ウィリアム・A・コーエンの名言

ウィリアム・A・コーエンのプロフィール

ウィリアム・A・コーエン。アメリカの経営学者、空軍将校(少将)。軍人の家系に生まれる。アメリカ・ウエストポイント陸軍士官学校を卒業。シカゴ大学ビジネススクールでMBAを取得。クレアモント大学ビジネススクールでピーター・ドラッカーに直接教えを受ける。空軍を退役したのち、経営幹部向けビジネススクールの「カリフォルニア・インスティチュート・オブ・アドバンスト・マネジメント」の学長を務めた。著書に『ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰』ほか。クリントン政権の国務長官ウィリアム・コーエン(ウィリアム・S・コーエン)とは別人。

ウィリアム・A・コーエンの名言 一覧

自分が正しいことをしているという確信は、その人物をどこまでも推し進める。


高い倫理観を持てば、自分自身に確信を持つことができ、そのように行動するようになる。


「組織が正しいことをしている」「自分が正しいことをしている」という感覚は、非常に大きな力になる。それは周囲にも伝播する。


人々は、自分の人生において意味のあることをやりたいと考えています。ですから、物事を利益の最大化だけで判断しようとすれば、それについていこうとは思いません。


ドラッカーは「プロ意識は危険である」と言っています。ドラッカーが言いたかったのは、どんなルールにも例外はあるということ。石工であれCEO(最高経営責任者)であれ、時にはルールを外れなければならないことがあるということを強調したかったのだと思います。


人は、深い意味があって、かつ得がたい目的を持っています。それは、利益の最大化とは噛み合わない。もちろん、お金を儲けるのはいいことですが、それで自分が利するのではなく、組織に還元したり、研究開発につぎ込んでさらにいいものを生み出したりするなど、賢く使うべきです。


ドラッカーは利益を出すこと自体を否定していたわけではありません。どこかの時点で黒字は達成しなければならないと考えていました。そうでなければ、企業は成り立ちませんから。しかし、利益の最大化だけを目的とし、すべての側面でそれを論理的な結末にしようとすると、社員を解雇したりして利用するだけで、彼らのためになることをやらなくなる。その矛先が経営陣に向けられることもあるでしょう。いずれにしても、お粗末な戦略としか言いようがありません。


私にとってのイノベーションは、何かを新しい、より良い方法で行うことです。問題を解決しようとしていてたどり着く場合もある。それは需要サイドのイノベーションです。


マーケティングは、すべてのものに応用可能であることを忘れてはなりません。すなわち、製品や企業だけでなく、NPO(非営利組織)や政治など、何かをやろうとすれば必ずマーケティングのコンセプトに行き着くのです。


儲けが出ているのだからそれでいいと思いがちですが、実際には間違っている場合もあるのです。戦略的決定が間違っていても売れていることによって、その優秀な販売担当者が会社全体を誤った方向に導きかねません。


マーケティングは戦略ですが、販売は売ることです。もし、戦略的決定が間違っていれば、どんなに抜け目なく売っていても、それは一時しのぎに過ぎません。つまり、戦略的に間違っている新規事業に参入し、それなりの商品がほどほどに売れたとしても、もっと高いレベルで考えて戦略的に正しい市場に参入していれば、その10倍は売れたということです。


ドラッカーがマーケティングの本を書かなかったのは、彼のアプローチにそぐわなかったのでしょう。そのテーマで本こそ書かなかったけれども、30冊以上の著作や数多くの論文に目を通してみると、マーケティングやリーダーシップについて語られた部分がたくさんあります。しかしドラッカーは個々の分野に絞って本を書くことには関心がなかったのだと思います。彼の視点は、「組織の目的」や「乱気流時代の経営」といったように、もっと広かったのでしょう。


ウィリアム・A・コーエンの経歴・略歴

ウィリアム・A・コーエン。アメリカの経営学者、空軍将校(少将)。軍人の家系に生まれる。アメリカ・ウエストポイント陸軍士官学校を卒業。シカゴ大学ビジネススクールでMBAを取得。クレアモント大学ビジネススクールでピーター・ドラッカーに直接教えを受ける。空軍を退役したのち、経営幹部向けビジネススクールの「カリフォルニア・インスティチュート・オブ・アドバンスト・マネジメント」の学長を務めた。著書に『ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰』ほか。クリントン政権の国務長官ウィリアム・コーエン(ウィリアム・S・コーエン)とは別人。

他の記事も読んでみる

柏木斉

誠実・正直であることが重要です。これは当たり前のことかもしれませんが、それを持ち合わせることが結局組織を正しい方向に引っ張る力になっていくのだと思います。


川越達也

自己プロデュースをするうえで大切なのは自分のできることのオプションを把握して、無理をせずにスムーズにできる部分を研ぎ澄ましていくこと。


中山マコト

不思議なものでネタ帳をアトランダムにパラパラ見返すと、一見、関係のないネタ同士から企画が生まれることがあります。それは、時代の空気を吸ったネタ同士が引き起こす化学反応のようなもの。個々のネタの感じ方や捉え方が深ければ深いほど、化学反応が起きる確率は高まります。逆に数カ月しても何の反応も起こさないネタは、破り捨ててしまえばよい。躊躇する必要はありません。よいネタなら脳が必ず覚えているはずです。


林厚見

いとこの影響で、大学で建築学を選んだら面白くてはまって。建築デザインの世界にどっぷり浸りましたが、同時に、才能がないとわかってしまった。自分の道を探るうちに「デザインの世界とリアルな現実社会との間で動くプロデューサー」のイメージが出てきた。ただ、当時はまだ漠然としていましたが。


岩瀬大輔

ボトルネックがどこにあるのか特定するには、数字を使います。客観的な比較・検証を行うには、数字が最も適した材料になるからです。


鈴木あや(IBM)

挨拶メールの目的は、企業同士のお付き合いですから、個人的な事項や時候の挨拶は簡略で構いません。メールの目的や、次回のアクションに触れることの方が重要です。


平岡昭良

日本は社会課題先進国と言われるように、高齢化や少子化、エネルギー問題、環境問題と様々な社会課題が山積しています。しかし、今や、これらの社会課題は一企業だけで解決できる問題ではありません。もちろん、一つの自治体が解決できる問題でもありません。では、どのように解決していくか。それはやはり様々な得意分野を持った企業同士が連携して、ビジネスエコシステム(生態系)を形成し、社会課題を解決していくべきだと思うんですね。


森川桂造

今は複雑化した社会になり、教育面でもいろいろな問題が出てきましたが、今の社会に欠けているのは情操教育ではないでしょうか。時代が違うと言われればそうかもしれませんが、もっと子供たちには自由に育ってほしいと思います。


ロバート・キヨサキ

経済的自由を手に入れたいと思う人は、経済的自由を手に入れていない大勢の人々とは違う考え方を身に付け、違う道を歩まなければならない。


磯崎功典

私は旧キリンビール尼崎工場の跡地に自分が立ち上げたホテルを最初に売却することを決めました。24時間365日、寝食を忘れてずっと泊まり込んで働き、手塩にかけて育てたホテルです。一緒に汗をかいた仲間がいて、利益も出ていて、本当に身を切られる思いでした。しかし自分でつくったホテルを売却しないで他のグループ子会社を売却していくことは、みなさんの感情からも許されないと考えたのです。ホテルの売却が発表された後、改めて子会社の社長たちにお会いすると「あれを売ってしまったんですか……」「寝ずに働いて成功させたホテルじゃないですか……」と言われました。そして私が綜合飲料戦略にどれだけ真剣に取り組んでいるかを理解してもらえるようになり、子会社売却が進展していきました。
【覚書き|経営企画室長当時、総合飲料グループ化のために本業以外の子会社の売却を担当したことを振り返っての発言】


しりあがり寿

それまでの既成の価値観にとらわれていたら、新しいマンガなんて描けるわけがない。


ルイス・ガースナー

危機は良き友。時間はライバル。
【覚書き|経営改革を成功させる秘訣とは何かと問われての言葉】


山本梁介

お客様を感動させるおもてなしマインドは「ここまでやってくれるのか、ここまで考えてくれたのか」という程のサービスを提供しようとする意識。


齋藤孝(教育学者)

名言を実生活に生かせる知恵として吸収するには、切り取った名言を覚えるのではなく、偉人の生涯を知り、世界観を知り、生き方を知る。その人物をトータルで理解したうえで名言に触れると、自分の深いところまでぐっと入ってきます。生き方の技として体得できるから、人生のさまざまな局面に応用が利くのです。


林修

ギャンブルをやっていて良かったのは、マイナスからゼロにすることさえ難しいことに気づけたこと。


ページの先頭へ