければならないことを聞いて喜ぶ国民である。


民主主義は最悪な制度だが、これに勝る制度はない。


過去にこだわる者は、未来を失う。


危険が身に迫ったとき、逃げ出すようでは駄目だ。かえって危険が二倍になる。決然として立ち向かえば、危険は半分に減る。何事に出会っても、決して逃げてはいけない。


一度剣を抜いた以上は、息が絶えるまで、勝利を完全に手中に収めるまで剣を捨ててはならぬ。


金を失うのは小さく、名誉を失うのは大きい。しかし、勇気を失うことはすべてを失う。


我々の最後の目的は、ただ一語「勝利」であります。


欧州の各国が倒され去らんとしても、我々は戦い抜くであろう。海浜において戦い、上陸地点において戦い、野原において戦い、断じて降伏しない。そして万一、本土の大部分が征服されても、その時は海のかなたの我が帝国で戦い、新世界(アメリカ)が、その権力と武力のすべてをもって旧世界(欧州)の救済と解放のために進み来る日まで戦い抜くであろう。


現在のわれわれは悪い時期を通過している。事態はよくなるまでに、おそらく現在より悪くなるだろう。しかしわれわれが忍耐し、我慢しさえすれば、やがてよくなることを、私はまったく疑わない。


私の生涯の業績の中で、もっとも輝かしいことは、妻を説得して、私との結婚に同意させたことだ。日曜学校のクラスに、波打つ金髪の美しい少女がいた。私は一目ぼれだった。いまでもそうだ。


決して、あきらめるな、絶対に、絶対に、絶対にだ。


ウィンストン・チャーチルの経歴・略歴

ウィンストン・チャーチル、イギリスの首相。第二次世界大戦中の戦時内閣でリーダーシップを発揮しイギリスを勝利に導く。政治や文学にその才能を発揮した。常に国民たちを激励し勇気を与えた

他の記事も読んでみる

松井忠三

それぞれの個性を引き出す。これは現代のリーダーにとって、とても重要な視点。


板野博行

若さと可能性にかけるのが我々の役目。「僕に言い訳はない」という精神で頑張れ。


酒井俊幸(陸上選手)

励ました方がいい選手もいるし、調子に乗りやすい選手なら、キツめのことを言った方がいいこともある。そこは、選手の心理と性格を把握しないといけません。同じ選手に対しても、好調時と不調時では、言うべき言葉が変わるはず。


三宅秀道

私も大企業の技術開発にフォーカスしたストーリーを聞くのは嫌いじゃないですが、それ以外の勝ちパターンも軽視すべきではありません。


小倉広

「会社が成果を認めてくれないから、仕事が面白くない」という考え方は、問題を他人のせいにしているだけです。そう考えているかぎり、自分が苦しむことになります。他人は変えられないからです。不可能なことをやり続けるのはつらいに決まっています。


芦沢央

どうしてこんなにもモヤモヤするんだろう? と突き詰めていくことで、その根底にある人としての弱さや生きづらさに向き合い、描きたいというのはあります。そして時に、それが反転する瞬間が人生にはあるということも。


中野信子

不安で心臓がバクバクしてしまったときは、バクバクを止めるのは難しくても、「自分は今バクバクしている」と認識するだけでだいぶ気持ちが静まります。あまり不安を感じるときは早めに人に仕事をふったり手伝ってもらうのも手です。


中村清

朝に新しく生まれ、夜は明日の復活を信じて床に就く、一日一日が命のやり取りだ。


岡島悦子

努力して積み重ねることができるので、「技(スキル)」を身に付けている人は相当多いと考えるべき。「技」だけで、自分を差別化できると考えるのは危険です。


野田サトル

僕は北海道出身ですし、この時代を物語の舞台にすると決めた以上、アイヌと向き合うのは必然でした。漫画界ではアイヌは手垢がついてない分野なので、そこでしっかり描けば、そのジャンルを描いた漫画として一番の作品になれる。膨大な資料を読み、大学教授の方々の監修や助言を常にいただいています。北海道のアイヌコタン(集落)やアイヌ協会のみなさんに取材させていただいて一緒に酒を飲んだりもしました。嬉しいことに自分のことを信頼していただき、「サトルくん! ビビらず何でも描け!」と背中を押していただきました。


馬田一

製鋼所の課長というと小さな会社の社長みたいものです。若いときに、工場の中でそういうトレーニングができて、大変勉強になりました。
【覚書き|東京大学大学院修了後、製鉄所に配属され、現場で経験を積んだことについて語った言葉】


山田昇(ヤマダ電機)

当社の場合には週単位で目標を立て、達成度合いを見る。そのためすぐに修正が利くのである。