名言DB

9490 人 / 112001 名言

ウィリアム・オスラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィリアム・オスラーのプロフィール

ウィリアム・オスラー。19世紀カナダ生まれのアメリカの医師(内科医)、医学者。トロント大学医学部を経て、マギル大学医学部を卒業。英国、ドイツ、オーストリアなどへ留学をしたのち、マギル大学、ペンシルベニア大学、ジョンズ・ホプキンス大学、オックスフォード大学で教授職を務めた。

ウィリアム・オスラーの名言 一覧

25歳まで学べ。40歳まで研究せよ。60歳までに完成させよ。


たいていの人は、剣によるよりも、飲みすぎ、食いすぎによって殺される。


ウィリアム・オスラーの経歴・略歴

ウィリアム・オスラー。19世紀カナダ生まれのアメリカの医師(内科医)、医学者。トロント大学医学部を経て、マギル大学医学部を卒業。英国、ドイツ、オーストリアなどへ留学をしたのち、マギル大学、ペンシルベニア大学、ジョンズ・ホプキンス大学、オックスフォード大学で教授職を務めた。

他の記事も読んでみる

佐俣奈緒子

部下を詰めて管理するのではなく、困っている人をサポートするのがマネジャーの仕事。


ヘンリー・フォード

成功の秘訣というものがあるとすれば、それは、常に他人の立場を理解し、自分の立場と同時に、他人の立ち場からものごとを見ることのできる能力である。


キャロライン・ケネディ

私は、父が体現していた理想を堅持する責任があることを自覚しています。その理想とは、公務に専心し、より公正な米国とより平和な世界の実現に献身的に取り組むことです。


酒巻久

上司に企画を提案する時は、2度突っぱねられてもまた提案する。それくらいでないといけない。大体、管理職は経験を基に、より安全な道を選ぶ。斬新な企画を1回で通す上司など、大企業にはまずいない。跳ね返されると自分の企画に改良の余地があることが見えてくるもの。再度、ブラッシュアップするんです。


宇佐美進典

当社の主力事業である価格比較サイト「ECナビ」が一度伸び悩んだ時期があります。利益も赤字ギリギリのところまで落ちたのです。自分たちの考えているトレンドとマーケットのトレンドがズレているんじゃないかと気づきました。当時はWEB2.0という言葉がスタンダードになりはじめ、GREEやはてなといった私より年下の、次世代の経営者が台頭しつつありました。そこで、私たちが気にしなくてはいけないのは上ではなく下であると思うようになったのです。


橋下徹

僕は大阪市役所の「所長」にすぎません。そこをわきまえておかないとしっぺ返しを食らいますから。


布袋寅泰

皆さんの記憶の中にあるBOØWYは武道館や東京ドームを満員にしている姿かもしれません。だけど、6年の活動の間、食えるようになったのはじつは後半の数年間。最初はライブのお客さんも数えられるくらい。レコードデビューはしたものの思ったように音も出せない、レコードは売れない、メディアも振り向いてくれない、という状態でしたね。最高の仲間が集まって、俺たちこんなにカッコいいのに、自分たちのことを信じているのに、何故人に伝わらないんだろう? 何故気づいてくれないんだろう? というもどかしさ。頭のどこかでは、すぐに武道館くらい行けるだろう、と思っていた自分もいた。しかし現実はそんなに甘くはなかった。その悔しさを音にぶつけて、もっとうまくなってやろう、もっといい曲を作ろう、と頑張った。悔しさが自分たちを高めてくれたんです。


小松俊明

上司が仕事の望ましい速さや丁寧さの規準を定め、それを繰り返し周知徹底することが必要だ。質を重視する職場であれば、「少しくらい期日に遅れてもなんとかなる。その代わり、絶対に他社に負けない素晴らしいものをつくれ」。スピードが命の部署なら、「ある程度のレベルを超えたらその時点で提出しろ」というように、わかりやすい規準を示すことである。


梅原一嘉

目指すのは日本一楽しいスーパーマーケット。価格の安さだけでなく、プラスアルファの楽しさでこそ選ばれたい。


安井義博

新規事業には若手だけでなくベテランも必要です。また、ひとつのアイデアが出たら、それに賛成する人だけでなく、疑問を呈する人も必要です。異質な人が集まって切磋琢磨してこそ、燃える集団になるのです。


西加奈子

私はすぐ揺らぐんですよ。人にどう思われてるだろうとか、正しいのかとか。そういうときは誰かに相談させてもらって、ものすごい力をもらう。


山下勝(経営学者)

従来の組織間理論では上司一人に対して部下は7から8人が適正とされていましたが、メールなどの情報ツールの発達で現在の管理職は10から20人の部下を抱えることも可能という意見もあります。しかし、この議論は大いに疑問です。確かに業務上の報告・連絡ならメールでも可能です。しかし本来、上司が部下に仕事を与えるときは、部下と話し、様子を観察して仕事を割り振る必要があります。メールではこの部分がフォローできません。報連相の相談の部分がスッポリ抜けてしまうのです。