名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウィリアム・チャニングの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィリアム・チャニングのプロフィール

ウィリアム・チャニング。アメリカの歴史家。ハーバード大学でヘンリー・アダムズに学ぶ。アメリカ歴史協会第一回大会で『イギリス植民地におけるタウン・群政府』を発表。教職をしながらアメリカ合衆国史の執筆を行う。二十余年の歳月をかけ6巻『南部独立のための戦争』まで出版。7巻執筆中に志半ばでこの世を去る。

ウィリアム・チャニングの名言 一覧

間違いと失敗は、我々が前進するための訓練である。


ウィリアム・チャニングの経歴・略歴

ウィリアム・チャニング。アメリカの歴史家。ハーバード大学でヘンリー・アダムズに学ぶ。アメリカ歴史協会第一回大会で『イギリス植民地におけるタウン・群政府』を発表。教職をしながらアメリカ合衆国史の執筆を行う。二十余年の歳月をかけ6巻『南部独立のための戦争』まで出版。7巻執筆中に志半ばでこの世を去る。

他の記事も読んでみる

柳川範之

専門用語を覚えるときは、そのまま覚えようとしてもダメ。なぜそういう名前がついたのか、なぜそういうルールが生まれたのかという、理由や背景、つまり物語を知っておきましょう。印象に残るので、覚えやすくなるはずです。


尾崎健一(尾﨑健一・臨床心理士)

正当に評価されていないと感じたら、まずは自分が会社に対して「評価に値する貢献」をしているかどうか、考えてみてください。組織に貢献していないのに、「上司の好き嫌いや評価能力」のせいにしている人が多いんです。


ウィリアム・ウェルドン

短期的な目標だけを追求せずに長期的な視野を持って経営してきたことが、75年連続の増収という長期にわたる成長につながっているのです。


亀井正夫

長所を見て配置する。責任をとる決断が部下を動かす。部下の家族関係を知る。公私の別は率先垂範する。常々現場の状況を把握する。


森川亮

大企業同士のビジネスだと、1つのプロジェクトに携わる担当者の人数が多く、キーマンが分かりにくいケースがあります。社内向けのプレゼンでも、派閥がいくつかあるようなら要注意。ある派閥の人が提案すると、敵対するこちらの派閥の上層部が必ず潰す、といったことがある。プレゼンの前に、誰がキーマンで、どういう派閥があるか、探りを入れ、情報を仕入れておくことが大事。


木村尚敬

部下がごまかしをしたときは、徹底的にやりこめていい。ただ、怒りの感情を爆発させるのではなく、ロジカルかつ冷静に指摘することが原則だ。感情むき出しで怒ると、部下は恐れを抱くかもしれないが、畏れにはつながらない。それより水も漏らさぬ論理で、グウの音も出ないほど凹ませるべきだ。


永守重信

定着率が高いことがいいわけではない。競争原理を働かせて負けた人間は去っていく。それくらいでないと人は育ちません。時には落とすことも必要です。それが強い人間を育てることになります。全部温存しては周りも小さい人間になってしまいます。


高岡浩三

私は30歳で部長になったため、早い時期からスイス本社の外国人たちと直接議論する機会に恵まれた。しかし、矢継ぎ早に浴びせられる質問に対し、論理的な答えを返して相手を納得させるのはとてつもなく難しい。当初はこうした質問にすぐには答えられず、何度も悔しい思いをした。だが、元来負けず嫌いの私は、一つひとつの質問について考え抜き、必ず答えを出すようにした。


宮﨑吾朗

日本人はあまり過去を語らなくなってしまいました。昔ならば大家族で、先祖のルーツなどを語る人がいた。そのルーツの中で自分が生きていたんです。いまは個人がバラバラで、ルーツを受け継がない。そうすると、自分が自分としてここにいるという感覚しかない。これは現代の人が精神的な不安を抱える原因のひとつではないかと思います。


鈴木修

民間企業の社長の任期は少なくとも5年か7年くらいにしたほうがいいんじゃないかなあと思いますよ。長期方針を考えていくことが民間では重要ですから。よほど慎重に考えながら10年先を読める人、10年計画を立てられる人がいいんじゃないでしょうか。その意味では任期にはこだわらないということでしょうね。


土井英司

著者の体験や思想がどこにもない、借り物の言葉で書かれた本以外ならとにかく多読することをお勧めします。たとえば、誰か1人に忠告されただけでは動かないが、3人に同じことを言われれば自然に行動できる。そんなことがあると思うのですが、本も同じだと思います。たくさん読んではじめて共通点や相違点があることが理解できます。自分にとって本当の実のある知識になるのではないでしょうか。


孫崎享

相手に期待どおりに動いてもらうには、まずこちらから相手の期待を叶える必要がある。外交でも普段の入づき合いでも、その要諦は変わりません。