名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウィル・ダノフの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィル・ダノフのプロフィール

ウィル・ダノフ。アメリカのカリスマファンドマネジャー。ペンシルベニア大学経営大学院でMBAを取得。米フィデリティに入社。株式調査アナリスト、ピーター・リンチの「マゼラン・ファンド」ポートフォリオアシスタント、「コントラ・ファンド」ポートフォリオマネジャーなどを務めた。数々の賞を受賞。

ウィル・ダノフの名言 一覧

超優良な企業に注目すればいい。相場は日々上下に動くが、それらの企業のビジネスは変わらないのだから。


常に暴落の可能性はある。心の準備はしておくべきだ。


柔軟な姿勢を保つことを自分に言い聞かせている。状況は常に変化するからだ。それに応じて自分の考えも変えていかなければならない。


株式市場が急落した時こそ、有望な銘柄を購入することに集中して、ポートフォリオの質を高める絶好の機会だ。相場は必ず反転する。相場が再び下落したら、私はベスト・オブ・ブリード(最高品質)の会社の株を買い増しする。


私は「ベスト・オブ・ブリード(最高品質)の会社」の株を探し求めている。それがどの国に本拠を構えているかは関係ない。業界のリーディング企業が欧州にあれば、その株を買うだけだ。


投資の機会は常にある。たとえば米国のヘルスケアセクターの市場規模は非常に大きく、3兆ドルにも達する。これほど大きな市場で高い成長を遂げる企業を見つけられなかったら、それは真剣に調査していない証拠だ。アナリストたちにはいつもそう話している。


暴落が起きた08年や翌年の09年に私が取った行動を振り返ろう。それは平時と同じだ。ベスト・オブ・ブリード(最高品質)の企業の株に集中しようとした。それらの価格も、現在の10分の1や20分の1に下がっていたからだ。

【覚え書き|リーマンショック時を振り返って】


私は、既存の小売業の株も避けている。アマゾンとの厳しい競争にさらされているからだ。大半が苦戦を強いられ続けるだろう。


私が好むのは、基本的に利益の増加に伴って価格が上昇する銘柄だ。低成長の大企業の株には関心がない。また、赤字の企業や多額の負債を抱えている企業の株は買わない。私が好むのは健康な企業の株だ。不健康な企業の株は買いたくない。私の運用する投信は健康な銘柄に投資する。


私は化粧品業界にも注目している。「見た目を良くしたい」という思いを誰もが強めている世界的なメガトレンドを追い風に業界全体が成長しているからだ。資本が少なく済む点も好ましい。エスティローダー、ロレアル、資生堂などの業界のリーディング企業、支配的なプレーヤーはメガトレンドに乗ってまだ成長し続けるだろう。


(ヘルスケアは)他の業種に比べると投資のハードルは高い。なぜなら、新薬が承認されるまでは赤字の会社が多いからだ臨床試験の第2相で良いデータが出ていても、承認を得て発売までこぎ着けられるかどうかは判断がつかない。だから、臨床試験の最終段階である第3相で良好なデータが出てから関心を持ち始めるようにしている。


金融は、金利が上昇したら確実に恩恵を受ける業種だ。特に銀行については米トランプ政権が規制を緩和しようとしている。景気の回復で融資の案件の内容も良くなっている。銀行は融資を増やして収益を拡大すると同時に、規制に対応するために必要だったコストを減らせる。その結果、配当や自社株買いを増やして株主に対する還元を拡大するだろう。銀行にとってのこの経営環境の改善は数年にわたって続く可能性がある。


ITに特別な思い入れがあるわけではない。だが、ITが人々の暮らしの中で果たす役割は広がる一方だ。スマートフォンやタブレット向けに新しいアプリが次々と登場し、インターネットの使用時間は増え続けている。EC(電子商取引)を手掛ける企業は品ぞろえを増やす一方で、価格を下げ続けている。いつでも注文できて商品を家まで届けてくれる。こんな便利なサービスを利用しない人などいないだろう。人々は友人と会ったり、商品の実物を試したりするために依然としてショッピングモールを訪れる。従来の小売りがなくなることはない。だが、EC企業がシェアを今後も奪い続けるのは確実だ。

【覚え書き|ポートフォリオのIT銘柄比率が高いことについて】


ウィル・ダノフの経歴・略歴

ウィル・ダノフ。アメリカのカリスマファンドマネジャー。ペンシルベニア大学経営大学院でMBAを取得。米フィデリティに入社。株式調査アナリスト、ピーター・リンチの「マゼラン・ファンド」ポートフォリオアシスタント、「コントラ・ファンド」ポートフォリオマネジャーなどを務めた。数々の賞を受賞。

他の記事も読んでみる

冨田和成

チームでPDCAを回す仕組みを作るといいでしょう。当社では3日に一度「半週ミーティング」を開き、専用の進捗管理シートで全員の行動計画を共有しています。こうしたフレーム(枠組み)を日常に組み込んでしまえば、いちいち考えなくても無意識レベルでPDCAが回るようになります。「何も考えなくてもPDCAが回っている」、これが理想の状態です。


河田重

人間というものは、いつ、どういう仕事にぶつかるかもしれないものである。そのときに、その仕事を責任を持ってやれるだけの準備を平生しておくのは大事な心がけだと考える。それがいわゆる勉強であり修養である。


佐藤裕久

どの店でも同じという、チェーン店のオペレーションは、運営会社側の都合で考えられたもので、決してお客様のためのものではない。


南原竜樹

45歳のときに、大きな取引先だったMGローバーが経営破綻して、売り上げがゼロになってしまいました。「まさか」という感じだったんだけど、どうしようもなくなって、263人の従業員を全員解雇。サラリーマンになることも考えたけれど、踏ん張りました。ただ、お金もないし銀行も貸してくれない。元手がなければ頭を使うしかない。不動産の仲介でも人材紹介でも何でも必死にやって、何とか再起を図ることができたんですよ。


吉越浩一郎

日本人はとにかく勤勉で、頑張る気持ちが強い国民です。ただ、この頑張る気持ちを残業ではなく、効率アップに向かわせられないものか。長く仕事をするのではなく、同じ時間でいかに速く効率よく仕事をするかを考えれば、この国は活性化されるはずです。


坂口健太郎

今後挑戦したい役は全然決めてないですね(笑)。時間は経過するもので、誰しも必ず歳はとるんだから、そのときの自分に合った役なり仕事なりがくるんじゃないかな。


オグ・マンディーノ

今夜あなたが永遠に召されると想像してみなさい。今、涙を流しなさい。流せるうちに。あなたが先週、そして先々週、家族に一緒に過ごそうと約束して果たせなかった団欒の日のために。あなたがいつも黄金を探すのに忙しすぎて楽しむことのなかった愛と笑い声に満ちたその一日のために。今、あなたの家族はあなたがもたらした黄金に恵まれている。それは事実だ。だがその黄金のすべてをもってしても、彼らはあなたの束の間の微笑みすら買うことはできないのだ。今、涙を流しなさい。あなたの心臓がまだ動いているうちに。再びその香りをかぐことのない花々のために。再び行うことのない善行のために。再び訪ねることのない母親のために。再び聞くことのない音楽のために。再び癒すことのできない痛みのために。完成させることのできない仕事のために。そして、実現できない夢のために。


前刀禎明

近年、学生がネット上から気軽に企業の募集にエントリーできるようになっているのですが、そのため応募者が増え、人事が学生の対応に忙殺されているというケースが増えています。私の知っているある企業はそこで、思い切ってネット上での募集をやめてしまいました。本当にやる気がある人は、電話など別の方法で応募してくるはずだと考えたのです。結果、応募者は減り負担が軽減されたのはもちろん、面接に時間を使って採用した人材のレベルは上がったそうです。つまり、その他の学生のために使っていた時間は、まったく無駄だったということです。


三池崇史

僕は監督になる前、10年くらい助監督をやっていたんです。この助監督ってのが、何でもやらなければならない役回りで、作品ごとに現場はもちろん、関わる人間も異なり、その都度いろんなトラブルが起きるんです。撮影中に役者が骨折したり、代役で頼んだ役者の演技がものすごく下手だったり(笑)。もう天変地異を含め、想定外の事が起こるのは当たり前。そんな経験があるから、現場で焦ったり、うろたえることはないんですよ。


高島英也(髙島英也)

いま、商品開発においては、それぞれのジャンルのボーダーをつくらない状況にしています。飲料をつくってきた人とビールしかつくってこなかった人をあわせる。そこに焼酎の開発者も加わり、「何ができるのか楽しみ」という態勢にしています。驚きのある商品をお客様に届けたい。


若生正廣

手術が成功しましたが杖をついて歩く姿を人に見られるのは最初、あまり良い気分ではありませんでした。しかし、そうした考えはすぐに変わりました。「球場やテレビで見た私の姿に励まされている」などと、同じような不自由を抱える同世代の方から声をかけられるようになったからです。思いもよらず、私の姿が他人を勇気づけている。人の役に少しでも立っているのなら、もっと頑張らないといけないと思ったのです。


所ジョージ

よく「所さんは趣味が仕事になっているから、うらやましい」なんて言われることがあります。勘違いしてもらっては困りますよ。たしかに、私はテレビ番組で玩具を紹介したり、バイクで日の出を見に行ったりしています。趣味は趣味ですよ。でも、その姿がユルく見えたとしても普段の所ジョージをそのまま撮影しているだけでは成立しません。常に私には「全国に放送される」って意識があるんです。視聴者やスタッフ、スポンサーの皆さんが満足するレベルをイメージしながら、仕事をしています。自分の好きな趣味を見せているだけでは番組にはなりませんから。