名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウィリアム・A・コーエンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィリアム・A・コーエンのプロフィール

ウィリアム・A・コーエン。アメリカの経営学者、空軍将校(少将)。軍人の家系に生まれる。アメリカ・ウエストポイント陸軍士官学校を卒業。シカゴ大学ビジネススクールでMBAを取得。クレアモント大学ビジネススクールでピーター・ドラッカーに直接教えを受ける。空軍を退役したのち、経営幹部向けビジネススクールの「カリフォルニア・インスティチュート・オブ・アドバンスト・マネジメント」の学長を務めた。著書に『ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰』ほか。クリントン政権の国務長官ウィリアム・コーエン(ウィリアム・S・コーエン)とは別人。

ウィリアム・A・コーエンの名言 一覧

自分が正しいことをしているという確信は、その人物をどこまでも推し進める。


高い倫理観を持てば、自分自身に確信を持つことができ、そのように行動するようになる。


「組織が正しいことをしている」「自分が正しいことをしている」という感覚は、非常に大きな力になる。それは周囲にも伝播する。


人々は、自分の人生において意味のあることをやりたいと考えています。ですから、物事を利益の最大化だけで判断しようとすれば、それについていこうとは思いません。


ドラッカーは「プロ意識は危険である」と言っています。ドラッカーが言いたかったのは、どんなルールにも例外はあるということ。石工であれCEO(最高経営責任者)であれ、時にはルールを外れなければならないことがあるということを強調したかったのだと思います。


人は、深い意味があって、かつ得がたい目的を持っています。それは、利益の最大化とは噛み合わない。もちろん、お金を儲けるのはいいことですが、それで自分が利するのではなく、組織に還元したり、研究開発につぎ込んでさらにいいものを生み出したりするなど、賢く使うべきです。


ドラッカーは利益を出すこと自体を否定していたわけではありません。どこかの時点で黒字は達成しなければならないと考えていました。そうでなければ、企業は成り立ちませんから。しかし、利益の最大化だけを目的とし、すべての側面でそれを論理的な結末にしようとすると、社員を解雇したりして利用するだけで、彼らのためになることをやらなくなる。その矛先が経営陣に向けられることもあるでしょう。いずれにしても、お粗末な戦略としか言いようがありません。


私にとってのイノベーションは、何かを新しい、より良い方法で行うことです。問題を解決しようとしていてたどり着く場合もある。それは需要サイドのイノベーションです。


マーケティングは、すべてのものに応用可能であることを忘れてはなりません。すなわち、製品や企業だけでなく、NPO(非営利組織)や政治など、何かをやろうとすれば必ずマーケティングのコンセプトに行き着くのです。


儲けが出ているのだからそれでいいと思いがちですが、実際には間違っている場合もあるのです。戦略的決定が間違っていても売れていることによって、その優秀な販売担当者が会社全体を誤った方向に導きかねません。


マーケティングは戦略ですが、販売は売ることです。もし、戦略的決定が間違っていれば、どんなに抜け目なく売っていても、それは一時しのぎに過ぎません。つまり、戦略的に間違っている新規事業に参入し、それなりの商品がほどほどに売れたとしても、もっと高いレベルで考えて戦略的に正しい市場に参入していれば、その10倍は売れたということです。


ドラッカーがマーケティングの本を書かなかったのは、彼のアプローチにそぐわなかったのでしょう。そのテーマで本こそ書かなかったけれども、30冊以上の著作や数多くの論文に目を通してみると、マーケティングやリーダーシップについて語られた部分がたくさんあります。しかしドラッカーは個々の分野に絞って本を書くことには関心がなかったのだと思います。彼の視点は、「組織の目的」や「乱気流時代の経営」といったように、もっと広かったのでしょう。


ウィリアム・A・コーエンの経歴・略歴

ウィリアム・A・コーエン。アメリカの経営学者、空軍将校(少将)。軍人の家系に生まれる。アメリカ・ウエストポイント陸軍士官学校を卒業。シカゴ大学ビジネススクールでMBAを取得。クレアモント大学ビジネススクールでピーター・ドラッカーに直接教えを受ける。空軍を退役したのち、経営幹部向けビジネススクールの「カリフォルニア・インスティチュート・オブ・アドバンスト・マネジメント」の学長を務めた。著書に『ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰』ほか。クリントン政権の国務長官ウィリアム・コーエン(ウィリアム・S・コーエン)とは別人。

他の記事も読んでみる

ロッシェル・カップ

部下が出した成果のどこが、どのように素晴らしかったか、事実に基づいて詳細に指摘し、それが組織、社会にどんな好影響をもたらすか、今後どんな行動をとってほしいかを伝える努力を重ねなければなりません。情熱を持った部下や活気ある職場は、自然に生まれるものではないのです。


仲暁子

「自立する手段は何でもいい」と考え、高校に入ると時給制のアルバイトを経験したのですが、すぐに違和感を抱きました。時給とは、費やした時間に対してお金が支払われるということだから、どんな仕事をしたかより、経過時間にばかり意識が向いてしまいがち。「早く仕事が終わらないかな」と思いながら1日を過ごすのは、突き詰めると「早く死にたい」と思うのと同義ではないかと。「人生の時間をムダにするような働き方」ではなくて、もっとオーナーシップややりがいを感じられることに時間を費やしたい。そんなことを考えるうちに、起業にも興味を抱くように。京都大学に進んでからは、思いついたことに次々とチャレンジしていきました。


新川義弘

私が偉そうにふんぞり返っていたら、スタッフも耳を傾けてはくれないでしょう。私が店に行って一番初めにするのは、スタッフ一人一人に笑顔で声をかけることです。厨房の奥まで入っていって、「おはよう、タケシ。新メニューはどうだ?」「おはよう、マチコ。今日も元気がいいなー」という具合です。


堀義人

これから起業する人には、自分にとって楽しいことをやってほしいなと思います。楽しいことをやると、エネルギーが生まれてくると思うんです。そして、やるからには大きな目標設定をしてほしい。自分の感情に素直に生きてほしい。感情をうまい具合に活用しながら、使命感を持って、自分なりの経営やキャリアを作っていってもらえればいいなと思います。


水尾順一

上司が部下を支援し、権限を委譲すれば、彼らは上司の顔ではなく、顧客の顔を見て仕事をするようになる。逆に、上司がトップダウンで「これをやれ」「あれをやれ」と命令すると、部下は「指示待ち人間」になってしまう。


鈴木修

「死に金は一銭たりとも使わない」というのが私のポリシーです。たとえば、工場内ではなんでもかんでもコンベヤー化しようとしたり、自動化しようとしたりする傾向があります。その多くは、大いなる無駄です。わざわざコンベヤーを設置しなくても、ちょっとラインを傾けて自然と重力で動くようにすればいい。電気やガスといったエネルギーにはお金がかかりますが、重力はタダなのです。


篠原ともえ

どんな人にも「好き好きオーラ」を出すと、心を開いてくれる。


新浪剛史

「有言実行やってみなはれ大賞」を作って、国内外を問わず面白いアイデアには予算をつけて実現する仕組みを作りました。「守る」よりも「攻める」。それがサントリーの企業文化だと思っています。その環境を、国内だけでなく海外にも広げていくつもりです。


大塚寿

苦手な作業や困難な仕事でも、そこに自分を奮い立たせる要素があれば、モチベーションを高めることができる。


前刀禎明

ソニーの設立趣意書には「他社の追随を絶対に許さざる境地に独自なる製品化を行う」とあります。私が最初に就職したソニーを選んだのは、この文言に深く共鳴したからです。当時のソニーはまさにこの趣意書通りの会社でした。トップが命じるのは「ウォークマンをカセットテープのケースと同じサイズにしろ」というような無理難題と思えるリクエストばかり。ところがソニーのエンジニアは逆に闘志を燃やし、類まれな技術力で見事にそれを製品化してしまう。だからソニーの製品はいつも市場から驚きと感動をもって迎えられたのです。


藤井孝一

私は、毎日夕方の5時から6時をメールマガジンの執筆にあて、その時間は原則として、他の予定入れず電話にも出ません。この1時間で書き上げ翌朝の配信予約をするという仕組みを確立したことが、これまで10年間も休まず発行し続けることができた秘訣だと思っています。もし仕組みをつくらず、1日のうちどこかで書けばいいと考えていたら、ここまで長続きしなかったでしょう。


森川亮

「変わらないものは生き残れない」。これは私がいつも胆に銘じていること。