ウィンストン・チャーチルの名言

ウィンストン・チャーチルのプロフィール

ウィンストン・チャーチル、イギリスの首相。第二次世界大戦中の戦時内閣でリーダーシップを発揮しイギリスを勝利に導く。政治や文学にその才能を発揮した。常に国民たちを激励し勇気を与えた

ウィンストン・チャーチルの名言 一覧

成功とは、情熱を失わずに、失敗から失敗へと進んでいく能力である。


悲観主義者はいかなる機会に恵まれても困難を見つけ、楽観主義者はいかなる困難であっても機会を見つける。


不利は一方の側だけにあるものではない。


政治家に必要なのは、5年後、10年後のことを予測できる才能であり、かつ、それが外れたときに言い訳ができる才能である。


次の選挙を考えるのは政治屋。
次の社会を考えるのが政治家。


血と労苦と涙と汗のほかに、私が差し上げられるものはありません。


イギリス人は最悪を聞くことを好む人々である。将来、もっと悪くなる可能性があり、より以上の不運のため準備しなければならないことを聞いて喜ぶ国民である。


民主主義は最悪な制度だが、これに勝る制度はない。


過去にこだわる者は、未来を失う。


危険が身に迫ったとき、逃げ出すようでは駄目だ。かえって危険が二倍になる。決然として立ち向かえば、危険は半分に減る。何事に出会っても、決して逃げてはいけない。


一度剣を抜いた以上は、息が絶えるまで、勝利を完全に手中に収めるまで剣を捨ててはならぬ。


金を失うのは小さく、名誉を失うのは大きい。しかし、勇気を失うことはすべてを失う。


我々の最後の目的は、ただ一語「勝利」であります。


欧州の各国が倒され去らんとしても、我々は戦い抜くであろう。海浜において戦い、上陸地点において戦い、野原において戦い、断じて降伏しない。そして万一、本土の大部分が征服されても、その時は海のかなたの我が帝国で戦い、新世界(アメリカ)が、その権力と武力のすべてをもって旧世界(欧州)の救済と解放のために進み来る日まで戦い抜くであろう。


現在のわれわれは悪い時期を通過している。事態はよくなるまでに、おそらく現在より悪くなるだろう。しかしわれわれが忍耐し、我慢しさえすれば、やがてよくなることを、私はまったく疑わない。


私の生涯の業績の中で、もっとも輝かしいことは、妻を説得して、私との結婚に同意させたことだ。日曜学校のクラスに、波打つ金髪の美しい少女がいた。私は一目ぼれだった。いまでもそうだ。


決して、あきらめるな、絶対に、絶対に、絶対にだ。


ウィンストン・チャーチルの経歴・略歴

ウィンストン・チャーチル、イギリスの首相。第二次世界大戦中の戦時内閣でリーダーシップを発揮しイギリスを勝利に導く。政治や文学にその才能を発揮した。常に国民たちを激励し勇気を与えた

他の記事も読んでみる

洪自誠(菜根譚)

老来の疾病は、すべてこれ壮時(壮年時代)に招きしものなり。


小幡績

自分の成長が今後見込めないような場合は、転職の大きな理由となります。


津田秀晴

売れる営業マンといえば、口八丁な話し上手の人をイメージするかもしれないが、たとえ口下手ではあっても、顧客の話に熱心に耳を傾け、訥々と丁寧かつ真摯に伝えるように心がけることで、顧客からの信頼を得ている営業マンも少なくない。つまり、模範的なセールストークを手がける営業マン=売れる営業マンというより、自分の特徴を強みにしている営業マン=売れる営業マンという意識に切り替えたほうがいいだろう。


傳田信行

インテル日本法人の創業まもないころですが、本社が突然製品の出荷を止めました。米国市場で品不足が起きると、すでに日本の顧客から注文をもらっていても、何の前触れもなく出荷をストップするのです。出荷が止まれば、日本の顧客は生産ラインを止めざるを得なくなり、被害甚大です。顧客はかんかんになって怒鳴り込んできます。無理もありません。こんなときは、本社に対して声を大にして抗議します。担当者が駄目ならその上司、そして最後には社長に文句を言います。アンディー・グローブ社長にもずいぶん噛みつきました。


羽生善治

いいときは何事もうまくいくので、むしろ悪くなったときにどれだけ頑張れるかがその人の真価。


三澤千代治

ハウスは「物」でありハードだが、ホームは「家庭」、つまりソフトである。私たちが提供しようとしたのは、ホームだった。


森見登美彦

僕の場合、計算して「こうあるべき」みたいなものを組み立てていっても、そうはならないんです。「たまたまそのときはそういう風になっちゃった」みたいな形でいい。だから「もういっぺん同じ材料を集めて同じ方法論で組み立ててみたらどうか」みたいな作品は、僕にとってはあまり書く意味がないんです。そもそもデビュー作の『太陽の塔』からして偶然できたものだし、その後も毎回手探りで、ああでもないこうでもないとやっているうちに無理矢理できているわけですよ(笑)。


佐治信忠

日本には、人生の喜び、楽しみといった側面を重視する国になって欲しいと思う。


和田完二

家に家憲があり、国に憲法があるとしたら、会社にも社憲があっても不思議ではない。かねがね私は「団結」と「大和」を説いてきた。よし、この精神をもとに社憲をつくろう。と思っても、前例がないので苦心した。やっと出来上がったが、それも押しつけでは意味がない。重役諸君にはかり、異議なしということで社憲を発表した。


浦沢直樹

つまんなくなっちゃうのよ、思い通りになっちゃうと。思い通りにならないというか、ドラマが勝手にアメーバのように動き出す方が、描いていて面白い。


齋藤正勝

音楽の世界は残酷だなと思いました。僕よりも圧倒的にレベルの高い作品をつくる連中がゴロゴロいた。しかも、鼻唄を歌いながら気楽に譜面を書いていたりする。芸術の世界には、音楽でも、絵画でも、天才的に上手い人間がいて、悔しいけれども、努力だけでは彼らに追いつけない。その現実を知って、僕はこの世界では生きていけないと痛感したんです。夢に挫折して、仕方なく就職した先が、この(証券)業界だったんです。


安部龍太郎(小説家)

最近、徳川家康を新たな視点で捉え直した作品を出版しました。経済的な視点から捉えると、戦国時代は日本の歴史の中で非常に重要な時代であり、戦国大名には、通説とは別の顔があったという思いを下敷きに、家康を再評価しようと考えたのです。


牛田一雄

当社はあと数年で創立100周年を迎えます。私の頭の中には、医療も含め新しい事業の「種」となる構想があります。次の100年につなげられるよう、これらの種を着実にまいていきます。


安藤百福

素人だから飛躍できる。


橋下徹

どんなにいい政策を出しても、どんなにいい政治家が出てきても、統治機構や行政機構という国のシステムがマッチしなければ何も実現できません。


ページの先頭へ