名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウィル・スミスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィル・スミスのプロフィール

ウィル・スミス。アメリカの映画俳優、プロデューサー、ラッパー。幼少期からラップの才能をあらわし、マサチューセッツ工科大学への推薦を蹴って歌手デビューする。19歳でグラミー賞最優秀パフォーマンス賞を受賞。その後、TV・映画俳優としても頭角を現し、「バッドボーイズ」「インデペンデンス・デイ」「ワイルド・ワイルド・ウェスト」「メン・イン・ブラック」などで主演し大ヒットを飛ばした。

ウィル・スミスの名言 一覧

人生を通じて、人に対して頭にきたり、人から失礼な態度をとられたり、ひどい扱いを受けることもあるだろう。しかしそれらは神様に処理してもらうことにしよう。なぜなら心に抱く憎しみは、自分をも消耗させてしまうから。


ウィル・スミスの経歴・略歴

ウィル・スミス。アメリカの映画俳優、プロデューサー、ラッパー。幼少期からラップの才能をあらわし、マサチューセッツ工科大学への推薦を蹴って歌手デビューする。19歳でグラミー賞最優秀パフォーマンス賞を受賞。その後、TV・映画俳優としても頭角を現し、「バッドボーイズ」「インデペンデンス・デイ」「ワイルド・ワイルド・ウェスト」「メン・イン・ブラック」などで主演し大ヒットを飛ばした。

他の記事も読んでみる

遠山正道

企画書で一番大切なのは、もちろん企画の中身ですが、同時に、自分が伝えたい中身を「相手にどう受け止めてほしいか」も考えるべき。


和地孝

テルモ再建にあたってやるべきことが山積みしている中で、まず着手した課題は企業風土改革でした。企業風土が悪いとどんなにいい戦略を立てても組織に浸透せず、経営改革は立ち行きません。企業風土を変えずにリストラだけして、前進させようとしても無理なんです。根本から変えなければ、テルモ再建はできないと思いました。


安藤忠雄

仮に私のキャリアの中に何かを見つけるにしても、それはすぐれた芸術的資質といったものではない。あるとすれば、それは厳しい現実に直面しても、決して諦めず、したたかに生き抜こうとする、生来のしぶとさなのだと思う。


福澤武

あらゆる生き物の中で、歴史や文化を形作っていく力を持つのは我々人類だけです。それぞれの街の文化、歴史というものを後世に残しつつ、時代にふさわしい形に組み替え、新たな息吹を与えることこそが、現代における真の開発ではないでしょうか。


根本郁芳

うちにとって一番重要なのは、夜光塗料をとりまく特殊な技術を追究することです。そこで得た、ほかにない技術によって多角化に乗りだす。つまり、特殊化があっての多角化なのです。いま、ディスプレイ用の蛍光体やガスセンサー、さらに新薬開発データサポートなどの事業にも手を出していますが、その技術はすべて夜光塗料に端を発しているんです。


いぬかいはづき

資格を活かしていずれ独立したい場合は、その前段階の副業として資格を活用する方法もあります。資格取得後に即独立するのは難しいですが、週末などを利用して経験を積む機会は意外にあります。たとえば、資格認定団体などが募集する、就職フェア会場内のカウンセリングブースでのボランティア。これは無償ですが、他にも講座の運営や通信講座の添削、試験監督といった、金銭が発生する業務を任されるケースもあります。異業種の人と出会う機会が増えて、人脈作りにも役立つので、伏線的なキャリア構築にもつながります。「給料に加えて毎月数万円を確実に稼ぎたい」という副業には不向きですが、目先の収入ではなく今後のキャリアアップに有意義な働き方です。


スタンダール

天才の特徴は、凡人がひいたレールの上に、自分の考えを乗せないことだ。


阿部俊則

高い技術力があれば必ず売れるということではありません。つまるところ、現場の営業が説明できるかだと思います。


遠山正道

人に言われて始めたものは、うまくいかなくなった時に情けない気持ちになる。それよりも「それができたらうれしい」というものをやった方がいいと思います。


菊池昭一(経営者)

基幹システムを変更して全国の内勤業務を本社に集中させたことで、各現場の内勤事務にかける時間も効率化できました。そして、空いた時間をテレセールスによる営業サポートに充てたことで、売上に大きく寄与することができました。


佐藤達郎

提案に至るまでに何をどう考えたかの経緯を、1つずつ簡潔に説明します。相手に「なるほど、そんなプロセスもあって、最終的にこの提案になったのか」と一緒に流れを追ってもらえば、結論にも同意してもらいやすい。


小川賢太郎

自分が何をなすべきかを自分で考えられる。今、何を勉強すべきかといったことを考え、自分で積極的にそれに取り組む。私も毎週、スーパーマーケットに足を運んでいますが、やはり現場に行くと、消費者の立場で物事を見ることができます。課題なども見えてくるわけです。それは自分で動かなければ決して分かるものではありません。