名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

ウィリアム・エックハートの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィリアム・エックハートのプロフィール

ウィリアム・エックハート、米国、元数学者の株式トレーダー、株式投資家のリチャード・デニスのパートナー、科学的数学的手法を投資・トレードに取り入れる、実践的数学者として名高い

ウィリアム・エックハートの名言 一覧

押し目で買うのは好きじゃないね。マーケットが上向きで買いに出るべきと思ったら、押し目を待たずに買いに出る。直前に見た価格より安く感じるから、押し目は心理的に魅力がある訳だけれど、このアプローチは思った以上に危険なんだ。もし押し目で、価格が買値として魅力的なレベルに達しているとしたら、そのトレードには、以前ほどの価値が無くなっている、ということなんだ。うまくいくかもしれないけど、マーケットのトレンドが変わってしまっている可能性が十分あるしね。それにもっと重大なことは、押し目買いは取引機会自体を逃してしまったり、結局、高値で買わなければならなくなることにもなるんだ。押し目で買うのは、実際に利益を増やすというよりも、心理的満足を得るための気晴らしに過ぎないものなんだ。一般原則として、快適さを与えてくれるトレードは避けるべきなんだ。それは偽りの快適であることが多いからね。


取引上の大罪の二つは『損失に幅を与え過ぎること』それから『早々に利益を確定してしまうこと』だ。しかし、いずれも現在のポジションを成功させようとして犯してしまう罪なんだ。


普通の知性があれば、だれでもトレーディングを学ぶことができる。トレーディングはロケット科学ではないからね。


トレード額の二%以上をリスクにさらしてはいけないと思うんだ。もちろん、最初に想定していた損切り値を超えてマーケットが窓を開けて始まれば、二%なんて言っていられないけどね


(どうしたら株式投資・トレードで勝てるようになるかとの問いに対し)まぜ負けているか分からないトレーダーは、何が間違っているか分からない限り救いようがない。何が間違っているか分かっているのであれば、僕からのアドバイスはすごく単純で、その間違っていることを止めるべきだ、ということだね。


(生き残る株式投資家・トレーダーの特長は何かと聞かれた時の言葉)生き残れる投資家は「一度のトレードの失敗が精神を不安定にしてしまい失敗を重ねてしまう」というような雪だるま現象を避ける。また、負けることの痛みを理解している。もし負けの痛みが分からなければ神経麻痺になった人と同じなんだ。


本当に重要なのはトレードのテクニック、システム、そして一連の行動による結果を長期分配することなんだ。しかし、心理的に最も重要なのは、現在のポジションが有効かどうかなんだ。現在のポジションは、どんな統計的正当性も超えて、非常に重要なんだ。長期統計値が味方し、将来の利益率をカバーしてくれると想定して、現時点のトレードがうまくいくように自分のルールを曲げたくなる。取引上の大罪の2つは、損失に幅を与えすぎること、それから早々に利益を確定してしまうことなんだけど、いずれも現在のポジションを成功させようとして犯してしまう罪なんだ。長期的にみると多大な損害だね


カウンタートレードの誘惑と僕が呼んでいるものがある。刷りこまれた認識と情緒の要素が、人を自動的に潜在的な新しい市場トレンドを認識させないようにしてしまうんだ。安く買って高く売りたい、そのこと自体が市場の流れに逆らう行動だからね。人は、正常価格と思われているレベルから価格が動いたら、異常だとみなす傾向がある。この見方が人に、新しいトレンドとは逆の行動を起こさせ、つま価格はそのつい正常にもどるという想定の元に取引をさせてしまう。そしれそれは大損への道につながっているのさ。


システムに持たせる自由度は三か四程度。チャートパターンを使ったシステムは98%ぐらいは使いものにならない。似たような問題に何度も出くわしたら、そのシステムは変えるべき。押し目買いはしない。RSI(相対力指数)やストキャスティクスなどの逆張り指標はほとんど意味がない。


ウィリアム・エックハートの経歴・略歴

ウィリアム・エックハート、米国、元数学者の株式トレーダー、株式投資家のリチャード・デニスのパートナー、科学的数学的手法を投資・トレードに取り入れる、実践的数学者として名高い

他の記事も読んでみる

嶋浩一郎

「このくらいは聞き手も分かっているだろう」と考えて、途中の説明を端折ってしまう人は多いのです。これをやってしまうと話についてこられなくなる人が出てくるので注意してください。誰も置き去りにしない。これを強く意識して、丁寧に企画を説明してください。


セオドア・ニュートン・ヴェイル

若いときは、他の人の仕事をするのを決して嫌がらないことだ。そして歳をとれば、自分よりもよくできる人の仕事には決して手を出さないことだ。


金井誠太

ある程度の「枠」の中ならば、「理想のプラットフォーム」「理想のエンジン」「理想の足回り」「理想のデザイン」……といったものは、ほとんど共通しています。基本を作り込んで、サイズや重さの大小による差分を調整すればいいのです。ミソは、ここで言う「共通」とは、「部品の共用化」ではないこと。もちろん構造は相似ですが、それに加えて、たとえばエンジンなら燃焼の特性、サスペンションならタイヤの動かし方、プラットフォームなら衝突時の特性、という、「性能の共通化」であることがミソです。車種によってサイズや重さが変わりますから、たとえばセダンとSUVでは、形は似ていても違う部品を使わねばならないことがあります。ここが理解してもらいにくいところで、「違う部品を作ったら、コストが上がってしまうではないか」とよく言われるのですが、決してそうではありません。なぜなら、部品代はかかっても、特性を共通にすることで開発のコストを下げることができ、トータルでは安くなるからです。


鍵山秀三郎

日本人が考えないといけないことがあります。まず、日本人は、日本人として日本に住んでいることがどれだけ幸せなことであるかということを知らなければいけない。私はそう思います。何かと自国に文句を言う人も多いですが、本気で海外移住を考えている人はほとんどいません。やっぱり日本が一番です。だとしたら、この住みやすい幸せな国を、自分たち国民が自分で守ろうという意識にならないといけない。いくらアメリカが自由な国だと言っても、アメリカ人にはなれないし、憧れてはいてもやはり日本人が知る日本のよさを超えるものではないでしょう。


マイケル・ゲルブ

現代において一番難しいことは、あらゆる方向からどんどんたまるストレスに直面しながらも、バランスのとれた充実した人生を送ることだろう。中世に生きた私たちの祖先は、まったく時間という概念を持たなかった。しかし、私たちは時計によって管理されるという恐怖がある。


辻野晃一郎

「Aクラスの人は、Aクラスの人と仕事をしたがる。Bクラスの人は、Cクラスの人と仕事をしたがる」。シリコンバレーでは昔からこう言われていました。グーグルでも「自分より優れた人を採用しなさい」と常に言われています。ただし、どんなに才能があってもコミュニケーションが下手だったり、あまりに偏屈で人の言うことを聞かないような人は採用されません。


家入一真

国や会社に依存したって相手は何もしてくれないことを、本当はみなさんも気づいているのではないでしょうか。だからこそ、自分でできることを見つけて、自立して生きることを考えてほしいのです。いますぐ転職や起業をしなくても、ツイッターやフェイスブックで自分の考えや想いを発信し、それを応援してくれる人を集めておくことはできる。そうして準備をしておくことが、いつか新しいことを始めるときに、あなたを支える大きな力になってくれるはずです。


川村隆

ノートは今も使い続けています。何でも書いていますね。書くことで、頭が整理される。人の言葉で「いいな」「大切だな」と思う箇所をメモしたり、仕事でアイデアを思いついた時などにも、ノートに書き留めます。


エリック・シュミット

重要なのは、グーグルの文化を維持すること。グーグルの文化とは、ユーザーを最優先し、製品の質と操作性を絶えず向上させること。


小山昇

当社には多くのパートタイムのスタッフがいます。彼女たちの多くは、家庭では、自分で自分の仕事の主導権を握っていた。それなのに会社では思いどおりにできないということで、ストレスを感じがちです。そこで当社では、彼女たちに複数の営業所を見学してもらうようにしています。様々な人間関係や仕事の進め方があることを目にすると視野が広がり、不満が軽減されるのです。


浅野秀則

「絶対に自分はそうなるから見てろよ」っていう気持ちを最後まで捨てないこと。それが最後には行動になり、周りの人を動かし、助けてくれる人も出てきて、必ず結果につながっていくと思います。


辻野晃一郎

対面、手紙、電話、メールやチャットなど、それぞれの長所短所や使い方を把握することが大事です。例えば、対面はやり取りできる情報量が格段に多い半面、時間と距離に制約がある。バーチャルな手段は便利だがニュアンスが伝わりにくかったりする。これらを場面、場面で上手く使い分けてコミュニケーション能力を高めていくことが、大切なテーマだと思います。