名言DB

9419 人 / 110788 名言

ウィル・ダノフの名言

twitter Facebook はてブ

ウィル・ダノフのプロフィール

ウィル・ダノフ。アメリカのカリスマファンドマネジャー。ペンシルベニア大学経営大学院でMBAを取得。米フィデリティに入社。株式調査アナリスト、ピーター・リンチの「マゼラン・ファンド」ポートフォリオアシスタント、「コントラ・ファンド」ポートフォリオマネジャーなどを務めた。数々の賞を受賞。

ウィル・ダノフの名言 一覧

超優良な企業に注目すればいい。相場は日々上下に動くが、それらの企業のビジネスは変わらないのだから。


常に暴落の可能性はある。心の準備はしておくべきだ。


柔軟な姿勢を保つことを自分に言い聞かせている。状況は常に変化するからだ。それに応じて自分の考えも変えていかなければならない。


株式市場が急落した時こそ、有望な銘柄を購入することに集中して、ポートフォリオの質を高める絶好の機会だ。相場は必ず反転する。相場が再び下落したら、私はベスト・オブ・ブリード(最高品質)の会社の株を買い増しする。


私は「ベスト・オブ・ブリード(最高品質)の会社」の株を探し求めている。それがどの国に本拠を構えているかは関係ない。業界のリーディング企業が欧州にあれば、その株を買うだけだ。


投資の機会は常にある。たとえば米国のヘルスケアセクターの市場規模は非常に大きく、3兆ドルにも達する。これほど大きな市場で高い成長を遂げる企業を見つけられなかったら、それは真剣に調査していない証拠だ。アナリストたちにはいつもそう話している。


暴落が起きた08年や翌年の09年に私が取った行動を振り返ろう。それは平時と同じだ。ベスト・オブ・ブリード(最高品質)の企業の株に集中しようとした。それらの価格も、現在の10分の1や20分の1に下がっていたからだ。

【覚え書き|リーマンショック時を振り返って】


私は、既存の小売業の株も避けている。アマゾンとの厳しい競争にさらされているからだ。大半が苦戦を強いられ続けるだろう。


私が好むのは、基本的に利益の増加に伴って価格が上昇する銘柄だ。低成長の大企業の株には関心がない。また、赤字の企業や多額の負債を抱えている企業の株は買わない。私が好むのは健康な企業の株だ。不健康な企業の株は買いたくない。私の運用する投信は健康な銘柄に投資する。


私は化粧品業界にも注目している。「見た目を良くしたい」という思いを誰もが強めている世界的なメガトレンドを追い風に業界全体が成長しているからだ。資本が少なく済む点も好ましい。エスティローダー、ロレアル、資生堂などの業界のリーディング企業、支配的なプレーヤーはメガトレンドに乗ってまだ成長し続けるだろう。


(ヘルスケアは)他の業種に比べると投資のハードルは高い。なぜなら、新薬が承認されるまでは赤字の会社が多いからだ臨床試験の第2相で良いデータが出ていても、承認を得て発売までこぎ着けられるかどうかは判断がつかない。だから、臨床試験の最終段階である第3相で良好なデータが出てから関心を持ち始めるようにしている。


金融は、金利が上昇したら確実に恩恵を受ける業種だ。特に銀行については米トランプ政権が規制を緩和しようとしている。景気の回復で融資の案件の内容も良くなっている。銀行は融資を増やして収益を拡大すると同時に、規制に対応するために必要だったコストを減らせる。その結果、配当や自社株買いを増やして株主に対する還元を拡大するだろう。銀行にとってのこの経営環境の改善は数年にわたって続く可能性がある。


ITに特別な思い入れがあるわけではない。だが、ITが人々の暮らしの中で果たす役割は広がる一方だ。スマートフォンやタブレット向けに新しいアプリが次々と登場し、インターネットの使用時間は増え続けている。EC(電子商取引)を手掛ける企業は品ぞろえを増やす一方で、価格を下げ続けている。いつでも注文できて商品を家まで届けてくれる。こんな便利なサービスを利用しない人などいないだろう。人々は友人と会ったり、商品の実物を試したりするために依然としてショッピングモールを訪れる。従来の小売りがなくなることはない。だが、EC企業がシェアを今後も奪い続けるのは確実だ。

【覚え書き|ポートフォリオのIT銘柄比率が高いことについて】


ウィル・ダノフの経歴・略歴

ウィル・ダノフ。アメリカのカリスマファンドマネジャー。ペンシルベニア大学経営大学院でMBAを取得。米フィデリティに入社。株式調査アナリスト、ピーター・リンチの「マゼラン・ファンド」ポートフォリオアシスタント、「コントラ・ファンド」ポートフォリオマネジャーなどを務めた。数々の賞を受賞。

他の記事も読んでみる

ジャガー横田

人生って、ふっとタイミングが合うときが必ず来るものです。30代というのは、仕事でもプライベートでも変化が多い時期で、壁にぶつかったりもするでしょう。でも、試練を乗り越えたからこそ出会える幸せもあります。


白石康次郎

何より大事なのは平常心。体のちょっとした傷口から雑菌が入り込むように、心もほころびがあると、そこから不安や油断が広がって、正しい判断ができなくなります。だから、激しい嵐の中でも、まったく風が吹かない凪のときも、普段どおりやるべきことをやる。そうして1マイル1マイル積み重ねた先に、ゴールがあるんです。


小路明善

我々はやはり日本市場で強くなければグローバルで強くなることも実現できません。そのためには、お客様に大きな評価をいただかないと。トップブランドはそう簡単につくれるものではありません。


木造信之

社員一人一人には「フォー・ザ・マーケット、フォー・ザ・カンパニー」という考えを大事にして欲しい。常に視点を社会とお客様に向け、そのニーズと変化をとらえ、それにお応えすべく果敢にチャレンジする。そして自らはチームワークを意識して、あくまでも組織の一員として行動するということ。


長谷川滋利

人を紹介してもらう時に遠慮は不要です。「自分よりずっと上の立場の人を紹介してもらうのは失礼じゃないか……」と心配になる人もいると思いますが、アメリカには社員と会社のトップが気軽に挨拶を交わすような習慣が根づいているので問題ありません。むしろその積極性が評価されるかもしれません。


ドナルド・トランプ

すべての人が何かの世界チャンピオンになれるわけではないが、自分に可能なかぎりの最高点に向かって努力することはできる。それが最初の一歩であり、日々の責任である。


畑村洋太郎

私は子供の頃からずっと数字を作り、踊らせてきた。今に至るまでずっとね。


川野幸夫

私が気をつけているのが、漠然と「良かった」と褒めるのではなく、アイデアや努力の優れている点を具体的に評価することです。「発注システムの課題を見つけて、欠品を削減しました」「お客様データを分析して、商品の提案方法を変えて、販売を伸ばしました」といったふうに伝えます。表彰されるパートナーさんだけでなく、聞いている経営幹部や店長たちにも、何が大事かをきちんと認識してほしいからです。


猪瀬直樹

上司に叱られたとき、落ち込んだり、反発したりするのは、小さい自分にこだわっている証拠。小さな自分のプライドが邪魔して、上司からの注意や助言に対して素直に「あ、そうか」と思えない。僕からすれば、「あなたにはそこまでこだわる自分があるの?」といいたいですね。


ジャック・マー(馬雲)

学ぶのに建物はいらない。私は学校で英語を学んだわけではない。私の先生はBBCラジオ。いまはインターネットの時代。インターネットがあれば、誰でも学ぶことができる。