ウィリアム・ジェニングス・ブライアンの名言

ウィリアム・ジェニングス・ブライアンのプロフィール

ウィリアム・ジェニングス・ブライアン。アメリカの政治家、弁護士。大統領候補に3回選ばれた民主党の議員。ウィルソン大統領時の国務長官。禁酒法を強く支持した。大統領候補の全国遊説旅行を初めて行った。

ウィリアム・ジェニングス・ブライアンの名言 一覧

運命とはチャンスの問題ではない。それは選択の問題である。運命とは待つものではなく、獲得するものなのだ。


ウィリアム・ジェニングス・ブライアンの経歴・略歴

ウィリアム・ジェニングス・ブライアン。アメリカの政治家、弁護士。大統領候補に3回選ばれた民主党の議員。ウィルソン大統領時の国務長官。禁酒法を強く支持した。大統領候補の全国遊説旅行を初めて行った。

他の記事も読んでみる

川口盛之助

ビジネスとは「市場が求める価値」を仕様に翻訳し、その提供手段のコストパフォーマンスを最適化する行為と言えるでしょう。ここで重要なのは世の移り変わりとともに、その市場も手段も変化するということです。


古森重隆

機械やコンピューターに判断を委ねようという試みもあるようだが、知性の放棄と呼ぶほかない。


肥後克広

テレビ番組というのは、どんなに出演者がムチャをやっているように見えても、スタッフを含めたみんなでつくっていくもの。売れたから、人気があるからと勘違いしちゃいけないし、30代で改めて「オレがオレが」は間違いだなと思えたのは良かった。


高橋智隆

当社は株式会社とはいえ私1人。社員どころか、アルバイトも雇っていません。チームをマネジメントする作業に比べれば、1人で作業する労力の方がはるかに小さい。それに1人だと良くも悪くも尖ったアイデアが出てくるし、それを止めてくれる人がいないから、そのまま突っ走れる。新しい分野では、それが大事だと考えています。


喜多村円

TOTOには社員を念頭に置いた「愛業至誠」という社是があります。意味は、良品の供給と需要家の満足を目指す中で、「まず自分の仕事を愛する、誇りを持つ。そうすれば必ず正しい道に行きますよ」ということなんです。


浦勇和也

トップから若手社員まで、全員が自社のミッションについてきちんとした共通の理解を持つことが、IRという御しがたいリスクに対処する方法としてベストです。決断はトップが下します。しかし、現実に第一線でリスクに立ち向かうのは、現場の社員ひとりひとりなのですから。


町田勝彦

だめだと思ってあきらめてはいけない。人件費が高いというのなら、工程を短くするとか、生産技術を進化させて、人件費がかからないようにすればいい。たとえば十工程を五工程にすれば人件費は半分になる。そうした努力の余地はまだまだある。


太田肇

表彰制度を導入するときに気をつけなければいけないのは、受賞者を選ぶ方法である。ここでは単純な営業成績トップといった賞ではなく、それぞれの会社が独自に設ける賞のこととお考えいただきたい。仮に受賞者を、社長や幹部が密室の中で決めたとしよう。そういう方法で選んでしまうと、必ずといっていいほど不信や不満を抱く人間が出てくるものだ。「あいつは社長のお気に入りだから表彰された」とか「あいつがもらえるのに、自分がもらえないのはおかしい」などと社員から思われた瞬間に、賞そのものの値打ちが損なわれてしまいかねない。こうした事態を避ける方法として、「ポイント制」を用いるのもいいだろう。売上をこれだけ上げたら何ポイント、お客様から感謝の声が届いたら何ポイント、どこかで何かを発表したら何ポイントといった具合に、ポイントの割り当てを決めておくのである。そうして一定以上のポイントを獲得した従業員を表彰するというルールがあれば、不満が出ることはまずないだろう。


大隅良典

企業も大学と全く同じ問題を抱えていると思います。グローバル化の流れの中で、日本企業は効率化で逃げ切ろうとしてきた。企業によっては、新しいことに意欲的に取り組む人を潰そうとする風土があるとも聞きました。間違いは許されないとする風潮が高まるあまり、チャレンジする精神が失われつつあるのかもしれません。それでここまで来たからよかったのかもしれないですが、やっぱり閉塞感は生じている。


長島徹

効率的な仕事のやり方を考える必要もあります。仕事は仕事で、余計なことを考えずにパッと集中する。仕事以外のときは、仕事のことをパッと忘れて、自分の好きな世界に入っていく。この切り替えができれば、24時間仕事のことを考えるよりも、むしろ仕事がはかどるのかもしれません。


中野勘治

消費者は絶えず変化しています。過去の栄光にとらわれていると、たちどころに置いていかれます。我々は常に変化に対する恐れの心を持ち続けていかなければなりません。


寺門ジモン

子供のときかな。黒澤明監督の『影武者』のときだったと思うけど、落武者役を新聞広告で募集していたんですよ。そこで何を考えたのか、「よし!」と、裸になって「落ち武者だ!」(笑)って叫んでいる写真を大きく引き伸ばしてね。10枚ぐらい送ったんですよ。どう考えても、子供が落武者役で通るわけがない。でも、「オレは出たいんだ!」という思いが、その写真に出ていたんでしょうね。黒澤監督から直筆の手紙が来たんです。「今回の映画における役柄はあなたにそぐいませんでした。でも、あなたの映画に対する情熱は、これからの日本映画界にとって大切なものです。どうか、ずっと持ち続けてください」って。さすがだよね。「よし、ちゃんと自分の気持ちを伝えていけば、いつか芸能人になれるんだ」ってこのとき、確信したんです。


伊藤隆行

5歳の息子がバラエティー番組を見ると、意外なシーンで笑うんです。びっくりしますよ、「おまえのツボはそこかー」って。でも、勉強になりますね。今の若者はテレビ離れが進んでいると、よく言われるでしょう。でも私は悲観していない。それを食い止める手がかりが、身近な場所にまだまだあるはずなんですよ。


高城剛

睡眠時間も含めて、1日10時間を自分の時間に充てると決めています。おかげで、自分にとって本当に必要な情報を見極められるようになって、仕事のパフォーマンスもずいぶん上がりました。1日10時間が難しければ、せめて1日10分でもいい。忙しいと嘆く前に、自分と向き合う時間をつくってほしい。


大塚正富

ヒット商品は思わぬ着眼点から生まれる。森羅万象を見ていれば、「ああ、これ何かに使える」っていうのがたくさんある。


ページの先頭へ