名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウィリアム・デュラントの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィリアム・デュラントのプロフィール

ウィリアム・C・デュラント。米国大手自動車メーカーのゼネラルモータース創設者。フォードとともに自動車王と称えられた人物。高校を中退して馬車メーカーを設立する。スプリング・サスペンションを馬車に取り付け好評を博し、20代で全米ナンバーワンの馬車メーカーに育て上げた。その後、時代を先読みしGMを設立し米国最大の自動車会社へと成長させた。

ウィリアム・デュラントの名言 一覧

多少の間違いなんか忘れろ。失敗も忘れろ。自分がいま、これからしようとしていること以外は全部忘れてやろうじゃないか。


ウィリアム・デュラントの経歴・略歴

ウィリアム・C・デュラント。米国大手自動車メーカーのゼネラルモータース創設者。フォードとともに自動車王と称えられた人物。高校を中退して馬車メーカーを設立する。スプリング・サスペンションを馬車に取り付け好評を博し、20代で全米ナンバーワンの馬車メーカーに育て上げた。その後、時代を先読みしGMを設立し米国最大の自動車会社へと成長させた。

他の記事も読んでみる

長谷川武彦

最近は、トレンドに敏感、環境変化への即応、といったことが重要視されています。これも正しいとは思いますが、一方でひとつの志、価値観に長期間こだわる姿勢も忘れてはなりません。個性や本物は長いチャレンジが育むものだと思います。もちろん、ただ闇雲に突き進めばよいというものでもありません。一歩後退二歩前進と失敗を生かすには、迅速な後退の判断も必要です。


千玄室(15代目)

茶道がなぜ500年も続いてきたか。それは、世の中の役に立つものだったからでしょうね。役に立たなければ、とっくの昔に消え去っていると思います。


長谷川慶太郎

本業一筋に技術の開発と生産者の合理化で飯が食える時代は終わったということを私は言いたい。とくに技術系の経営者にはその本業主義が根強くあるが、そうであっても投機を異端視してはいけない。財テク、投機を企業経営の邪道と考える経営者はもはや化石人間。大波に乗らなければ倒産か世捨て人になる。


澤田秀雄

創業者は「病気」みたいなものだから、完全にやめることはないだろう。一歩下がって、何かあったときには相談に乗る。だから創業経営者の後継者は苦労すると思う。ただ、創業者も体力と知力は落ちてくるので、若手に譲っていくべきだろう。


山田隆持

世の中にデッド・エンドはないんです。完全な袋小路に陥っても、努力を続けていると環境の方が変化してきて、必ず光がさしてきます。その光に向かって歩き続ければいいのです。


西川光一(経営者)

創業者や企業家は特殊能力の持ち主だと思います。社長を出来る人が100いたとすると、起業できる人はその中では2割3割ほどです。


国吉拡

「この件は前に相談したかも」と思っても、疑問や迷いがあるなら、たとえダブっても報告・連絡・相談すべきです。


飯塚悟志

芸人を目指すような人間は集中力ないですよ。楽しそうだからって入っちゃうぐらいだから。集中して人生のことを考えてない。


吉川英一

投資では会社員のメリットを存分に使うべき。会社員のメリットとは「信用」。会社をやめた途端に、社会的な信用が激減します。お金を借りるのも苦労するでしょう。不動産投資などでお金を借りる場合は、辞める前に借りるのが鉄則。くれぐれも「辞めてやる!」と短気を起こさないよう注意ください。年収の5~6倍のお金なんてフリーになったら絶対借りられませんから。


猪瀬直樹

怒りが心の奥にたまると、判断が狂ってミスはするし、仕事なんかどうでもよくなるし、いいことなど一つもありません。では、こうしたマイナスの感情はどう処理すればいいのか? まず心がけたいのは、自分でコントロール可能なものと自分ではどうしようものないものの切り分けです。自分で制御できないことに「なぜだ!」と憤ってもムダ。徒労感に苛まれるだけ。イヤなことや腹が立つことが起こったら、自分の力でコントロール可能な部分だけにエネルギーを注ぐのが正解。


茂木健一郎

創造のためには、側頭連合野の素材が、前頭葉に引き出され、活用されなければならない。そのためには、前頭葉を中心とする、意欲の回路が十分に働かなくてはならない。


島田昭彦

毎日の生活で見て聞いて感じたことを、「ワンフレーズ」で書き込む癖をつけています。雑誌の仕事では、スポーツ選手の心理状況や、ひとつひとつのプレーの意味について、言葉で表現するのが仕事でした。地域活性の活動も同じで、生活者として「こんなモノやコトがあればいいな」という感覚を、ワンフレーズの言葉にする。それが、企画を成功させるひとつのコツだと思っています。