ウィリアム・エックハートの名言

ウィリアム・エックハートのプロフィール

ウィリアム・エックハート、米国、元数学者の株式トレーダー、株式投資家のリチャード・デニスのパートナー、科学的数学的手法を投資・トレードに取り入れる、実践的数学者として名高い

ウィリアム・エックハートの名言 一覧

押し目で買うのは好きじゃないね。マーケットが上向きで買いに出るべきと思ったら、押し目を待たずに買いに出る。直前に見た価格より安く感じるから、押し目は心理的に魅力がある訳だけれど、このアプローチは思った以上に危険なんだ。もし押し目で、価格が買値として魅力的なレベルに達しているとしたら、そのトレードには、以前ほどの価値が無くなっている、ということなんだ。うまくいくかもしれないけど、マーケットのトレンドが変わってしまっている可能性が十分あるしね。それにもっと重大なことは、押し目買いは取引機会自体を逃してしまったり、結局、高値で買わなければならなくなることにもなるんだ。押し目で買うのは、実際に利益を増やすというよりも、心理的満足を得るための気晴らしに過ぎないものなんだ。一般原則として、快適さを与えてくれるトレードは避けるべきなんだ。それは偽りの快適であることが多いからね。


取引上の大罪の二つは『損失に幅を与え過ぎること』それから『早々に利益を確定してしまうこと』だ。しかし、いずれも現在のポジションを成功させようとして犯してしまう罪なんだ。


普通の知性があれば、だれでもトレーディングを学ぶことができる。トレーディングはロケット科学ではないからね。


トレード額の二%以上をリスクにさらしてはいけないと思うんだ。もちろん、最初に想定していた損切り値を超えてマーケットが窓を開けて始まれば、二%なんて言っていられないけどね


(どうしたら株式投資・トレードで勝てるようになるかとの問いに対し)まぜ負けているか分からないトレーダーは、何が間違っているか分からない限り救いようがない。何が間違っているか分かっているのであれば、僕からのアドバイスはすごく単純で、その間違っていることを止めるべきだ、ということだね。


(生き残る株式投資家・トレーダーの特長は何かと聞かれた時の言葉)生き残れる投資家は「一度のトレードの失敗が精神を不安定にしてしまい失敗を重ねてしまう」というような雪だるま現象を避ける。また、負けることの痛みを理解している。もし負けの痛みが分からなければ神経麻痺になった人と同じなんだ。


本当に重要なのはトレードのテクニック、システム、そして一連の行動による結果を長期分配することなんだ。しかし、心理的に最も重要なのは、現在のポジションが有効かどうかなんだ。現在のポジションは、どんな統計的正当性も超えて、非常に重要なんだ。長期統計値が味方し、将来の利益率をカバーしてくれると想定して、現時点のトレードがうまくいくように自分のルールを曲げたくなる。取引上の大罪の2つは、損失に幅を与えすぎること、それから早々に利益を確定してしまうことなんだけど、いずれも現在のポジションを成功させようとして犯してしまう罪なんだ。長期的にみると多大な損害だね


カウンタートレードの誘惑と僕が呼んでいるものがある。刷りこまれた認識と情緒の要素が、人を自動的に潜在的な新しい市場トレンドを認識させないようにしてしまうんだ。安く買って高く売りたい、そのこと自体が市場の流れに逆らう行動だからね。人は、正常価格と思われているレベルから価格が動いたら、異常だとみなす傾向がある。この見方が人に、新しいトレンドとは逆の行動を起こさせ、つま価格はそのつい正常にもどるという想定の元に取引をさせてしまう。そしれそれは大損への道につながっているのさ。


システムに持たせる自由度は三か四程度。チャートパターンを使ったシステムは98%ぐらいは使いものにならない。似たような問題に何度も出くわしたら、そのシステムは変えるべき。押し目買いはしない。RSI(相対力指数)やストキャスティクスなどの逆張り指標はほとんど意味がない。


ウィリアム・エックハートの経歴・略歴

ウィリアム・エックハート、米国、元数学者の株式トレーダー、株式投資家のリチャード・デニスのパートナー、科学的数学的手法を投資・トレードに取り入れる、実践的数学者として名高い

他の記事も読んでみる

村岡恵理

迷いがあるからこそ、成長もあるわけですが、やりとげたい夢や目標があるなら、どうでもよいことには翻弄されないように心がけたい。


星野佳路

軽井沢のブライダル市場は多くの新規参入がありましたが、競合を徹底的に調査し他を圧倒するような魅力的な挙式の演出を常に提案し続けてきています。


桜井正光

製品というものは、そのハードだけに目を向けると、スピーカーを高音質にとか、操作性をどうやって改善するかとか、小さな側面ばかりに目を奪われがちですが、アップルは技術やスペックに必要以上に拘泥しなかった。たとえば高級感のある側面ボディは、高度な練磨技術のある日本企業がつくっています。優れた技術があればそれを使う。そのかわりに何に注力するかというと、消費者がその再生機を使って音楽を聴くときのシーンに徹底的にこだわる。それを楽しむシーンを全部数え上げ、それをシステムとして提供できるように考えたのです。


渡瀬謙

商談に入った際のポイントは、トークが得意でないのなら、なるべく自分が話さないで済むようにすることです。方法は大きく分けて「資料や写真、現物を見せるなど話す以外の方法で伝える」「相手に話してもらう」の2つです。


水島広子

他人の評価はあくまでも主観的なもの。評価を下される側の現実とは異なる場合も多い。


藤岡頼光

高卒で働き出し、20代にはバイク便の会社を創業。その後、30代でイタリアバイクの輸入販売も始め、20年間バイク一色の人生。仕事では通訳をつけていたんですが、ふと、バイク好きの外国人と熱く語り合えたら楽しそう、と思いついた(笑)。それで、英語を学びたいと考えたんです。


鈴木敏文

一歩踏み込んで挑戦していくとき、必要なのは目標です。とくに難しいのは数値目標です。その数値は自分たちにとってどんな意味を持つのか。意味の不明確な数値目標は、目標そのものが一人歩きを始める恐れがあるからです。


関山和秀

研究室のメンバーと飲んでいるときに、たまたま虫の話になりました。化石を見ていただくとわかるのですが、じつは虫は4億年前ぐらいから形が変わっていません。ゴキブリはずっとゴキブリの形をしているし、トンボはずっとトンボです。ということは、虫はそれ以上進化する必要がない洗練された生き物だと考えることもできます。虫が洗練された生き物だとしたら、虫が使っているテクノロジーもじつはものすごくて、産業用に活かせるかもしれないという話で盛り上がったんです。どうせなら一番強い虫を研究したいという話になりました。一般的に最強と言われているのはスズメバチ。でも、そのスズメバチを捕食する虫もいる。それがクモです。あるメンバーは、クモの糸はジャンボジェットをつかまえられるくらいに強いという。そんな素材を大量生産できたら、すごいじゃないですか。
【覚え書き|クモの糸を研究し始めたきっかけを振り返っての発言】


安田佳生

一番メディアの取材を受けた東京・市ケ谷のオフィスの内装に2億円ぐらいかけましたが、あれは自分の中では成功だったと思っています。取材が増えて、広告費に換算したら年間3億円分ぐらいの記事が出ましたし、問い合わせ件数もそれまで年間60件ぐらいだったのが1万件に増えました。


武宮正樹

師匠や先人から学ぶことも有益だろう。しかし、操り人形であってはならない。あくまで助言として参考にして、自分の信念を持たないと、先人やコーチ以上に強くはなれない。


八木洋介

会社は多くの人で成り立っている。とくに当社のようなメーカーでは、特別なエリートではない普通の社員たちを納得させたうえで、ひとつの方向へ引っ張っていかなければならない。すると、正論を吐き、ハードワークを強いる「強さ」だけでは人は付いてこない。だから社長には「チャーム(魅力)」があることも大切だ。ゆきすぎるほどの情熱、スーパーな知性があるのに、人間的な魅力にあふれ、ほほえましい可愛げもある。そんな人がリーダーになると私は思う。


柴田昌治(コンサルタント)

人間は、意思決定の経験を積むことで成長する。


戸塚隆将

どこにムダがあって、どうすれば改善できるのかということは、やはり量をこなさないと見えてきません。ふらふらになるまで追い込まれたからこそ、ムダに対する感覚が研ぎ澄まされ、仕事を効率的に進める技術が身につきます。


ハーブ・ケレハー

恐れではなく愛によって結束するとき、会社は強くなる。


桜井章一

知識やデータよりも自分の感性を信じること。感性が研ぎ澄まされるのが、気分の良い時なんだ。「何かイヤだな」「おかしいな」と違和感を覚えたら、その場を離れて、気分の良い方向へ行くといい。実際、私はそうやって災難を免れたことが何度もある。


ページの先頭へ