名言DB

9419 人 / 110788 名言

ウィリアム・ビリー・ローズの名言

twitter Facebook はてブ

ウィリアム・ビリー・ローズのプロフィール

ウィリアム・ビリー・ローズ。アメリカのユダヤ人演劇俳優、映画プロデューサー。

ウィリアム・ビリー・ローズの名言 一覧

腐食したり、塗り替えが必要なものには決してお金をかけてはいけない。


ウィリアム・ビリー・ローズの経歴・略歴

ウィリアム・ビリー・ローズ。アメリカのユダヤ人演劇俳優、映画プロデューサー。

他の記事も読んでみる

かわぐちかいじ

いま描いているのを最高に面白い傑作にしたいなあと、思いながら描いているんです。


デニス・ウェイトリー

人生は、私たち一人一人が、それぞれの目を通して見ている映画です。そこに何が起こっているかは大した違いはありません。それをどのように受け取るかが重要なのです。


鈴木義幸

行動に向けた変化を起こすためには、「未来肯定形の質問」をすることが必要です。それは、「今日、部下たちに一体感を持たせるために何をしよう」「リーダーとして成長するために5分投資するとしたら、何をしようか」「絶対に失敗しない保証があるなら、何をしよう」といった未来に向けたポジティブな問いかけです。


小笹芳央

あなたは常日ごろから「どうせ」「しょせん」という言葉を口にすることが多くありませんか。こういう言葉を使うことであなたの頭には諦めが定着し、日々が味気ないものになっていきます。ですからまず、この2語をあなたの辞書から消しましょう。一切、口にしないと決めるべきです。言葉は恐ろしいもので、何を口にするかによって思考が左右されます。「どうせ」「しょせん」の代わりに「ちょうどよかった」を使うことで、マイナスの条件も闘志をかき立てる材料にできます。


村尾信尚

一番鍛えられたのは、財務省の課長補佐だった30代の頃です。組織でいえばちょうど中堅クラス。財務キャリアというと、涼しい顔をしてスマートに仕事をこなしているイメージを持たれるかもしれませんが、事実は全く異なります。とくに予算編成期になると、中央官庁は昼も夜もない激務に追われます。


田中優子(江戸文化研究者)

海外は徹底した競争社会で、自己表現が不可欠といわれますが、必ずしもそうでもない側面もあります。本学の卒業生で、ブルッキングス研究所という米国有数の研究所でシニア・ファイナンシャルマネージャーを務める根本亜紀さんという女性がいます。根本さんが競争に関してこのように話していました。「米国の職場はどうしても自己表現が必要です。だけれども相手の立場に立ってモノを考えて、相手を思いやりながらつなげていくことはもっと必要なことなのです。周りには競争するために、自己表現だけしている人が相当いますが、私の強みは周囲の話に耳を傾けることだと気が付きました。日本社会で育ってきた強みを米国の職場で生かしています」、と。


森川宏平

株主、取引先、顧客、従業員、社会のすべてのステークホルダーに満足をしてもらえる会社にしたい。そのために、業績が好調で将来の成長が見えるという理想を目指す。


冨田哲郎

鉄道産業はまだまだ可能性があると思います。ですから、それを実現させるためにもまずは足元を固める。安全や安定、快適な輸送は当然のことですが、それに対する投資や社員に対する働きかけは繰り返し続けなくてはいけない。


田口弘

ビジネスはあくまでビジネスライクに行うべきで、人間関係で商売するのは邪道だというのが僕の持論です。さまざまな人と付き合うことは必要でしょう。しかし、それは優れた人から何かを吸収したり、自分と違う発想をする人から刺激を受けたりするのが目的です。


小山昇

人の成長はすべて模倣から始まるもの。模倣のあとに、自分ならではの強みが見つかる。