名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウィリアム・ペンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィリアム・ペンのプロフィール

ウィリアム・ペン。ペンシルベニア州の創始者。アメリカ合衆国憲法に大きな影響を与えた人物。父が時の英国王チャールズ2世に多額の貸し付けを持っていた。父の死後、英国がその借金の返済のため現在のペンシルベニアの広大な土地をウィリアムに与えた。ウィリアムはその土地をペン・シルベニア(ペンの森という意味)と名付け、開発を行った。

ウィリアム・ペンの名言 一覧

時間とは、我々が最も欲しがるものだが、最も下手な使い方をするものである。


ウィリアム・ペンの経歴・略歴

ウィリアム・ペン。ペンシルベニア州の創始者。アメリカ合衆国憲法に大きな影響を与えた人物。父が時の英国王チャールズ2世に多額の貸し付けを持っていた。父の死後、英国がその借金の返済のため現在のペンシルベニアの広大な土地をウィリアムに与えた。ウィリアムはその土地をペン・シルベニア(ペンの森という意味)と名付け、開発を行った。

他の記事も読んでみる

小川栄一

入社して9年目、私は本店の貸付課長になった。ときに35歳。その間、仕事の関係から酒を飲む機会も多くなったが、酒の席で見た人間は調査に頼らなくとも「これは優良貸しになるかどうか」すぐにわかるようになった。だいたい我々から金を借りながら、自分のめかけ、てかけの芸者をそばに置いて、二次会、三次会をやるような人間にロクな奴はいない。


赤塚保正

我々が大切にしている事は「商品開発」と「人財開発」です。その二つのバランスが取れていなければ会社は成長し続けません。


澤田秀雄

理念やポリシーはずっと守っていくべきものだと思います。変化の激しい時代だからこそ、余計にそれが重要ではないでしょうか。


佐々木正悟

最近では、ほとんどの連絡や伝達事項をメールで行っているところが多いようですが、このメールを頻繁にチェックすることで、その場の思考は停止、さらに新しい情報が脳内にインプットされ、思考の整理どころではなくなってしまいます。これでは効率的な仕事はできません。


原田泳幸

組織というものは、常に変化していないと駄目になると思います。僕の持論は、同じ人が同じポジションで同じ仕事を3年以上やっているともう駄目。やっぱり陳腐化しているんです。組織の陳腐化は業績の低迷につながります。チーム作りは永遠だと思っていますから、僕の経営チームのメンバーは常に動かし続けます。


成毛康雄

多くの人材が離れていく中でも、コアとなる人材は残ってくれました。ただし十分に採用できなかったのは不満です。今後、投資を拡大するうえで、相当数を採用していきます。


山本ケイイチ

上手くいっている人を真似すれば自分も上手くいくというのは思い込み。自分のタイプを理解して行動する必要がある。


下村朱美

ハワイに来ると、多くの人が、体調がすこぶる良くなると言う。アレルギー性の疾患が止まるという人も多い。私もハワイに癒された一人かもしれない。時間はかかったが、縮こまった筋肉がのび、ちゃんと立ち、歩けるようになった。心も同じ。ハワイでは貿易風の爽やかな風に触れるだけで、私は幸せな気分になる。そうさせてくれる社員や得意先、そしてお客様に感謝の気持ちでいっぱいになる。その幸せのお返しに、何ができるだろう。青い海、青い空、爽やかな風に触れながら、「今度は何がしたい?」と自分に問いかける。私の仕事の中心にあるのは、社員やお客様を驚かせたい、喜ばせたいという気持ちである。そして、社員達を豊かに幸せにしてあげたいと、心から思っている。そのためには、常に新しいチャレンジが必要となり、それが事業計画となるのです。


高原豪久

弊社の日用品の製造業には、製品の本質に由来するひとつの特徴がある。サービス業とは異なって、一人当たりGDPが1000ドルを超えれば生理用品が売れはじめ、3000ドルを超えるとベビー用紙おむつが普及の成長期に入るといった、国内事業で培った「モノサシ」が海外にもそのまま通用するのである。従って、海外展開の勝負どころは、その国のGDPレベルが一定のラインに達して製品の普及が始まった瞬間、すなわち製品のライフサイクルの成長前期に、確実に、そして効率的に果実をとりに行くことに尽きる。


石原加受子

学歴、年収、仕事、持ち物など、どんな些細なことでも自慢し、相手より優位に立とうとする。そんな人に対してイライラし、嫌な気持ちになることはありませんか。このような振る舞いは一般に、「マウンティング」と呼ばれています。マウンティングをする人は、自分に自信がありません。そのため、自分よりも格下の人間をつくりだすことで、集団内での序列を少しでも高めて、上位にいるという安心感を得ようとします。しかし、この行為には決してゴールがありません。マウンティングで勝つことは、一時的な満足感を与えてくれるかもしれませんが、いくら相手を落としても、自分自身は変わりません。


安田順

増収計画では、取扱商品の増加、取引先の増加など、量的で数字に表れやすいもの、即効性があるものは伝わりやすい。逆に、意外と伝わりにくいのが、モチベーション対策やマネジメントの強化といった企業体質に関わる部分です。そこに経費を費やしたとアピールしてもなかなか安心材料にはつながらないでしょう。


本田直之

モヤモヤした思いを抱えているビジネスパーソンもいるかもしれませんが、それを打破するには次のアクションを決めること。