名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウィリアム・ハルゼーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィリアム・ハルゼーのプロフィール

ウィリアム・ハルゼー。アメリカの軍人。中将。日本軍とのガダルカナル攻防戦を途中から指揮し、米国を勝利に導いた。「キル・ジャップ」を口癖とする過激な人物だったが有能な指揮官として知られている。

ウィリアム・ハルゼーの名言 一覧

お前たちが争いを起こすことがあれば、その場で軍服を脱がせるぞ。
【覚書き|ガダルカナル攻防戦の司令官に抜擢された時の言葉。当時ガダルカナルでの日本軍との戦闘は膠着していた。さらにアメリカ陸海軍の仲が悪く、失敗を擦り付け合うような状態になっていた。ハルゼーは陸軍海軍の責任者を呼び、上記の言葉を発した】


ウィリアム・ハルゼーの経歴・略歴

ウィリアム・ハルゼー。アメリカの軍人。中将。日本軍とのガダルカナル攻防戦を途中から指揮し、米国を勝利に導いた。「キル・ジャップ」を口癖とする過激な人物だったが有能な指揮官として知られている。

他の記事も読んでみる

重永忠

社員全員の顔と名前を覚えるのは、人を大切にする企業であることを、社員に伝えたいから。社員と同様、一人ひとり違った背景と要望を持つお客様に、マニュアルどおりの一律な対応をしてほしくない。その想いを伝えるためにはやはり、トップ自らが実践することが重要だと思います。私の行動を通して、心のこもった接客の重要性を知ってほしい。


佐々木かをり

私は「悩み」という言葉は使いません。「解決しないもの」という印象が前面に出て、気持ちが暗くなるからです。ですから、言葉にする必要があるときは「課題」と言っています。これなら「解決するべきもの」という印象になって、対処する気力がわいてくるでしょう。


富田直人(経営者)

起業してから苦労の連続でした。実は今までに撤退した事業はいくつもあります。


村田昭治

いま経営が取り組まねばならないのは、必ずしも格好のいい、大きなプロジェクトに限らない。むしろ勉強会、ワークショップをどんどん立ち上げることだ。社内で手を挙げ、俺がやるんだという意欲に満ち、好奇心と起業家精神に燃え、へこたれず、あきらめず、突き進み「何か」を創りあげていく集団だ。


田中優子(江戸文化研究者)

法政大学がまずもって守るべきは、法政が持つ「自主性」です。法政大学憲章では、それを「自由」と表現しています。ただ、この自由は「状態」ではなく、「活動」としての自由です。状態としての自由は、のんべんだらりとだらけていてもいい、どんなふうに過ごしてもいい、ととらえられがちです。そうではなく、自分の意見を持ち、決断し、行動していく。そうした「活動する自由」が大切だと考えています。自主性、あるいは自由というのは法政の伝統で、これは守り続けないといけない。


金川千尋

経営者に必要な資質は、「現状を正しく認識できる判断力」と、「将来の姿を洞察できる先見性」、「現状を将来の姿に導く執行能力」です。執行能力がなければ進む方向を間違えます。そして他人を陥れたり策略を弄することなく真正面から戦うことです。


中山マコト

商品やサービスの情報をチェックするのではなく、なぜお客はその商品を買ったのか、なぜ買わなかったのか、店員の対応はどこが心地よかったのか、逆にどこが不愉快だったのか。プラス面もマイナス面も、ポジティブもネガティブも含めて、人の気持ちを集めることがネタのストックになります。


中村友哉(経営者)

ビジネスという観点では、アップルのようなケースを目指しています。アップルは端末とOSが普及したことで、多くのアプリがリリースされました。同じように、私たちがプラットフォームを作り、それを利用したいと思う企業や個人が乗ってくるビジネスモデルを作りたいです。


イビチャ・オシム

アイデアの無い人間もサッカーはできるが、サッカー選手にはなれない。


岡本正善

潜在意識をポジティブにするには、まず「目標を脳に刷り込むこと」が大切。目標があれば、失敗をポジティブに捉えられるようになります。つまり、失敗を「目標達成のための一つの糧」と考えるようになるのです。すると、ネガティブな気持ちが消え、潜在能力を発揮しやすくなるのです。


今井登茂子

相手は、こちらの仕草や表情、声を敏感に読み取りながらこちらが発する言葉に心がこもっているかどうかを判断します。それが「印象」というもので、好感を持たれるかどうかは、その印象の積み重ねで決まってくるのです。


大川隆法

自分の数分の一程度しか仕事ができない人であっても、そういう人たちを集めて仕事をさせることによって、自分の時間を増やす必要がある。そして、他の人の時間や、体力、能力、智慧を借り、自分一人で仕事をするよりも大きな成果をあげる必要がある。これが経営の基本的な考え方。