名言DB

9490 人 / 112001 名言

ウィリアム・ジェームズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィリアム・ジェームズのプロフィール

ウィリアム・ジェームズ、アメリカプラグマティズムの代表的な心理学者・生理学者。哲学者。感情が変わるのは、身体的な変化が起きた後だという研究成果を発表する。日本の哲学者西田幾多郎や夏目漱石に影響を与えた人物としても知られている

ウィリアム・ジェームズの名言 一覧

悲観主義は弱さを招き、楽観主義はパワーをもたらす。


習ったことを一生忘れない人間は、仕事を必ずやり遂げ、一生向上を続ける。


苦しいから逃げるのではない。
逃げるから苦しいのだ。


人間は、描いた夢より大きな夢を実現することは出来ない。


心理学における法則を一つ挙げる。自分がこうしたいと思う映像を頭に思い浮かべ、その映像をずっと抱き続けていると、じきに考えていた通りのことが起きるものなのだ。


我々は泣くから悲しい、殴るから怒る、震えるから恐ろしいということであって、悲しいから泣き、怒るから殴り、恐ろしいから震えるのではない。


生物学的に考察すると、人間は最も恐ろしい猛獣であり、しかも同じ種族を組織的に餌食にする唯一の猛獣である。


ウィリアム・ジェームズの経歴・略歴

ウィリアム・ジェームズ、アメリカプラグマティズムの代表的な心理学者・生理学者。哲学者。感情が変わるのは、身体的な変化が起きた後だという研究成果を発表する。日本の哲学者西田幾多郎や夏目漱石に影響を与えた人物としても知られている

他の記事も読んでみる

早河洋

キラーコンテンツを生み出すという意味で言うと、私が関わった『ニュースステーション』はスタート時の視聴率が8~9%で、「社運をかけたプロジェクトとしては失敗だ」と言われていました。ところが、3年目くらいから年間平均視聴率が16~17%になっていました。開始当初から当たるまでの「戦いの苦しさ」というのが、ものすごくあるんです。


渡辺淳一

男というのは、振られて当然なの。「男は振られて元々なんだ」という考えをもたないと。そして振られたら、また次へいけばいいんだよ、気持ちを切り替えて。


井上公造

情報が集まってくる、そして正確な情報を流してくれる。そんな人間になるための秘訣は、レスポンスを早くすること。たとえば、電話にすぐ出る。メールやラインはすぐに返す。僕の場合、電話を取り逃すとそのネタがほかの人にまわされてしまう可能性があります。つまり、電話に出ないとスクープを逃してしまう。だから、電話は急いで出る。仕事で出られなかったときも、可能な限りすぐに折り返します。日常の何気ないやりとりでも、普段からレスポンスを早くしておいて、「あの人は電話をかければすぐに出る」と印象付けておくのです。


三浦善司

フランスでの社長時代、日本人は私だけ。フランス語を必死に覚え、下手でも話していました。その時から電子辞書を使い始めています。もう3台目ですね。正しい発音を理解したかったので音声で読み上げる機能付きを買いました。スピーチが多いので、出張時は必需品です。胸ポケットに忍ばせて、さっと取り出し発音を確認できるところが気に入っています。


山元賢治

当事者意識をきちんと持つことが大切。これは日本全体を復活させるにも必要だ。人のせいにする狭い価値観が横行しているが、それではダメだ。


田崎正巳

経験していないことにはどうしても心が残ってしまいますからね。「俺、本当はこれをやりたかったんだよな……」というように。


エレノア・ルーズベルト

落ち込んだ時にこそ、私は仕事に出る。


ダン・ケネディー

企業の業績を判断する基準は同じだ。売上高や市場シェア、利益率、収益の伸びがその基準となる。しかし、私は以前から別の基準を唱えてきた。私は、長期利用の顧客やリピーターの確保をもっと重視すべきだと考えている。顧客ロイヤリティ(顧客の愛着度)を高めることを最優先に経営を行えば、売上高アップなど経済的な目標もおのずと達成できる。


波戸内啓介

40代後半~50代の転職市場がもっと流動化してほしいと願っています。大手企業の優秀な人がチャンスに恵まれないのであれば、中堅・中小で経営に携わった方がいい。


古舘伊知郎

今でこそ苦労は買ってでもやろうと勧めておりますが、中学の時には、マラソン大会を逃げようとした経験があります。当時、太っていた僕は「どうせビリになる。かっこ悪いし、女子の前で恥をかきたくない」と敵前逃亡を企んだのです。その僕に、親父は「絶対出ろ」とも「出なくていい」とも言わなかった。フンと鼻で笑って「まあ、アゴを上げるなよ」と言ったんです。アゴを上げるとは「音を上げる」って意味ですね。そう言われた僕は、バカにしやがって見下すなとイラッとしました。同時に、逃げようとしたこと自体を叱るでもなく、うまくかわしてくれたのがありがたいとも思いました。それ以来、「アゴを上げない」が、僕の信条になったんです。


野地彦旬

逆境のときこそ、聖域をなくすことが必要。しがらみなどを理由に変えられなかったことを、思い切って改革する好機にしていかなければいけない。


鳥塚亮

私がしたのは、お客様に喜んでいただけるように、サービスをフレキシブルに変えたり、物販をしたり、イベントを企画したり、ということです。これは、商店街の人たちやスーパーマーケットなど、世の中で商売をしている人ならみんなやっていること。つまり、「安全に走らせてさえいればいい」という旧国鉄の体質を、民間企業の体質に変えたのです。