名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウィリアム・A・コーエンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィリアム・A・コーエンのプロフィール

ウィリアム・A・コーエン。アメリカの経営学者、空軍将校(少将)。軍人の家系に生まれる。アメリカ・ウエストポイント陸軍士官学校を卒業。シカゴ大学ビジネススクールでMBAを取得。クレアモント大学ビジネススクールでピーター・ドラッカーに直接教えを受ける。空軍を退役したのち、経営幹部向けビジネススクールの「カリフォルニア・インスティチュート・オブ・アドバンスト・マネジメント」の学長を務めた。著書に『ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰』ほか。クリントン政権の国務長官ウィリアム・コーエン(ウィリアム・S・コーエン)とは別人。

ウィリアム・A・コーエンの名言 一覧

自分が正しいことをしているという確信は、その人物をどこまでも推し進める。


高い倫理観を持てば、自分自身に確信を持つことができ、そのように行動するようになる。


「組織が正しいことをしている」「自分が正しいことをしている」という感覚は、非常に大きな力になる。それは周囲にも伝播する。


人々は、自分の人生において意味のあることをやりたいと考えています。ですから、物事を利益の最大化だけで判断しようとすれば、それについていこうとは思いません。


ドラッカーは「プロ意識は危険である」と言っています。ドラッカーが言いたかったのは、どんなルールにも例外はあるということ。石工であれCEO(最高経営責任者)であれ、時にはルールを外れなければならないことがあるということを強調したかったのだと思います。


人は、深い意味があって、かつ得がたい目的を持っています。それは、利益の最大化とは噛み合わない。もちろん、お金を儲けるのはいいことですが、それで自分が利するのではなく、組織に還元したり、研究開発につぎ込んでさらにいいものを生み出したりするなど、賢く使うべきです。


ドラッカーは利益を出すこと自体を否定していたわけではありません。どこかの時点で黒字は達成しなければならないと考えていました。そうでなければ、企業は成り立ちませんから。しかし、利益の最大化だけを目的とし、すべての側面でそれを論理的な結末にしようとすると、社員を解雇したりして利用するだけで、彼らのためになることをやらなくなる。その矛先が経営陣に向けられることもあるでしょう。いずれにしても、お粗末な戦略としか言いようがありません。


私にとってのイノベーションは、何かを新しい、より良い方法で行うことです。問題を解決しようとしていてたどり着く場合もある。それは需要サイドのイノベーションです。


マーケティングは、すべてのものに応用可能であることを忘れてはなりません。すなわち、製品や企業だけでなく、NPO(非営利組織)や政治など、何かをやろうとすれば必ずマーケティングのコンセプトに行き着くのです。


儲けが出ているのだからそれでいいと思いがちですが、実際には間違っている場合もあるのです。戦略的決定が間違っていても売れていることによって、その優秀な販売担当者が会社全体を誤った方向に導きかねません。


マーケティングは戦略ですが、販売は売ることです。もし、戦略的決定が間違っていれば、どんなに抜け目なく売っていても、それは一時しのぎに過ぎません。つまり、戦略的に間違っている新規事業に参入し、それなりの商品がほどほどに売れたとしても、もっと高いレベルで考えて戦略的に正しい市場に参入していれば、その10倍は売れたということです。


ドラッカーがマーケティングの本を書かなかったのは、彼のアプローチにそぐわなかったのでしょう。そのテーマで本こそ書かなかったけれども、30冊以上の著作や数多くの論文に目を通してみると、マーケティングやリーダーシップについて語られた部分がたくさんあります。しかしドラッカーは個々の分野に絞って本を書くことには関心がなかったのだと思います。彼の視点は、「組織の目的」や「乱気流時代の経営」といったように、もっと広かったのでしょう。


ウィリアム・A・コーエンの経歴・略歴

ウィリアム・A・コーエン。アメリカの経営学者、空軍将校(少将)。軍人の家系に生まれる。アメリカ・ウエストポイント陸軍士官学校を卒業。シカゴ大学ビジネススクールでMBAを取得。クレアモント大学ビジネススクールでピーター・ドラッカーに直接教えを受ける。空軍を退役したのち、経営幹部向けビジネススクールの「カリフォルニア・インスティチュート・オブ・アドバンスト・マネジメント」の学長を務めた。著書に『ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰』ほか。クリントン政権の国務長官ウィリアム・コーエン(ウィリアム・S・コーエン)とは別人。

他の記事も読んでみる

二宮敦人

認知症を扱うことは、最初から決めていました。文献を調べるうち、認知症の方々が何を考えているのかに興味が湧き、認知症患者による一人称視点のシーンを入れようと思ったのです。僕は本を書く際、なにかひとつ難しいテーマに挑戦したいと思っているのですが、今回はそれがチャレンジでした。


小宮山宏

常識や知識を教えるのは高校まで。大学での教育をその延長線上でとらえてはいけません。大学とは、最先端の問題意識を持っている人が議論するためにある。それによって人間の本質が見えてきます。そういう議論の中から、将来のリーダーが育ってくるのではないでしょうか。


千本倖生

私が、慶應義塾大学経営大学院の教授を辞め、「イー・アクセス」を創業した理由は、一つには巨大な流れとなるインターネットの魅力に抗することができなかったからですが、もう一つは、そうすることが必ず世の中のためになるという大義があったからです。


小田禎彦

恥ずかしい話ですが、私が大規模な設備投資に踏み切ったのは、1970年代のある出来事がきっかけでした。妻である女将の真弓が「部屋が古い」とお客様からおしかりを受け、おわんのふたを投げつけられたのです。設備がきれいなほかの旅館と比較されて悔し涙を流す妻を見て、旅館のメンテナンスを怠れば、妻のみならず従業員のモチベーションは下がり、停滞につながると痛感しました。


池谷幹男

資産管理事業に関しては買収効果が出ている。何より当社の本気度が伝わるのか、著名な運用会社からもビジネスを持ち掛けられることが増えてきた。


藤井孝一

副業では、夢のあることに挑戦し、将来のキャリアにつなげてほしい。


アレン・マイナー

壁にぶつかった時に乗り越えるには、自分たちの持っているビジョンに対する情熱で乗り越えるしかない。


藤田晋

分からないことだらけでつらいと思いますが、とにかく新卒に戻ったつもりでやってください。
【覚え書き|新しい部署に異動した社員への言葉】


益子修

技術開発などの文化や価値観の違いは、お金の力では融合させられない。


佐藤優

自分は普通の人間だ、常識的だ、と考えている人ってじつは怖い。自分を疑おうとしないから。


村田昭治

リーダーは崇められるだけでなく、常に批判の対象になる。だからガードしてくれる人が必要だ。それは取り巻きでなく理解者、パートナーになるような人だ。


鷹城勲

長くやっていると、環境の変化がわからなくなってマンネリ化してしまうリスクもある。ですから我々も変化に対応し、どんどん進化していかなければならない。