名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウィル・ロジャースの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィル・ロジャースのプロフィール

ウィル・ロジャース。19世紀後半から20世紀前半の米国のコメディアン、ユーモア作家、俳優、映画監督。71本の映画を作った。サイレント映画全盛期に活躍。当時最高級のギャラを得ていた映画俳優の一人だった。小型飛行機の墜落事故でこの世を去る。享年55歳

ウィル・ロジャースの名言 一覧

私が彼と会ってお喋りができたなら、彼の中に興味有るところと人間のいたわり合う気持ちを見出すことだろうと請け合う。というのも私は嫌いな人とまだ会ったことがないからだ。あなた方が人と会うとき、どんなに先入観を持っていたとしても、彼等に会ってその観点や人間性を見た後では、彼等全ての中に多くの良いことを見出すことができる。
【覚書き:上記はソ連の政治家トロツキーについて語った言葉】


100年前には統計データなどこの世に存在しなかった。統計データはたぶん、過去最悪の発明である。


博打はするな。全財産を使ってもよい株を買い、上がるまで待ってから売れ。もしその株が上がらないとしたら・・・そんな株は買うな。


正しい道にいるとしても、座っているだけじゃトラックに轢かれちまうよ。


ウィル・ロジャースの経歴・略歴

ウィル・ロジャース。19世紀後半から20世紀前半の米国のコメディアン、ユーモア作家、俳優、映画監督。71本の映画を作った。サイレント映画全盛期に活躍。当時最高級のギャラを得ていた映画俳優の一人だった。小型飛行機の墜落事故でこの世を去る。享年55歳

他の記事も読んでみる

葉山有樹

あるものに対して、多大な犠牲の下で成り立っているのかどうかについては絶対に感知されてしまうから、こちらとしては一所懸命にやらなければ、底の浅さが露呈してしまう。人間が「美」を感じるのは、頭と体の限界まで犠牲を捧げきったところ、なのではないでしょうか。


嶋浩一郎

「このくらいは聞き手も分かっているだろう」と考えて、途中の説明を端折ってしまう人は多いのです。これをやってしまうと話についてこられなくなる人が出てくるので注意してください。誰も置き去りにしない。これを強く意識して、丁寧に企画を説明してください。


森川亮

「ワークライフバランス」が叫ばれる今の時代にあえて言いましょう。仕事ができるようになりたければ、プライベートはない方がいい(笑)。1日24時間は誰しも平等に持っているのですから、プライベートの時間が減れば減るほど、その分、仕事に時間を使えるわけです。仕事ができない人ほど、仕事に時間を使っていない人が多い。すると、プライベートの時間を削って仕事に充てている人と比較して、どんどん成果に差がついていきます。


田中和彦

「特定の誰かに認められたい」という発想はやめるべきです。他人の評価を基準にするのは、受け身で主体性がないことの表われ。他者に認めてもらうのではなく、自分が自分を認めればいいのです。一生懸命取り組んで、自分が納得できる仕事ができたら、それでよしとする。誰かが褒めてくれなくても、全力を尽くしてやり遂げたという実感があれば、やりがいや喜びが得られます。


ジョン・メリウェザー

すでにあるものを回すことには、それほど高い価値はない。今までにないものを作り上げていかなければいけない。


溜田信

「できる」と過信して安請け合いするのが最もダメ。実際にやり始めるとできなくて、困ることになる。「難しい」と判断したら納期を延ばしてもらったり、手伝ってもらえる人をつけてもらったりしましょう。


宇治原史規

勉強で重要なのは、毎日継続すること。1日でも空けてしまうと、記憶が抜けてしまい、余分に勉強し直す必要が出てきます。だから、1分でもいいから、毎日やったほうが良いですね。


澤田秀雄

私は、基本にのっとってチャレンジし、失敗するのであれば、それは許せる失敗だと思っています。そこから学んで次に活かせば、長い目で見た時に成功につながるからです。


藤井佐和子

何か問題を指摘する場合でも、「それをやるとダメになる」というのと、「こうしてもらったほうがいい」では、相手の受ける印象はまったく違います。何かを依頼する場合は、「ゴールを明るく設定」します。アメリカ人は、「急いでくれないと困る」ではなく、「急いで終わらせて食事にいこう」などという依頼の仕方をしますが、この何でも「Good Job!」にしてしまう姿勢は見習ってもいいですね。


高橋俊介

どのようにすれば信頼関係が構築できるかというと、社会関係資本(社会心理学における信頼関係)の理論で必ず言われているもののひとつが「互酬性」である。これは具体的にいつどのような形でリターン(見返り)を期待するかを考えずに、何かのベネフィット(利益・恩恵)を相手に与えるという、無欲の行動だ。


並木裕太

移動の車や電車の中でもスマホを見ることはなくて、ひたすら考え事をしています。自分の頭で考えた分だけオリジナリティは高まっていく。考えるテーマは、担当する案件の数だけ常に頭の中にあります。


南場智子

モチベーションの高いチームの方が、低いチームよりも成果を出しやすい。リーダーは、チームの士気を高めて成果を出していかなければならない。