名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウィリアム・エックハートの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィリアム・エックハートのプロフィール

ウィリアム・エックハート、米国、元数学者の株式トレーダー、株式投資家のリチャード・デニスのパートナー、科学的数学的手法を投資・トレードに取り入れる、実践的数学者として名高い

ウィリアム・エックハートの名言 一覧

押し目で買うのは好きじゃないね。マーケットが上向きで買いに出るべきと思ったら、押し目を待たずに買いに出る。直前に見た価格より安く感じるから、押し目は心理的に魅力がある訳だけれど、このアプローチは思った以上に危険なんだ。もし押し目で、価格が買値として魅力的なレベルに達しているとしたら、そのトレードには、以前ほどの価値が無くなっている、ということなんだ。うまくいくかもしれないけど、マーケットのトレンドが変わってしまっている可能性が十分あるしね。それにもっと重大なことは、押し目買いは取引機会自体を逃してしまったり、結局、高値で買わなければならなくなることにもなるんだ。押し目で買うのは、実際に利益を増やすというよりも、心理的満足を得るための気晴らしに過ぎないものなんだ。一般原則として、快適さを与えてくれるトレードは避けるべきなんだ。それは偽りの快適であることが多いからね。


取引上の大罪の二つは『損失に幅を与え過ぎること』それから『早々に利益を確定してしまうこと』だ。しかし、いずれも現在のポジションを成功させようとして犯してしまう罪なんだ。


普通の知性があれば、だれでもトレーディングを学ぶことができる。トレーディングはロケット科学ではないからね。


トレード額の二%以上をリスクにさらしてはいけないと思うんだ。もちろん、最初に想定していた損切り値を超えてマーケットが窓を開けて始まれば、二%なんて言っていられないけどね


(どうしたら株式投資・トレードで勝てるようになるかとの問いに対し)まぜ負けているか分からないトレーダーは、何が間違っているか分からない限り救いようがない。何が間違っているか分かっているのであれば、僕からのアドバイスはすごく単純で、その間違っていることを止めるべきだ、ということだね。


(生き残る株式投資家・トレーダーの特長は何かと聞かれた時の言葉)生き残れる投資家は「一度のトレードの失敗が精神を不安定にしてしまい失敗を重ねてしまう」というような雪だるま現象を避ける。また、負けることの痛みを理解している。もし負けの痛みが分からなければ神経麻痺になった人と同じなんだ。


本当に重要なのはトレードのテクニック、システム、そして一連の行動による結果を長期分配することなんだ。しかし、心理的に最も重要なのは、現在のポジションが有効かどうかなんだ。現在のポジションは、どんな統計的正当性も超えて、非常に重要なんだ。長期統計値が味方し、将来の利益率をカバーしてくれると想定して、現時点のトレードがうまくいくように自分のルールを曲げたくなる。取引上の大罪の2つは、損失に幅を与えすぎること、それから早々に利益を確定してしまうことなんだけど、いずれも現在のポジションを成功させようとして犯してしまう罪なんだ。長期的にみると多大な損害だね


カウンタートレードの誘惑と僕が呼んでいるものがある。刷りこまれた認識と情緒の要素が、人を自動的に潜在的な新しい市場トレンドを認識させないようにしてしまうんだ。安く買って高く売りたい、そのこと自体が市場の流れに逆らう行動だからね。人は、正常価格と思われているレベルから価格が動いたら、異常だとみなす傾向がある。この見方が人に、新しいトレンドとは逆の行動を起こさせ、つま価格はそのつい正常にもどるという想定の元に取引をさせてしまう。そしれそれは大損への道につながっているのさ。


システムに持たせる自由度は三か四程度。チャートパターンを使ったシステムは98%ぐらいは使いものにならない。似たような問題に何度も出くわしたら、そのシステムは変えるべき。押し目買いはしない。RSI(相対力指数)やストキャスティクスなどの逆張り指標はほとんど意味がない。


ウィリアム・エックハートの経歴・略歴

ウィリアム・エックハート、米国、元数学者の株式トレーダー、株式投資家のリチャード・デニスのパートナー、科学的数学的手法を投資・トレードに取り入れる、実践的数学者として名高い

他の記事も読んでみる

佐々木常夫

私は30歳を過ぎた頃から、目下の人でも必ず「さん」付けで呼ぶようにしてきました。新入社員に対してもそうです。若い人でも私より優れたところがある。年を取っていても、私のほうが得意なこともある。それぞれに違う得意分野を持っているわけですから、業務で成果を挙げるには、相手をリスペクトして、強みを引き出してあげないといけない。


石井裕(工学者)

自分の中にアーティスティックな美学がなかったら、思いも何も人に伝わらない。


渡部恒郎

仕入れ先が限定的であったり、大企業の完全下請けで先方の都合一つで売上げが左右されるような企業は、価格の決定権を持たず、常に他社依存のリスクを抱えている。


清水康一朗(清水康一郎)

「セミナーズ」開設当初、セミナー主催者に対して手数料を無料にしたんです。主催者には嬉しいことですから、サイト掲載依頼が増えていきました。すると、セミナーを求めるサイト訪問者も増え、主催者のセミナーに流れます。以後、有料化しても、一度いい思いをした主催者は離れない。私たちは何もせずに、主催者、参加者がサイトに集い、お金を落としてくれるわけです。


国枝慎吾

対戦相手に挑む方が「勝ち負け=結果」がはっきりするので、モチベーションにつながりやすい面はあります。でも実際、試合後に「昨日よりいいプレーができたか」「あきらめなかったか」など、自分を評価する習慣をつけて自分に挑戦してみると、冷静に結果を見つめることができ、次の課題に取り組めます。すると、気持ちの浮き沈みの波が少なくなりました。


広川恵

私たちはブランディングを大事にしています。今回展開する化粧品も、35歳から55歳くらいまでというターゲット層に向けて、ブランディングを考えています。


山口謠司

語彙力を高めるために日本語字幕がついた海外映画やドラマを視聴しながら、気になる言葉をメモするのもおすすめ。目で観て、耳で聴いて、台詞を手で書くことで頭に入りやすい。限られた文字数に収める字幕は、翻訳者が数多くの日本語から選んだ選りすぐりの言葉ですから。


丸山輝

他社がやりたがらない。そこが当社の強み。


鈴木宗男

大出世を目指すなら、下の面倒を見ることだ。小さな出世で良ければ、上にお世辞を使えばいい。


土光敏夫

やるべきことが決まったならば執念をもってとことんまで押し進めよ。問題は能力ではなく執念の欠如である。


木暮太一

折に触れて、「これは本当に買うべきものなのか」と考える姿勢はとても大事。我々が使えるお金は有限です。少し意識するだけでも、ムダ遣いはかなり減ると思います。


川村隆

社内の内部論理だけで意思決定していると、「本当の姿」は案外見えないものです。だからこそ、外から自分たちを眺める必要がある。その1つが、外から目を光らせる機関投資家や、社外取締役でグローバル経営の経験者なら、話を聞けばすぐに、その会社の欠点が分かるものです。社内の人間は「ろくに会社のことも知らないくせに」と批判するでしょうが、実は彼らの指摘は当たっていることが多い。