名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

ウィリアム・ビリー・ローズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィリアム・ビリー・ローズのプロフィール

ウィリアム・ビリー・ローズ。アメリカのユダヤ人演劇俳優、映画プロデューサー。

ウィリアム・ビリー・ローズの名言 一覧

腐食したり、塗り替えが必要なものには決してお金をかけてはいけない。


ウィリアム・ビリー・ローズの経歴・略歴

ウィリアム・ビリー・ローズ。アメリカのユダヤ人演劇俳優、映画プロデューサー。

他の記事も読んでみる

根本次郎

確かに欧米人から見れば終身雇用という日本的な制度はエキセントリックに映るかもしれませんが、それは短期雇用であるのか、中期雇用であるのか、長期雇用であるのかという違いにすぎません。終身雇用は長期雇用のたくさんある中の一つなんです。


小林吟右衛門(初代)

勤勉に加えて幸運に恵まれることも大事なこととして考えなければならない。ただし、初めから欲にかられて儲けようと思っても無駄であり、何の得にもならない。


北島義俊

戦後、印刷業界では労働運動が激化し、当社も経営を揺るがすほどの状況になりましたが、労使協調を図り、出版物以外の分野に進出しました。この先達の苦労を教訓にして、私は全員一緒に伸びて行こうということを心掛けてきたつもりです。


吉岡俊介

普段の会話では、「ありがとう」という言葉を積極的に使ってみてください。これは感謝の言葉であると同時に、自分の気持ちを肯定的に保つ効果があります。たとえば上司から抑圧的な物言いをされたときも、「嫌なやつだ」と思うと自分のストレスが増すだけなので、「貴重な助言をありがとうございます」と言ってみる。部下に対してつい怒ってしまったときも、「いろいろ言ったけれど、聞いてくれてありがとう」と言ってみる。職場だけでなく家庭などにおいても「ありがとう」と口に出すだけで、自分も相手も心が軽くなるはずです。


寺門ジモン

イケメンじゃないし、面白くないし……才能はゼロだけど、好きなことを「コツコツやる」ことは誰にも負けない自信があるよ。みんなも好きなことをみつけようよ。


御手洗冨士夫

1974年の大不況のとき、私はアメリカで40名を解雇せざるをえませんでした。アメリカなら解雇しやすいだろうと思われるかもしれませんが、実際にやってみると、一生懸命やっていた人たちを解雇することほどつらいことはないと悟りました。あんな思いは二度としたくないと、そのとき誓ったのです。


秋田正紀

上司に聞く前に、自分がその上司だったらどういう答えを出すか、その答えをあらかじめ自分なりに考えたうえで、上司に聞いてみるといいと思います。もし、上司の答えが想定と違っていれば、なぜ違ったのかを考える。私は、阪急電鉄に勤めていた時代から、つねに、そのように考えることを心がけてきました。上司がどう答えるかを思い巡らせることは楽しいですし、なにより自分の勉強になりますね。言われることをただ聞いて、そのとおりにやっているだけでは、何の成長もありません。


鈴木喬(経営者)

新商品で世間をアッと言わせることができれば、「エステー、ここにあり」という存在意義を世の中に示すことができます。逆に他社商品のマネばかりしていたのでは、より確実に売れるかもしれませんが、充実感は弱い。これでは社員のやる気も湧きません。


藤田志穂

私が本格的にギャルに目覚めたのは、高校生のころでした。髪をカラーリングして、世間でいわれるギャルメイクを覚えて、本当に毎日が楽しかったですよ。でも、自分が好きなファッションをするようになると、周りが私を見る目が変わってきて。たとえば街を歩いているだけでオジサンから「いくら?」と聞かれたり、普通にコンビニで買い物しただけで万引きを疑われたり……。世間からそんな偏見の目でみられるたびに、ショックを受けていました。でも、そんな偏見には絶対に負けたくなかった。自分がギャルのイメージを変えてやろうと思い立ち、ギャル革命を始めました。


常盤文克

数を売って稼ぐ大量生産型のビジネスモデルでは中国や韓国には勝てません。大量生産を突き詰めるとコスト削減と効率向上に走らざるを得ず、事業戦略が相似形になってしまい、差異化が難しくなります。いま取り組むべきはビジネスモデルの革新、イノベーションです。


井上智治(コンサルタント)

どんなに優秀な人でも、すべての分野でプロ並みの知識や技量があるわけではありません。また、斬新なアイデアを提案できるセンスも、一朝一夕に身に付くものではありません。以上のようなことを自覚させ、トータルなプランを顧客に提示できるように教育していくとどうなるか。超一流の釣り書きを持ち、最初はプライドばかりが目立った人たちも、やがては周囲と謙虚に向かい合う、真の意味で「仕事のできる部下」に育っていくのです。


正垣泰彦

「この程度の管理ができないような会社ならつぶれてもいい。うちより立派な会社はたくさんあるのだから」と取締役たちには話しました。ありのまま自分たちの非を認めて改善すること、ご迷惑をおかけしたお客様に代金を全額返金すること、私が考えたのはその二点だけです。
【覚書き|中国メーカーに製造委託していたピザから微量のメラニンが検出された問題が発生した当時を振り返っての発言】