名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウィリアム・ウェルドンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィリアム・ウェルドンのプロフィール

ウィリアム・ウェルドン。アメリカの経営者。ジョンソン・エンド・ジョンソン会長。ニューヨーク州出身。クインニピアック大学卒業後、米ジョンソン・エンド・ジョンソンに入社。グループ企業のエチコン エンドサージェリー社長、本社医薬品グループの会長、本社副社長などを経たのち会長兼CEOに就任。

ウィリアム・ウェルドンの名言 一覧

顧客である患者の近くにいて、その声に耳を傾けなければ、彼らが必要としている製品をつくりだすことはできません。


当社は快適な職場環境を整えることに腐心してきました。社員が働くことに誇りを持ち、働き続けたいと思う社会にすることを心がけてきました。


分社化には、社員の中から優れたリーダーを育成する効果もあります。小さな子会社の経営からスタートして徐々に規模の大きな子会社の経営を担っていく。さらに事業内容の異なる複数の子会社の経営に携わることで、経験を重ねてリーダーシップを磨くことができるのです。


異なる分野の技術を融合させることによって、それまでなかった製品をつくり出すことができます。


当社のクレド(信条、経営哲学)は、我々が優先すべきことを定めたものであり、最も優先すべきなのは患者、すなわち当社の製品を使用する顧客であると提唱しています。この哲学に従って患者にフォーカスし、彼らの役に立つ製品を提供できているかどうかを自問し続ける。こうした姿が、当社に成功をもたらしたのです。


長期にわたって持続的な成長をもたらしてくれる分野に研究開発費を投じていくのです。もし短期の目標ばかりを重視したら、たとえば利益を増やすために研究開発費を減らすといった事態を招きかねません。削減すれば利益を大幅に増やすことが可能です。しかし、そうしたら事業の長期的な成長を妨げてしまいます。


時代の変化に応じて変えていかなければならないものもありますが、その一方で変えずに守っていかなければならないものがあります。我々にとってそれは、クレドという哲学と、それに基づく経営の4つの原則なのです。これらを維持することが今後も当社に成長をもたらしてくれると信じています。


イントラネットなどを介して、世界中のすべての社員を対象にクレド(信条、経営哲学)に対する認識を定期的に調べています。また、社員の給与を決める評価も、クレドの掲げる行動規範とリンクさせています。こうした取り組みによって、社員がクレドに示された信条を実践するようにしています。


優れたリーダーが事業の指揮をとることが業績の向上につながり、その結果、当社の企業価値も高まります。


短期的な目標だけを追求せずに長期的な視野を持って経営してきたことが、75年連続の増収という長期にわたる成長につながっているのです。


分社化については「1社にまとめた方がコストを削減できる」という意見をよく聞きます。しかし、そうすることによって国や地域ごとの患者のニーズをしっかりと把握できなくなるデメリットがあります。
【覚書き|57か国に約250社のグループ企業があることについて語った言葉】


ジョンソン・エンド・ジョンソンの4つの原則

  1. 人間の健康管理に広範に基礎を置くこと。健康に関係することなら、あらゆることを機会ととらえること。
  2. 分社分権化経営。事業や地域ごとに子会社を置き、権限を与える。
  3. 長期的な視点を持って経営する。
  4. リーダーを育成する。優れたリーダーが事業を指揮することで業績の向上につながる。

患者などの顧客に対して我々が社会貢献をしっかりと行う企業であることを示すことは、非常に重要です。当社は地域社会への貢献を非常に真剣に考えています。また、地域社会にも当社は貢献しているという意識によって、社員の活力や士気も高まります。


患者(顧客)のニーズを的確に把握し、当社の製品が役に立つことを追求する。そして、患者のニーズに応えられる製品を生み出すための研究開発力を磨く。さらに自社開発が間に合わなければ、積極的に他社から製品のライセンス提供を受けたり、必要な製品を持っている会社を買収したりする。このように顧客である患者が必要とする製品を提供することが当社のすべての基本になっているのです。


当社のクレド(信条、経営哲学)には様々なことが記されています。たとえば、製品の原価を引き下げることやイノベーションを起こすことなどです。その中心には、患者(顧客)を理解することがあります。


75年連続という長期にわたって業績を伸ばしてこられたのは、当社の製品や社員が優秀であるからにほかなりません。しかし、それだけではなく、当社が守り続けてきた「クレド(信条)」という経営哲学の存在が大きいと私は考えています。


ウィリアム・ウェルドンの経歴・略歴

ウィリアム・ウェルドン。アメリカの経営者。ジョンソン・エンド・ジョンソン会長。ニューヨーク州出身。クインニピアック大学卒業後、米ジョンソン・エンド・ジョンソンに入社。グループ企業のエチコン エンドサージェリー社長、本社医薬品グループの会長、本社副社長などを経たのち会長兼CEOに就任。

他の記事も読んでみる

松岡陽子(ヨーキー・マツオカ)

もともと私は「人と違うことをするのが好きだけど、それを人に笑われたらどうしよう」と、常に心配するシャイな人間です。日本では女子高育ちだったのでなおさら、「みんなと違うことをして目立つのはよくない」という固定観念を持っていたのですが、米国の自由な風土は、そんな私の心の障壁を取り払ってくれました。


益子修

信頼というのはお客様にどう思っていただくかですから、まず自分たちができるのは信頼回復ではなく企業風土の改革です。組織を変え、自分たちの意識を変えることで企業風土は変えることができます。


嘉納治五郎

力必達
【覚え書き|力む(努む)れば、必ず達す】


渡邉幸義

雇用されないのではなく、雇用する側が忌避しているにすぎない 過去を問わない採用を続けていくうちに、あることに気づいたのです。それは、成果を出してくれている社員の中に、何らかの障がいを持っていたり、当社に来るまではきちんとした職につけていなかったりした人たちが、おおぜい含まれているということでした。(ニートやフリーター、障害者などの)就労困難者というのは、仕事ができないから雇用されないのではなく、雇用する側が忌避しているにすぎないということを知ったのです。


小倉広

意志決定のスピードは場数がモノをいう。たくさんの経験を積むことが大切。


松尾静磨

どんな仕事でも3年ぐらいしないと基礎はできない。まして航空事業には10年間のブランクがあり、まったくの無一文から始めたのだから、そんなに早く良くなる方がむしろおかしい。しかし、世間はそう思わないから、我々としても焦る必要はないが、できるだけ早く1銭でもいいから黒字を出すように努力しましょう。
【覚書き|終戦後ゼロからスタートした日航は、3年間で10億円の赤字を出していた。そのため初代社長柳田誠二郎氏に送った言葉。柳田氏は銀行出身者で航空産業は未経験だった】


西浦三郎

私がこの会社に来たときに最初に調べたのは人口構造でした。というのは、不動産業は倉庫を除けば全て人が入っていくらの世界だからです。たとえば人が生まれて労働人口になるのには約20年かかります。これからどう人口が変わるかを読むと、これから人口は増えない。ならばマンション分譲はやらないでおこうと決めたのです。当社の名前があまり知られていないのはマンションをやっていないからなんですが半面、業績は安定して伸びています。


佐々木義孝

理屈だけではうまくいかない面もたくさんありますから、そこをうまく調整するようにバランスをとるのがCFOのような立場の人間にとって一番大切なのではないかと思います。


池田育嗣

海外事業では「現地・現物」の考え方が基本。これはお客様から信頼を得るための鉄則です。


アリストテレス

醒(さ)めているものはすべて眠りうることが必然である。というのは絶え間なく活動することは不可能だからである。


安岡正篤

富貴の地位、つまり支配的・指導的地位にいつまでもしがみついているということは芳(かんば)しからぬことである。いい年になったら早く後継者にその地位・財産を譲って、真実の生活に入るべきものである。


石川康晴

厳しい言い方ですが、「代案なきギブアップ」は、ビジネスパーソンとして許されない。