ウィリアム・ハルゼーの名言

ウィリアム・ハルゼーのプロフィール

ウィリアム・ハルゼー。アメリカの軍人。中将。日本軍とのガダルカナル攻防戦を途中から指揮し、米国を勝利に導いた。「キル・ジャップ」を口癖とする過激な人物だったが有能な指揮官として知られている。

ウィリアム・ハルゼーの名言 一覧

お前たちが争いを起こすことがあれば、その場で軍服を脱がせるぞ。
【覚書き|ガダルカナル攻防戦の司令官に抜擢された時の言葉。当時ガダルカナルでの日本軍との戦闘は膠着していた。さらにアメリカ陸海軍の仲が悪く、失敗を擦り付け合うような状態になっていた。ハルゼーは陸軍海軍の責任者を呼び、上記の言葉を発した】


ウィリアム・ハルゼーの経歴・略歴

ウィリアム・ハルゼー。アメリカの軍人。中将。日本軍とのガダルカナル攻防戦を途中から指揮し、米国を勝利に導いた。「キル・ジャップ」を口癖とする過激な人物だったが有能な指揮官として知られている。

他の記事も読んでみる

三木雄信

計画が予定通り進まないことも多いはずです。その場合には改めて計画を見直してもいいのです。ただし、見直しにあたっては、計画をできる限りブレイクダウン(細分化)し、目標達成に向けた具体的な方策を明確にすることが大切です。


森章(経営者)

日本は経験者を重視してしまう傾向がありますが、機械の進歩は飛躍的に進んでいます。経験や、今あるものから積み上げて発想しても、あっという間に陳腐化したり、時代に不適合となる可能性が高い。


梁瀬行雄

情報の与え方を制限することで、分担統治のようなマネジメントを試みる人もいますが、それはあまりに狭量な考え方で、結果的に組織の活力を弱めてしまうだけです。


山崎将志

多くの人が「やる気が上がれば業績が上がる」という図式に囚われすぎています。ビジネスとは、本来、顧客に商品を届けて利益を得るという物理的な流れであり、精神的な要因が入る余地は実はそれほど多くありません。やる気は業績アップの結果ではなく、むしろ結果でしょう。とすると、業績を上げるノウハウや、効率的な仕事の進め方を最初にしっかりと構築することが、やる気を高めるためには最も効果的なのではないでしょうか。


戸塚隆将

子供にやる気を出させるために、親は褒めたり、励ましたりするものですよね。ならば同じように「自分になんと言ってやればやる気になるだろう」と考えてみたらどうでしょうか。私の場合は「自分を褒める」ことでモチベーションを意識的にコントロールするように心掛けています。


立石剛

40代は社外で得た情報を仕事に活かしやすくなる年代。若いうちは、有力な情報を運良く入手できても、なかなか活かせる機会がありません。なんとか活かそうと思っても、影響力が足りないために、せっかくのアイデアが潰されてしまうことも多いでしょう。しかし、40代にもなると社内でそれなりのポジションに就いていることも多く、決裁権も持っています。自分の責任でゴーサインを出せるので、情報を仕事に活かしやすいのです。


手代木功

私は、勉強と仕事の共通点は3つあると思っています。いずれも基本は「やりたくないこと」ですから、本人が納得して動かない限り身に付きません。覚えることは年を経ることに指数関数的に増えていく。結果を出せるかどうかは、自力で考える力がカギを握る。ということです。


野村修也

井戸端会議や居酒屋での会話といった、その場限りのうわさ話や経験談。これが一瞬にして世界中に広まるのがSNSです。


野村克也

プロというのは、野球選手として当たり前のことを当たり前にする力を持つ者のこと。あるいは素人では難しいことを、あたかも簡単なことのようにこなせる人間のこと。


枡野俊明

執着には終わりがありません。お釈迦様が亡くなられる前に説かれた説法をまとめた『遺教経(ゆいきょうぎょう)』というお経に「知足(ちそく)」ということが説かれています。どんなに裕福な環境でも満足を知らなければ満たされない。地面に伏したような生活をしていても、これで充分だと感じることができれば、幸せを感じられると。


間寛平

いまでも、走るなんて、好きやないですよ。しんどいもん(笑)。ただ、地球を走って一周するなんて、考えただけでもワクワクするやないですか。誰もしないから、しんどくても楽しいんです。


進藤貞和

能力があっても一人の人に何もかもやらせるのは無理ですから、企業活動の様々な領域で、できる人をたくさん養成する。そのためには思い切って任せることで、失敗してもやかましくしかってはいかんのであって、そこで親切に教えるのがコツです。そうしてこそ、企業の活性化が達成できると思うのです。


出口治明

努力をすれば必ずその分報われるといった幻想を持ちすぎてはいけません。厳しい言葉かもしれませんが、それが事実であることは歴史が証明しています。いつの時代も人間の努力の99%は徒労に終わってきました。しかし、努力をやめなければ、人生には1%の可能性は常に用意されているのです。


三木谷浩史

ブレークスルーを起こすには100%の力ではだめで、120%出さなくてはいけない。それをやれるかどうかという差は大きいと思います。ひとつ言 えるのは、頭を使って、成功するまでやり続けることだと思います。それには自分のエネルギーレベルとゴールへの執着心が必要なんだと思いますね。


田村哲夫

「それが必要だ」と自分で気づける環境と、独自に確立した勉強法があれば、自ずと力はつく。


ページの先頭へ