名言DB

9490 人 / 112001 名言

ウィリアム・A・コーエンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィリアム・A・コーエンのプロフィール

ウィリアム・A・コーエン。アメリカの経営学者、空軍将校(少将)。軍人の家系に生まれる。アメリカ・ウエストポイント陸軍士官学校を卒業。シカゴ大学ビジネススクールでMBAを取得。クレアモント大学ビジネススクールでピーター・ドラッカーに直接教えを受ける。空軍を退役したのち、経営幹部向けビジネススクールの「カリフォルニア・インスティチュート・オブ・アドバンスト・マネジメント」の学長を務めた。著書に『ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰』ほか。クリントン政権の国務長官ウィリアム・コーエン(ウィリアム・S・コーエン)とは別人。

ウィリアム・A・コーエンの名言 一覧

自分が正しいことをしているという確信は、その人物をどこまでも推し進める。


高い倫理観を持てば、自分自身に確信を持つことができ、そのように行動するようになる。


「組織が正しいことをしている」「自分が正しいことをしている」という感覚は、非常に大きな力になる。それは周囲にも伝播する。


人々は、自分の人生において意味のあることをやりたいと考えています。ですから、物事を利益の最大化だけで判断しようとすれば、それについていこうとは思いません。


ドラッカーは「プロ意識は危険である」と言っています。ドラッカーが言いたかったのは、どんなルールにも例外はあるということ。石工であれCEO(最高経営責任者)であれ、時にはルールを外れなければならないことがあるということを強調したかったのだと思います。


人は、深い意味があって、かつ得がたい目的を持っています。それは、利益の最大化とは噛み合わない。もちろん、お金を儲けるのはいいことですが、それで自分が利するのではなく、組織に還元したり、研究開発につぎ込んでさらにいいものを生み出したりするなど、賢く使うべきです。


ドラッカーは利益を出すこと自体を否定していたわけではありません。どこかの時点で黒字は達成しなければならないと考えていました。そうでなければ、企業は成り立ちませんから。しかし、利益の最大化だけを目的とし、すべての側面でそれを論理的な結末にしようとすると、社員を解雇したりして利用するだけで、彼らのためになることをやらなくなる。その矛先が経営陣に向けられることもあるでしょう。いずれにしても、お粗末な戦略としか言いようがありません。


私にとってのイノベーションは、何かを新しい、より良い方法で行うことです。問題を解決しようとしていてたどり着く場合もある。それは需要サイドのイノベーションです。


マーケティングは、すべてのものに応用可能であることを忘れてはなりません。すなわち、製品や企業だけでなく、NPO(非営利組織)や政治など、何かをやろうとすれば必ずマーケティングのコンセプトに行き着くのです。


儲けが出ているのだからそれでいいと思いがちですが、実際には間違っている場合もあるのです。戦略的決定が間違っていても売れていることによって、その優秀な販売担当者が会社全体を誤った方向に導きかねません。


マーケティングは戦略ですが、販売は売ることです。もし、戦略的決定が間違っていれば、どんなに抜け目なく売っていても、それは一時しのぎに過ぎません。つまり、戦略的に間違っている新規事業に参入し、それなりの商品がほどほどに売れたとしても、もっと高いレベルで考えて戦略的に正しい市場に参入していれば、その10倍は売れたということです。


ドラッカーがマーケティングの本を書かなかったのは、彼のアプローチにそぐわなかったのでしょう。そのテーマで本こそ書かなかったけれども、30冊以上の著作や数多くの論文に目を通してみると、マーケティングやリーダーシップについて語られた部分がたくさんあります。しかしドラッカーは個々の分野に絞って本を書くことには関心がなかったのだと思います。彼の視点は、「組織の目的」や「乱気流時代の経営」といったように、もっと広かったのでしょう。


ウィリアム・A・コーエンの経歴・略歴

ウィリアム・A・コーエン。アメリカの経営学者、空軍将校(少将)。軍人の家系に生まれる。アメリカ・ウエストポイント陸軍士官学校を卒業。シカゴ大学ビジネススクールでMBAを取得。クレアモント大学ビジネススクールでピーター・ドラッカーに直接教えを受ける。空軍を退役したのち、経営幹部向けビジネススクールの「カリフォルニア・インスティチュート・オブ・アドバンスト・マネジメント」の学長を務めた。著書に『ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰』ほか。クリントン政権の国務長官ウィリアム・コーエン(ウィリアム・S・コーエン)とは別人。

他の記事も読んでみる

吉岡知哉

大学は一番根本まで遡っていろいろなことを考える場所。10年、20年、あるいはもっと先になって生きてくる事柄も考えなければならない。あるいは、歴史の中で物事を考えるというのは、大学でなければできない。


城島健司

年上の投手のほうがラクですね。プライドをくすぐればいいですから(笑)。年下の投手をリードするほうが大変ですよ。気を遣います。このとき大事なのが上からモノを言わないということ。僕の意見が通ってしまいますからね。なるべくコーチを含めて3人で話すように心がけてます。


相田雪雄

滅私奉公を旨とする日本の「法人社会主義」が、頻発する企業不祥事の一因です。
【覚書き:会社のために法令違反をするビジネスマンたちに対する戒めの言葉。法令を順守し社会倫理をしっかりと持てという趣旨の発言】


大塚寿

リクルート時代、「ここで培った営業力を生かして、将来独立する」という目標を自宅の目立つところに貼って、毎日それを見ていた。すると、自分を奮い立たせられ、「今日も頑張るぞ」と思えた。


田中角栄

人間はやっぱり出来損ないだ。神様みたいな人は少ない。皆、失敗はする。その出来損ないの人間を愛せるかどうか。


永守知博

(富士通を2年で辞めたのは)つまらないというより、サラリーマンの世界で上にいくのは無理だなと思いました。組織の歯車という表現はサラリーマンを揶揄するときに使われますが、歯車になれる人は優秀なんです。欠けていると歯車になれないですから。私はそこまでたどり着けないなと。


佐渡島庸平

原動力は「圧倒的な退屈力」。本を100冊読んでも面白いと思えるのは1冊あるかどうか。だから自分で作りたくなるんです。


上田清司

役人は2年で部署が替わっていきます。Aをやっていました。このときはそこで一生懸命やりました。Bに移りました。Bを一生懸命やっています。Aはもう忘れました。そういう組織の中で、全体を見る人がいないからいけないのです。だから、上に立つ人たちがグラフを見て、自分たちの位置がどうなっているかをチェックしてあげればいいのです。トップだけではなくて、課長以上の管理職はみな、そうならなくてはいけない。


伊賀泰代

コミュニケーションは人によって大きくスタイルが違います。ですから、まずは自分が得意なスタイルを見つけ、それをとことん磨いていくことが大切です。


大塚周一

これまでの仕事人生は大きなブレイクスルーを成し遂げることによって認められ、結果として次のポジションが与えられるということの連続でした。


出口治明

どんなプロジェクトでも、山あり谷ありは避けられません。「谷」の時期には、メンバーは元気を失います。そのときに、みんなを安心させて最後まで引っ張っていく力が必要になります。一般には統率力といわれるものですが、その実態を考えれば、コミュニケーション能力ということでしょうね。一人一人と丁寧にコミュニケーションを取って、盛り立てていく能力です。


秋元康

自分は天才でも何でもない。日常のちょっとした出来事にヒントがある。それに気がつくかどうかだけ。