名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウィリアム・ハズリットの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィリアム・ハズリットのプロフィール

ウィリアム・ハズリット。イギリスの作家・画家・哲学者。エッセイや文芸批評で高い評価を得た。19世紀の作家に多くの影響を残す。代表作に『英国詩人論』『シェイクスピア劇の人物』『円卓』『英国滑稽作家論』など

ウィリアム・ハズリットの名言 一覧

人間はおべっかを使う動物である。


幸運は偉大な教師である。不運はそれ以上に偉大な教師である。


ウィリアム・ハズリットの経歴・略歴

ウィリアム・ハズリット。イギリスの作家・画家・哲学者。エッセイや文芸批評で高い評価を得た。19世紀の作家に多くの影響を残す。代表作に『英国詩人論』『シェイクスピア劇の人物』『円卓』『英国滑稽作家論』など

他の記事も読んでみる

山田義仁

利益はそこそこ出してきたので、社内に危機感が薄い。経営環境の変化はどんどん激しくなっています。乗り遅れると、いつどうなるか分かりません。そこでもう一度、高い目標を掲げてチャレンジし、意識改革を進めたい。これが10年ビジョンに込めた思いです。


出雲充

やるべきことはむしろ、失敗しても再チャレンジできる環境を整えること。そして、起業しようとする若者に余計なアドバイスをして志をくじくようなことをしないこと。


森本智子

インタビューのとき、たくさんの準備はしつつも、相手に対面するときは、まったく頭の中をゼロの状態にして話を聞くようにします。自分の中で結論を持ちながら話を聞いていると、頭に入ってきませんから。


理央周

睡眠時間が3~4時間しかとれないと、どうしても昼食後の会議などでウトウトしてしまう。そんなときは、ランチタイムに15分ほど昼寝をすれば、効率的に仕事をすることができます。


野村克也

一方的に口にするだけでは意味がない。そこで使ったのが「問いかけ」だ。「おい、人間とは、何や?」「生きる、意味を答えてみい」すぐさま答えが出る選手などいない。考えてないからだ。しかし、こうして問いかければ考えざるを得ない。ひとりに問いかければ、自然と周りも考え始める。それが狙いや。


竹中平蔵

戦略は細部に宿る。逃してはならないキーポイントが小さな問題の中に眠っていることがあるため、そうした細部から万全にしていく気持ちが重要。


水原弘

自慢するわけじゃないけれど、俺はおごり酒は絶対に飲まなかった。人の金で飲む酒は絶対美味くないよ。どんなに苦しくてもいいカッコする。それが俺の身上だったんだ。それで残ったものは人間関係だけ。人間関係は俺の財産だったと思うよ。


北上弘明

現在、自分の成功モデルの正しさを証明するために、中小企業の経営コンサルティングも手がけています。自分が考えたことをすぐに実現できるのは起業したからこそですし、多くの経営者に頼りにしてもらえることが、今ではお金以上のやりがいになりました。


木村達央

当時、東京・渋谷の街頭では、バブル期のようにブランド品をありがたがって着ている女性はほとんどいませんでした。であれば、より彼女たちの価値観を理解した人間に、ブランド運営を任せるべきだ。そう判断し、当時まだ20代後半の青年に託しました。顧客に最も近い社員にブランドを任せたからこそ、20年以上若者を相手に商売ができたのだと実感しています。


高原豪久

シェアについて語るのも、中国やインドのような成長市場においては、あまり有用ではないと思っています。今の段階では、マーケットサイズをいかに大きくしていくのかということが重要です。中国の母親の紙おむつ使用枚数は、日本の母親の3分の1程度。まだ紙おむつを使っていない層が全体として7割近くも存在するのです。そこをいかに健全に開拓していくのかということの競争なので、これはむしろユニ・チャーム1社でやるよりも、全体で大きくしていく方がいい。ステージとしてはゼロサムの競争よりはプラスサムの競争をしているつもりでいます。


外山滋比古

不要なことはどんどん忘れて、それでも自分の中に残っている知識だけが、判断を助けてくれます。いろいろな新しいものを考える原動力になります。ですから価値のあるものの考え方、判断力、創造力、そういうものをつくるにはまず頭の中にたくさん入っている、有象無象の知識を忘れることから始まるんです。


大崎洋(大﨑洋)

こういう、業際というか、業界と業界の境目がなくなりつつあるような時代ですから、きちんと線を引こうとするのではなく、むしろいろんなものを放り込んで、雑多なものが竜巻のようにこんがらがりながら昇っていくイメージ。そういうものが、企業にしろ、組織にしろ、劇場にしろ、映画祭のようなイベントにしろ、場の在り方として一番いいのだと思います。そういう場から、楽しくて、面白くて、いままで想像もできなかった新しいものが生まれてくるんです。