ウィリアム・ラルフ・イングの名言

ウィリアム・ラルフ・イングのプロフィール

ウィリアム・ラルフ・イング。19世紀中期から20世紀中期のイギリスの神学者、イングランド国教会の分派である聖公会の司祭。イートン・カレッジ、ケンブリッジ大学キングス・カレッジ卒。英夕刊紙イブニング・スタンダード紙で25年間コラムを書いた。ナショナル・ポートレート・ギャラリーの理事なども務めた人物。当時のキリスト教教会批判の著作を多数残した

ウィリアム・ラルフ・イングの名言 一覧

最も幸福な人々は、幸福だから幸福というだけで、そのほか幸福であるための特別な理由を持たない人のように思われる。


心配は、それがやってくる前に支払われるトラブルの利子である。


文学は商売と芸術とが半々であるときに最も栄える。


独創性とは、しっぽをつかまれずに盗むことである。


ウィリアム・ラルフ・イングの経歴・略歴

ウィリアム・ラルフ・イング。19世紀中期から20世紀中期のイギリスの神学者、イングランド国教会の分派である聖公会の司祭。イートン・カレッジ、ケンブリッジ大学キングス・カレッジ卒。英夕刊紙イブニング・スタンダード紙で25年間コラムを書いた。ナショナル・ポートレート・ギャラリーの理事なども務めた人物。当時のキリスト教教会批判の著作を多数残した

他の記事も読んでみる

渡辺謙

結局、仕事が上手くなるというのは、スキルを習得するうんぬんよりも、どれだけ自分や他人の人生に対して真摯に向き合えているかってことではないでしょうか。仕事って全人格的な表現だから、その人の人生との向き合い方が如実に現れてしまう。付け焼刃で誤魔化すことはできません。


岡崎良介

株式投資は地の利を生かしたらいい。製薬会社に勤めていて薬に詳しいなら、それは大きなアドバンテージです。学校の先生だったら教育関係の株とか。あるいは九州に住んでいるなら、地元で調子のいい企業が分かるので、それに投資するとかね。


岡村正

最高の提案をするために、今日決めなければならないことは徹夜してでも今日決める、そうでないならば頭を冷やして翌日議論を深める。


ドナルド・トランプ

商売をするうえから言うと、何も言われないより悪く言われたほうがまだましだ。


角野卓造

舞台は一区切りを付けましたが、「役者を極めた」などとは思っていません。ですからこれからいい作品に出合えれば演じたい、と考えています。


野尻佳孝

僕自身が独立前に勤めていたところに心から「この会社最高!」と思えなかった。だから自分が会社を創ったら、絶対に全社員が面白いと言ってくれる会社にしよう、という思いが強かったんです。


ヴォルテール

自然は、人間の行なう教育以上のものを含んでいる。


末木紳也

40代に差しかかると、必ずしも資格を取ることが絶対有利とは限りません。誰しも資格はなくても、長年培ったキャリアや専門分野、ノウハウ、スキルなどがあるはずですから、それらを前面に打ち出して勝負すべき時期なのです。


西村克己

読書をしながら、ただむやみに付箋を貼っても、後からわからなくなる。それを改善するには「特に重要な部分には縦に」「気になるところには中央に」「データは一番下に」など、簡単なルールを決めて貼る。するとムダな作業がなくなり、内容の理解度も高まる。


丸山学

最初からお金を得ようなんて思わない。最初は少し損をしても、種をまく時期が必要です。昔は種をまいても収穫までに時間がかかりましたが、ウェブの時代は、最初の仕掛けさえしっかりやれば、短期間での収穫が可能。しかも、損した分の何倍ものリターンがあります。


辻範明

一度死んだ会社が生まれ変わり、今はよちよち歩きを始めたところ。今後3年は自己資本を積み上げていきます。その後は将来を見据えて勝負をかけなければいけません。守りだけでは勝てません。


大倉喜八郎

紛々たる世の毀誉褒貶を気にしていて何ができる。区々たる世評などに頓着せず、自ら信ずるところに邁進し、自ら好むところに直進し、思う存分の働きをなし、倒れてのちやむのがすなわち男子の本懐ではないか。
【覚書き:紛々、ふんぷん=まとまりがない様。毀誉褒貶、きほようへん=ほめる、けなすなどの世評。区々、くく=まとまりがない様】


宇佐美進典

みなさん、アウトソースが安いことを理由に外注されることが多いですが、そうするとノウハウがたまらない。


大坂靖彦

ごまかしのない、ありのままで堂々としていられる労働環境をつくるんだ。社員の心のトゲになるものを一つひとつはずしていくと、社員がどんどん元気になりました。


立花貴

少子高齢化、過疎化、産業衰退など日本の根本的な課題に取り組むときに、かつての私のように頭でしか考えられない人が増えているように感じます。五感を使わずに都会のオフィスで働いていると、生きるリアリティを失いがちですが、人間には内側からエネルギーが湧き上がる場所があるのです。


ページの先頭へ