名言DB

9412 人 / 110637 名言

ウィリアム・オスラーの名言

twitter Facebook はてブ

ウィリアム・オスラーのプロフィール

ウィリアム・オスラー。19世紀カナダ生まれのアメリカの医師(内科医)、医学者。トロント大学医学部を経て、マギル大学医学部を卒業。英国、ドイツ、オーストリアなどへ留学をしたのち、マギル大学、ペンシルベニア大学、ジョンズ・ホプキンス大学、オックスフォード大学で教授職を務めた。

ウィリアム・オスラーの名言 一覧

25歳まで学べ。40歳まで研究せよ。60歳までに完成させよ。


たいていの人は、剣によるよりも、飲みすぎ、食いすぎによって殺される。


ウィリアム・オスラーの経歴・略歴

ウィリアム・オスラー。19世紀カナダ生まれのアメリカの医師(内科医)、医学者。トロント大学医学部を経て、マギル大学医学部を卒業。英国、ドイツ、オーストリアなどへ留学をしたのち、マギル大学、ペンシルベニア大学、ジョンズ・ホプキンス大学、オックスフォード大学で教授職を務めた。

他の記事も読んでみる

辺見芳弘

僕はまず部下に仕事を任せます。その代わり「もしうまくいかなかったら、原因を考えて次に生かすように」と伝えました。任されることや失敗からの学びによるポジティブなストレスを感じて、成長してもらいたいからです。


堀場厚

技術系の会社では、人財育成は技術の伝承が最重要項目です。ところが、これは簡単なことではありません。よくドキュメンテーション(文書化)が大事といって、とにかく記録に残せば技術の伝承も何とかなると考える人がいますが、それでは何ともなりません。技術は書いたものだけでは残せないのです。


山本卓眞

技術でもサービスでも、他の追随を許さない独創性を出せるかどうかが重要です。他社と同じことをやっても、結局は価格競争に陥ってしまい、利益を出せなくなるからです。


竹中平蔵

「ここまでしかできていない」と考えるか、「ここまでできた」と考えるかで見え方は180度変わる。


中村剛也

僕は4番という打順で打たせてもらってるので、チームの勝ちにつながるようなバッティングをしたい。昨年は、最下位に沈んだ時期もありましたから、とにかくチーム状態を良くしようと必死でした。


守島基博

人というのは、どんなに清廉潔白だと思われる人でも、叩けば少しは挨が出るものである。また、働いていると、挨かそうでないのかわからないものもある。そのため、多くの人は、同僚や部下に半沢直樹のような人間がくることを嫌う。やたらと正義感が強い人が周りにいると、少し居心地が悪いということを考えてみればよい。


谷厚志

実はクレームをこじらせているのは、クレームをまるで生ゴミか何かのように「処理」しようとする企業側のほうです。よく企業や官公庁にお邪魔すると、過去の記録を集めたフアイルの表紙に「クレーム処理票」などと大きく書いてありますが、クレームは「対応」するものです。きちんと対応すれば業務改善のための貴重なヒントが得られるだけでなく、お客様をリピーターにすることもできます。


芦沢央

これまでの作品のなかで、登場人物たちを対峙させてきた「追い詰める」を、本作では初めて使わなかったんです。それをしなくても物語を楽しく動かせるのか、ページをめくる力が作れるのかということは、本作で最もやってみたかったことのひとつですね。


荒川詔四

日本の生きる道はビジネスモデルの開発にある。タイヤをつくって売るだけでなく、もう一度事業の周りを見直して、どうビジネスを再構築できるかと。


八木啓太

最初は自宅の一室を組み立て工場にし、部品を発注して部屋に集め、注文が入るごとに私が組み立て出荷していました。


白澤卓二

元気に長生きしている人の部屋が散らかっているのは見たことがない。長生きの人は毎日、規則正しく同じことを繰り返している人がほとんどです。毎日同じ時間に起き、布団を畳んで押し入れにしまい、毎朝同じように味噌汁を作り、部屋を掃除し、お茶の時間に緑茶を飲む。やることが決まっているから、ゴミ屋敷になることもない。体もそれに合わせて動かすので運動にもなる。不確定なこと、予測できないことはストレスです。毎日同じことをきちんとして、気持ちよく過ごす生活習慣があればボケにくい。


小泉光臣

現場の社員がサボるとか、そういう恐怖ではないんです。大きなジャッジメントが必要な課題であっても、元をたどれば、現場の一つ一つの小さな問題・課題が寄せ集まってできている。現場から離れたことが原因で、大きなジャッジメントに狂いを生じさせたくなかったのです。


石坂泰三

上手くいったら、お前たちの功績、上手くいかなかったらオレの責任にしていい。


宮下奈都

普通に生活しているだけでも、何を見ても、この小説(『羊と鋼の森』)に繋がって行く。書きたいことがどんどん湧いてくる、作家として幸運な体験をしたんです。その状態のままやり切れたっていう満足感で十分、幸せだったんですよ。こんなにたくさんの方に読んでいただけるなんて、嬉しい誤算でした。


マーク・ベニオフ

既存のやり方に疑問を投げ掛け、新しいアイデアを提案し、新たな産業を作っていける若い起業家が必要だ。日本の大企業や投資家らは、起業家の重要性を認識すべきで、彼らに投資し、彼らの商品を世界の市場に売り込む手助けをすべきだと思う。起業家の貢献が評価され始めれば、日本に成長と活力を生む新たな領域が見えてくると、私は信じている。