名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

ウィリアム・ラルフ・イングの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィリアム・ラルフ・イングのプロフィール

ウィリアム・ラルフ・イング。19世紀中期から20世紀中期のイギリスの神学者、イングランド国教会の分派である聖公会の司祭。イートン・カレッジ、ケンブリッジ大学キングス・カレッジ卒。英夕刊紙イブニング・スタンダード紙で25年間コラムを書いた。ナショナル・ポートレート・ギャラリーの理事なども務めた人物。当時のキリスト教教会批判の著作を多数残した

ウィリアム・ラルフ・イングの名言 一覧

最も幸福な人々は、幸福だから幸福というだけで、そのほか幸福であるための特別な理由を持たない人のように思われる。


心配は、それがやってくる前に支払われるトラブルの利子である。


文学は商売と芸術とが半々であるときに最も栄える。


独創性とは、しっぽをつかまれずに盗むことである。


ウィリアム・ラルフ・イングの経歴・略歴

ウィリアム・ラルフ・イング。19世紀中期から20世紀中期のイギリスの神学者、イングランド国教会の分派である聖公会の司祭。イートン・カレッジ、ケンブリッジ大学キングス・カレッジ卒。英夕刊紙イブニング・スタンダード紙で25年間コラムを書いた。ナショナル・ポートレート・ギャラリーの理事なども務めた人物。当時のキリスト教教会批判の著作を多数残した

他の記事も読んでみる

ベンジャミン・フランクリン

人生を大切にしたいなら時間を無駄使いしてはいけない。人生は時間によってできているのだから。


石川理紀之助

井戸を掘るなら、水の湧くまで掘れ。


矢頭美世子

主人(創業者・矢頭宣男)が亡くなって「カリスマ社長がいなくなった会社はつぶれる」「やずやはこれで終わりだ」という声が周りから聞こえてきました。でも、社員は誰一人として辞めませんでした。パートさんまでが「社長、自分で全部背負わないでくださいね」と言ってくれた。これは後から知ったことですが、「全員で頑張っていこう」と決起大会まで開いてくれたそうです。今度はこの社員たちと一緒に夢を語り合いながら、人生を送っていこうと決心がつきました。


伊丹敬之

プロ野球でね、ノックアウトされた投手を次の試合でも使うんですよ。「俺はお前を信頼してるぞ」と。打たれたそばから2軍に落としていたら、エースなんか育たない。


安藤哲也

大前提として、何のための段取りなのかを考え直す必要があります。段取りの本来の目的は「チーム全員でファインゴールを決めること」。例えばチームとしての目標が「あの顧客との新規契約を取りたいよね」というものであれば、そのゴールを目指して、全員が最適な立ち位置につき、リズムよくボールを運んで、絶好のタイミングでゴールネットを揺らす。サッカーで流れるような美しいパスワークの結果生まれる見事なゴールを見るたび、仕事と同じだと僕は思うんです。その瞬間、歓喜の声を上げているのは最後にゴールを決めた一人だけではなく、その場にいるチーム全員ですよね。そしてメンバーそれぞれが、自分の役割を果たせた喜びや成長を感じられ、「また頑張ろう!」と思える。そんなチームのマインドを高めていく環境づくりこそが、段取りではないでしょうか。


ヘンリー・フォード

少ない動きと少ない労力で作業を行おうとしたとき、それに反対したのは職工たちであった。その検討が単に労力を減らす目的とわかっていても、彼らを最も困惑させたのは、新しいやり方によって、それまですっかり馴染んだやり方が変更されることにあったのだ。


大宮英明

うちは事業部の独立性が強いのですが、事業部の仕事の間にアナロジー(類比)はないかという視点も常に持っていました。ここでやっていることは、こっちに応用できるのではないかというふうに。私は、そういうものの見方が得意なんです。
【覚書き|様々な部署を回ってきた経験について語った言葉】


國貞文隆

ベンチャー企業家は淘汰され、いくつもの企業が生まれ、死んでいくのがベンチャーの世界です。したたかに生き残っていくには運と自己変革が必要です。失敗しても何度でも立ち上がらなければなりません。そのためにも折れない心を鍛えようとして、トライアスロンなど自己鍛錬を兼ねたスポーツをやる社長が多い。それを乗り越えることで、また自分に自信を取り戻すことができるのでしょう。


ファツマ・ロバ

苦しいってことは、飽きるってこと。
【覚書き:自身のハードなトレーニングについて尋ねられた時の言葉。練習が苦しくなるのは漫然と行うからで、目的意識を持ち、興味が尽きないように様々な練習メニューを行うことで苦しさは軽減するとの発言】


岩野達志

現在の自分にとっては、「時間」が一番貴重な資源。社長を務めている以上、会社への貢献を最優先に考えるのは当然ですが、同時並行で自分の勉強やプライベートの充実に限りある時間を適切に配分していきたいですね。


安藤広大

人の本質的な変化は、経験とともにしか起きません。どれだけ頭で理解したと思ったとしても、人から良い話を聞いたとしても、経験しなければ本質的な理解、変化はできないのです。よって管理職は、部下に多くを語る必要はありません。部下に納得を求めて多くを語るのではなく、明確な目標を設定し、まずは経験をさせることが重要です。


大宮隆

どん底からの出発で、むしろ自分に「ワンマンであれ」と言い聞かせてきた。