ウィリアム・ラルフ・イングの名言

ウィリアム・ラルフ・イングのプロフィール

ウィリアム・ラルフ・イング。19世紀中期から20世紀中期のイギリスの神学者、イングランド国教会の分派である聖公会の司祭。イートン・カレッジ、ケンブリッジ大学キングス・カレッジ卒。英夕刊紙イブニング・スタンダード紙で25年間コラムを書いた。ナショナル・ポートレート・ギャラリーの理事なども務めた人物。当時のキリスト教教会批判の著作を多数残した

ウィリアム・ラルフ・イングの名言 一覧

最も幸福な人々は、幸福だから幸福というだけで、そのほか幸福であるための特別な理由を持たない人のように思われる。

W・R・イングの名言|幸福であるために必要な理由はない

心配は、それがやってくる前に支払われるトラブルの利子である。

ウィリアム・ラルフ・イングの名言・格言|心配はトラブルの利子

文学は商売と芸術とが半々であるときに最も栄える。

ウィリアム・ラルフ・イングの名言・格言|文学が栄える時代の特徴

独創性とは、しっぽをつかまれずに盗むことである。

ウィリアム・ラルフ・イングの名言・格言|独創性への皮肉

ウィリアム・ラルフ・イングの経歴・略歴

ウィリアム・ラルフ・イング。19世紀中期から20世紀中期のイギリスの神学者、イングランド国教会の分派である聖公会の司祭。イートン・カレッジ、ケンブリッジ大学キングス・カレッジ卒。英夕刊紙イブニング・スタンダード紙で25年間コラムを書いた。ナショナル・ポートレート・ギャラリーの理事なども務めた人物。当時のキリスト教教会批判の著作を多数残した

ページの先頭へ