名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ウィリアム・ヒューレットの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィリアム・ヒューレットのプロフィール

ウィリアム・ヒューレット。アメリカの経営者。「ヒューレット・パッカード(HP)」の創業者の一人。ミシガン州出身。スタンフォード大学卒業、マサチューセッツ工科大学電気工学修士号取得。スタンフォード大学在学中、デビッド・パッカードと出会う。二人でHPを創業。同社を世界的メーカーに育て上げた。

ウィリアム・ヒューレットの名言 一覧

人間は、男女を問わず誰でも、いい仕事、創造的な仕事をしたいと思っている。それにふさわしい環境に置かれれば誰でもそうする。


ウィリアム・ヒューレットの経歴・略歴

ウィリアム・ヒューレット。アメリカの経営者。「ヒューレット・パッカード(HP)」の創業者の一人。ミシガン州出身。スタンフォード大学卒業、マサチューセッツ工科大学電気工学修士号取得。スタンフォード大学在学中、デビッド・パッカードと出会う。二人でHPを創業。同社を世界的メーカーに育て上げた。

他の記事も読んでみる

藤田晋

短期勝負は結果がすべて。どれだけ入念に準備をしていても、負ければ批判されるし、窮地に立たされる。だからこそ、飢餓感にも似た強い思いが必要になる。


川西勝三

どのような協議でも、監督・コーチは、試合で選手が最高のコンディションになるようになるよう知恵を絞り、ときには厳しく、ときには優しく指導し、腐心します。しかし企業内では、「企業は人なり」と言いながらも、上司が部下を真摯に育成しているとはいえない面があります。ここもスポーツに学ぶ点があると考えています。


井上康生

「開き直り」と「やけくそ」は違います。開き直りには根拠があります。やるべきことをやってきた者がたどり着く境地です。勝っても負けてもいいやという、やけくそとは違います。


勝海舟

藤田東湖は、俺は大嫌いだ。あれは多少学問もあり、議論も強く、また剣術も達者で、ひとかど役に立ちそうな男だったが、本当に国を思うという赤心(嘘偽りのない真心)がない。もしも東湖に赤心があったら、あのころ水戸は天下の御三家だ。直接に幕府へ申しいづればよいはずではないか。それに何ぞや、書生を大勢集めて騒ぎまわるとは実にけしからぬ男だ。俺はあんな流儀は大嫌いだ。【覚書き|藤田東湖は水戸藩の藩士。水戸学学者。幕末の尊王攘夷論に大きな影響を与えた人物】


藤田耕司(経営コンサルタント)

事業承継を困難にしている公欲の部分では、「社長を任せられるほどの人材がいない」という考えから決断できなくなる。無理やりにでも自分が辞めてしまうと会社が駄目になってしまう、大事にしてもらってきた顧客に迷惑が掛かってしまうと。その結果、「辞めたいけど、辞められない」「自分は辞めちゃいけないんだ」という気持ちになってしまう。


澤田秀雄

世界中を見てみると、冬でも多くの人を集めているイベントはたくさんある。フランスのリヨンでは、4日間で400万人もの人が集まるライトアップイベントがあると知り、早速現地へ見に行きました。そして我々もこの企画にチャレンジしようと決めました。


大澤道雄

変化を起こすための社内改革の一例がセクショナリズムを排し、ブランド間の交流を促すことです。昨年には全ブランドの課長以上が参加する営業会議を開催しました。また、支店の営業や企画の担当者を生産工場や素材メーカーに見学に連れて行くようにしています。ここでも全国から様々なブランドの担当者が集まり交流ができます。23ブランド横断で、デニムのキャンペーンも実施しています。


岩崎日出俊

投資を考えるうえで大切なのは、目的を明確にすることです。たとえば、老後資金を貯めたいなら、40歳でもまだ30年ほどありますから、ローリスク・ローリターンの投資手段でコツコツ貯めれば十分。高いリスクを取る必要はありません。


家入一真

基本的に僕は怒らないんです。だって、逆に殴られたりしたら怖いじゃないですか(笑)。どうしても必要なときは、別の幹部に怒り役を頼んでいます。でも、会社全体が緩い雰囲気なので、怒ること自体が少ないと思います。部活にたとえるなら、体育会系ではなく、帰宅部系なんです。


数土文夫(數土文夫)

「総務の仕事は定量化できない」という反論が返ってきたことがあります。しかし、たとえば総会担当だったら、来場者に満足度調査を実施し、進行や質疑内容などを5段階評価してもらえば定量化できます。「総務だから」は言い訳にすぎません。


小島貴子

現存する職業が今後も存続するとは限らない上に、新たな職業も続々と誕生する中で、既存の職業を念頭に置いてキャリア設計を立ててもあまり意味を持たない。


鬼頭周

当社は農業IoTソリューション「e-kakashi」を提供開始しました。新規就農者の獲得を目指す導入先が増えています。熟練農家の感覚を数値化することで、若手の農家にも分かりやすく栽培のノウハウを伝えることができるようになりました。