ウィリアム・フォスターの名言

ウィリアム・フォスターのプロフィール

ウィリアム・E・フォスター。アメリカの経営者。ストラタス・コンピュータ(のちのストラタステクノロジー)会長兼CEO。サンホゼ大学を卒業後、ストラスタ・コンピュータに入社。

ウィリアム・フォスターの名言 一覧

最初の計画が低い目標しか目指していなかったら、達成できるのはそれ以下だろう。


ウィリアム・フォスターの経歴・略歴

ウィリアム・E・フォスター。アメリカの経営者。ストラタス・コンピュータ(のちのストラタステクノロジー)会長兼CEO。サンホゼ大学を卒業後、ストラスタ・コンピュータに入社。

他の記事も読んでみる

本田健

必ず才能はあります。それが卓球の福原愛ちゃんみたいに4歳で見つかる人もいれば、カーネル・サンダースさんみたいに70代で見つかる人もいる。いつ才能が見つかるか、わかりません。人によっては才能が出てくるまで、温泉を掘るみたいに、長く掘り続ける必要があります。でも、そうやって自分の才能を掘ることで、初めて人生が面白いものになる。それを本気でやるかどうかだと思います。


藤本篤志

今は正統派の営業スキルで勝負する時代。正統派の営業スキルとは、細かく言えば多岐にわたりますが、まずは何よりも、相手の「ニーズ」と「ネック」をつかむこと。ニーズとは、お客さんはどのようなものを欲しがっているのかということ。ネックとは、たとえば、価格が高い、機能面に不安がある、などの「買わない理由」のことです。


宮本亜門

同窓会で同級生に会ったとき、一番変化を感じるのは、容姿ではなく目力です。自分の限界を勝手に見つけてしまって諦めはじめると、どこか寂しげな目になってしまいます。苦労して痛々しさを感じさせる人もいますが、苦労したときに、それを乗り越える面白いきっかけが来たのだと思えるかどうかは大切だと思います。


嶋浩一郎

トーストとあんこという異質なものを組み合わせた小倉トースト。雑貨と本を一緒に売る「ヴィレッジヴァンガード」。多彩なトッピングを揃えた「COCO壱番屋」。みんな名古屋発です。ひつまぶしも、ひとつの料理を3つもの方法で楽しむ。名古屋人は、異質なものを組み合わせることに優れているのです。この姿勢を、ぜひ学ぶべきです。


ケリー・マクゴニガル

悪い判断というのは、心理的な要素と社会的な要素が組み合わさった結果、起こるものなのです。「倫理的に正しく業務を遂行しよう」と、しっかりと心に決めている私たちのような人間でさえも、そうした要素の影響を受けやすいのです。こうした事実を意識することは、倫理観や価値観に反する誘惑に抵抗する助けとなります。


永守重信

「いまのような順境は絶対に続かない」この感覚が私たちの中にはある。伸びるときがあれば縮むときがある。縮んだときに、どれくらい持ちこたえられるかが企業の命運を左右する。


早見和真

過去パートと、現在パートが交互に出てくるという構成はデビュー作とまったく一緒なんです。あえて同じ構成で書くことで、デビュー作との違いを個人的に際立たせたかった。作家として成長したんだということを、自分自身に証明したかったんです。先にプロットを立てずに、登場人物たちの動き重視で即興的に書いていくというやり方も、デビュー作以来でした。


俣野成敏

プロフェッショナルになることで、会社の業績低下やリストラの噂に一喜一憂する必要はなくなります。何よりも、毎日が充実して、仕事が面白くなります。


小山龍介

ティッシュ箱は置き場所が定まらない物のひとつです。私がお勧めするのは、ティッシュ箱をガムテープで机に留めてしまうことです。ティッシュ箱のようにかさばる物は、机の下や引き出しの横に貼りつけておけば邪魔にならないし、紛失する心配もありません。ペン立ても同様で、ガムテームで机の上に固定しておけば、いつも同じ場所にあって安心です。


元榮太一郎

弁護士ドットコムで弁護士を身近な存在にしていくためには、私自身が弁護士界の最前線にいることがとても大事です。


平野友朗

長文で趣旨のはっきりしないメールを自分の方が受け取ってしまった場合は、一度「お聞きになりたいのは○○と○○ですよね?」と相手のメールの内容を整理して確認すると、そのあとのやり取りがスムーズになります。


名越康文

私は普段、精神医学のことは考えず、ほかのジャンルのことばかりしています。ただ、精神医学は25年携わって身体化されているので、漫画を読んでいるときにもパッと精神医学に結びつく瞬間があります。これはある意味、24時間365日仕事のことを考えているともいえるし、考えていないともいえます。どちらにしても、仕事とは別の世界に浸ることで、専門分野もまた深まっていくのです。


横山光昭

私は20代後半まで稼いだだけお金を使ってしまう生活をしていました。結婚して子供もいるのに、理不尽な扱いを受けたと感じ、無計画に会社を辞めてしまったりもしました。いま思えば人生の軸を定められず、叶わない夢ばかり見ていたのです。しかし、落ちるところまで落ち、改めて自分にとって何が大切なのかを考える機会を得た結果、少しずつですが、お金を貯められるようになりました。結果、人生そのものもゆっくりとプラスの方向に回っていったのです。


梶本修身

運動疲れや眼精疲労、心労など疲れには様々ありますが、どれも脳の疲れが原因。脳を疲れさせないためには、自律神経への負荷を減らすことが大切。回復させるには、質の良い睡眠が唯一の手段。


藤岡頼光

人生で一番力を発揮できる30代の勝負で勝つためには、20代前半から準備をする必要がある。とにかく「早く準備をした者勝ち」。


ページの先頭へ