ウィリアム・チャニングの名言

ウィリアム・チャニングのプロフィール

ウィリアム・チャニング。アメリカの歴史家。ハーバード大学でヘンリー・アダムズに学ぶ。アメリカ歴史協会第一回大会で『イギリス植民地におけるタウン・群政府』を発表。教職をしながらアメリカ合衆国史の執筆を行う。二十余年の歳月をかけ6巻『南部独立のための戦争』まで出版。7巻執筆中に志半ばでこの世を去る。

ウィリアム・チャニングの名言 一覧

間違いと失敗は、我々が前進するための訓練である。


ウィリアム・チャニングの経歴・略歴

ウィリアム・チャニング。アメリカの歴史家。ハーバード大学でヘンリー・アダムズに学ぶ。アメリカ歴史協会第一回大会で『イギリス植民地におけるタウン・群政府』を発表。教職をしながらアメリカ合衆国史の執筆を行う。二十余年の歳月をかけ6巻『南部独立のための戦争』まで出版。7巻執筆中に志半ばでこの世を去る。

他の記事も読んでみる

古出眞敏

最近注力している給与サポート保険。就業不能になった際に給付金が受け取れる商品で、病気の治療は終わったけれど、その後も働けないというリスクに対応しました。これまでカバーされていなかった分野ですが、自分らしく生活を続けるためには必要な保険だと判断し、販売しています。


星野佳路

若い人たちが発想するアイデアには、私たちの世代の感覚からすると「違うんじゃないか」と思うものもあります。しかし、やってみると意外に顧客に好評であることが多い。


経沢香保子

日頃から社員のコンディションによく目を向けるべきですが、社員数が増えてくると、それには限界があります。自分の情報を明らかにすることで、社員のほうから歩み寄れる環境を作るよう心がけています。


南場智子

事業の成否や組織の発展に向けて最も重要なのは人材だと確信しています。でも、会話や意識がコト(事業・仕事)でなくヒトに集中すると内向きな組織になってしまうというパラドックスがあります。そもそも会社はコトをなすためにチームを組成しているわけで、経営者もコトを成し遂げるためのリーダーにすぎないのだから、コトに集中し、ヒトマターもコトを成すための文脈で対処することですがすがしい組織を築くことができると思います。


南原清隆

できるだけリラックスできる空間を作っておいて、本番へ入って行く。番組が成功するかどうかはその空気作りが7割、本番が3割ぐらいですから。


稲盛和夫

現在は過去の努力の結果であり、将来は今後の努力で決まっていきます。だから、経営者は一瞬たりとも気を緩めてはいけない。


齋藤勇(齊藤勇)

出世したいと思っているなら、40歳までに部長になるというように具体的な目標へと落とし込み、それを実現するために必要な行動を計画してみることです。計画を頭の中で思い描くだけではなく、書き出すことでいままで目をそむけていた現実的な課題を否が応でも意識するようになります。


豊田義博

指示待ち志向の若手社員は、決して手抜きをしようとしているわけではなく、仕事ぶりを見ると非常にまじめで丁寧だ。欠けているのは、「対話」だ。その仕事が、会社の事業の中でどんな役割を担っているのか、社会にどんなインパクトを与えているのかという、社会的意義や文脈を、時間をかけて丁寧に伝えていく必要がある。「君は全体像の中で、重要な役割を担っている」「君がこの仕事をすると、こんな人がこうして喜ぶ」という、本人を主語・主役にしたストーリーを創り出すのだ。


中川政七・13代目(中川淳)

筋のいい物語は、人に話しやすく面白いもの。共感したりファンになってくれたりする物語が、商品にとって決定的に重要になる。


弘兼憲史

目の前のことを一生懸命やり続けることで経験値が積み上がり、仕事の質も高めていける。


小堀秀毅

エレクトロニクス事業で部長をやっていたとき、携帯電話の通信用デバイスに問題が見つかり、発売直前の機器を全部回収し、徹夜で交代しながらチェックした。対策品をつくって何とか発売につなげ、組織の代表として交渉したが、億単位のクレーム補償になった。社内で了解を取るのにも苦労したが、それによってお客様から信頼され、継続して新しい製品の開発にあたることになった。


小林喜光

親に今必要なのは競争社会という現実に立ち向かい、必死に働くことではないでしょうか。その姿や雰囲気から子供は多くを学ぶと思います。親が懸命に働いていないのに、その子供は必死に学ぶのでしょうか。働き方改革によって無駄な仕事を削り、生活を充実させる意味はあると思います。ただ、働く意欲や体力がある人にまで無理にブレーキをかけることは、一種の教育的な効果を奪うことになりかねません。


坂本光司

一つ忘れてはならないのは、制度だけでなく組織風土の改革にも目を向けることです。言うまでもなく、どんな優れた制度も使われなければ意味がありません。経営者の中には、「うちの社員は、有給を取れと言っても休まない。仕事が好きなんです」という人がいます。本当にそうでしょうか。多くの場合、単に「休みづらい空気」が社内に漂っているだけです。制度をいかに実効性のあるものにするか。その雰囲気づくりもリーダーの重要な役割です。


松尾貴史

核の部分を読むと、著者のことがわかった気になるでしょう。気になるだけでいいんです。他人の頭の中なんてわからないんですから。


岩切章太郎

私は最悪のところに腹を据えていたから、何が起ころうとそれほど心配はなかった。そして一生懸命に工夫した。私があの難関をとにかくやり抜きえたのは、このためだと思う。
【覚書き|日向中央銀行の破たん後の難しい整理を成し遂げたことを振り返っての発言】


ページの先頭へ