ウィリアム・ビリー・ローズの名言

ウィリアム・ビリー・ローズのプロフィール

ウィリアム・ビリー・ローズ。アメリカのユダヤ人演劇俳優、映画プロデューサー。

ウィリアム・ビリー・ローズの名言 一覧

腐食したり、塗り替えが必要なものには決してお金をかけてはいけない。


ウィリアム・ビリー・ローズの経歴・略歴

ウィリアム・ビリー・ローズ。アメリカのユダヤ人演劇俳優、映画プロデューサー。

他の記事も読んでみる

森本千賀子

転職業界では転職の「35歳限界説」というのがありますが、35歳以上でも転職して収入を上げている人は少なからずいます。彼らに共通しているのは、なんといっても、確固たる仕事の実績があることです。ただ、いくら実績があってもそれだけでは弱い。「経験をしてきた事業領域がたまたま成長マーケットで、時流に乗っただけ」とみなされることもあり、高評価の対象になりづらいのです。企業が欲しがるのは、高い仕事の実績を「継続的」に出し続けている人。昨今はマーケットの変化が速く、社内で通用する能力だけで実績を出し続けるのは難しい。逆にいえば、継続して実績を出すことできれば、「どの環境でも成果を出せる普遍的な能力を持った人材」と評価されるのです。


斎藤広達

「気が利かない奴は偉くなれない」とよくいわれます。ビジネスのうえでは、普通の人なら気にしないことを気にしてしまう小心でネガティブな性格の人が有利なのは確かだと思います。


かわぐちかいじ

編集者との打ち合わせについては、僕は、何人かで餅をついて美味しくしていくように、最後まで何回も相談を重ねて漫画を練り上げます。もちろん、編集者にあんまりいろいろ言われたくない側面もあります。不備を指摘されたものの次にいいアイデアが出るとは限らない側面もある。でも、やはり漫画は読者が面白がるべきものだから、読者が一番楽しめるものをとなると、作者一人の欲望は越えなければならない。


原田泳幸

「マクドナルドらしさ」から逸れない範囲であれば、どんどん新しいことにチャレンジしろと社員たちに伝えています。イノベーションは自己否定から始まると思っていますので。


藤田晋

「裏切らない人」を見極める方法もあります。その人の「失いたくないもの」をチェックしてみましょう。何をするか分からない人は、失うものが何もない人だったりしますから、「ここで裏切ったり、逃げたりしたら、もうこの世界では生きてはいけない」という人はある意味、信頼できる。


小林佳雄

右肩上がりの状態を何十年も続けていると、結構疲れます。しかし、その緊張感が切れ、逃げたくなることがあれば、その時こそ私がトップの座を降りる時でしょう。少なくとも今は、まだ右肩上がりの状況を維持するための戦略づくりやアイデアが浮かんでくるので、そのタイミングではありません。


丸山健夫

悪い結果を引きずると、それが影響して次の行動の成功率も下がる。逆に、「これをやると良い」と思い込むことで、次の行動の成功率を上げることができる。


小笹芳央

私はよく、就職や転職の相談を受けます。その際、相談者は大企業に入ることしか考えていないことが多い。経営の安定度や知名度など、単純な尺度だけで仕事を選ぼうとしているからです。しかし、「自分の専門性を生かせるか」「若い社員でも大きな仕事を任せてもらえるか」など、別のものさしを持てば、会社の規模にとらわれず、仕事を選ぶことができます。


真藤恒

初めて米国へ行った時、大変なショックを受けました。米国の生産性は、我が国より数倍も高いのです。当時、我が国の労働者より数倍の人件費を払っているにもかかわらず、製品はかえって安いという理由がわかりました。高い生産性の秘密は、大学卒の技術者が一般の労働者と一緒になって働いていることでした。生産現場の知恵というのは現場で手を汚し、汗を流して初めて本物になってくる。研究所でいくら優れた研究をやろうとしても、手を汚さなければだめです。


木村清

「人に喜んでもらうため」という姿勢を持つと、いい結果につながる。


井上高志

社内にはクレームやトラブル情報といった悪い話は「速攻でもってこい」と伝えてあります。その際、最も重要なのはファクト、事実です。とくにクレームを受けたという場合には、何が事実なのかをきちんと冷静に報告することを求めます。その件について部下がどう考えるか、つまり主観については、事実の報告を受けたあとに話し合っています。


川原礫

スティーヴン・キングは、小説を「鉱脈」にたとえています。どこかに埋まっているものであり、それを掘り当てた人が書いている、という考え方ですね。実は、僕も同じような感覚。『SAO』という世界がどこかにあり、それを覗き見る権利を偶然手に入れたのが僕だった。僕は切り口だけを考え、この世界をみなさんにお届けする。そんなイメージなんです。


小池龍之介(小池龍照)

SNSで承認し合うことでしかつながらない友達とは、本当に大切な友達なのでしょうか? SNSに限らず「空気を読んで皆に合わせる」ことが辛いのは、「心にウソをついている」からです。そしてウソをついてまで守っているのが、じつはたいした人間関係ではないという虚しさです。


宮沢俊哉

働く動機は、最初から大層なものである必要はありません。食べていくためでもいい、彼女といい店でデートするためでもいい。「青年よ、大志を抱け」とは私は言いません。現在のような、夢を持ちづらい時代にはなおさらです。身近で、ときに俗っぽい願いのほうがよほどやる気につながるでしょう。


臼井由妃

コミュニケーションは「相手が8割、自分が2割」と言われます。対面の会話ではこれを意識する人が増えましたが、メールや手紙ではまだ意識が薄いように思います。


ページの先頭へ