名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウィリアム・アレクサンダー・グラハムの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウィリアム・アレクサンダー・グラハムのプロフィール

ウィリアム・アレクサンダー・グラハム。19世紀アメリカの政治家、弁護士。ノースカロライナ州知事、合衆国海軍長官などを務めた。ノースカロライナ大学を卒業し弁護士として開業。ノースカロライナ州下院議員を7年間務める。その後、合衆国上院議員を経てノースカロライナ州知事、合衆国海軍長官となる。死後、功績が称えられアメリカ海軍駆逐艦にグラハムという名が使われた

ウィリアム・アレクサンダー・グラハムの名言 一覧

世界が与えるあらゆる専制のうち、我々自身の愛情が最も激しい支配者だ。


絶望と確信は、ともに恐怖を追い払う。


ウィリアム・アレクサンダー・グラハムの経歴・略歴

ウィリアム・アレクサンダー・グラハム。19世紀アメリカの政治家、弁護士。ノースカロライナ州知事、合衆国海軍長官などを務めた。ノースカロライナ大学を卒業し弁護士として開業。ノースカロライナ州下院議員を7年間務める。その後、合衆国上院議員を経てノースカロライナ州知事、合衆国海軍長官となる。死後、功績が称えられアメリカ海軍駆逐艦にグラハムという名が使われた

他の記事も読んでみる

奥田務

通常、事業を存続すべきか否かは傷が浅いうちに判断すべきです。しかし、私が社長に就任した当時の大丸の幹部は、「何とかなる」という根拠のない願望に任せて、ずるずると赤字事業を続けていた。百貨店事業でどんなに稼いでも、赤字事業が利益をすべてのみ込む有り様でした。


松本美江

日本人には当たり前のことも、外国人の目には新鮮に映ることがたくさんあります。相手がなぜ驚いているのか、その背景を考えながら説明することが大事。


嶋浩一郎

言葉の選び方に気を配る。人は話を聞いている途中で一度、「分からない」と思ってしまうと、後に続く話を聞かなくなる。さらに怖いのは、聞き手の中に1人でも話を聞かなくなった人がいると、その人の「これ以上、聞きたくない」という意志が伝染して、誰も聞かなくなってしまうこと。目の前にいるすべての相手が、スルスルと話を聞けるような言葉を選ぶようにしてください。


近藤史朗

未来起点で発想するための強力なツールこそビッグデータ分析であり、「見えていない現在」と「これから起こる未来」を知るヒントが得られます。


松本晃(経営者)

ビジネスはコミットメント(約束)から始まり、いったんコミットしたならばアカウンタブル(結果に責任を持つ)でなくてはならない。


白井一幸

ヘッドコーチを受けると決めた以上は、監督に忠誠を尽くさなければなりません。その忠誠とは、忌憚のない意見を具申し続けることです。そして、監督の決めたことは、たとえ自分の考えと違ったとしても100%遂行する。そうしたことを自分の中でルールとして決めました。そうでないと、一軍のヘッドコーチという難しい仕事は務まりません。


高橋尚子

それまで毎日が試合というような練習を全力でやってきましたので、当日はまったく緊張しませんでした。
【覚え書き|金メダルをとったシドニー五輪を振り返って】


匠英一

オマケがブランド物やキャラクターグッズだと、力を発揮します。オマケ自体に稀少価値があるので、欲しい人にとっては商品の金額以上の価値がある。これを心理学的には「後光効果」と言います。女性ファッション誌がブランド物のトートバッグやポーチといったオマケをつけて売り上げを伸ばしているのはよく知られた例です。ただし、初めの段階で効果があっても、長期的に行うと消費者に飽きられるので注意が必要です。


アリストテレス

失敗する方法ならいくらでもある。しかし。、成功する道はたった一つしかない。


吉野彰

いつも面白いなと思うのは、のちのち巨大ビジネスになる分野ほど、予想もしていなかったような枝葉の特許が効いてくるというところですね。これは考えてみたら当然で、5年、10年と時代が変化すれば技術も進歩するのに、それでも前に予想していたままの基本特許が中心になっているような産業は「進歩がなかった」「巨大ビジネスとしての裾野が拡がらなかった」ということなんです。


宮沢俊哉

自分の言うことが信用されていないと感じたら、同じことを伝えている著名人の言葉を借りて伝えるようにしていました。たとえば「盛和塾の稲盛会長がこうおっしゃっていました」とか、「日経新聞に書いてありました」とか。そのために、新聞の記事の検索サービスを20年前からずっと使っています。当初は月20万円ほどかかりましたが、自信を持って相手を説得するために、昔から情報収集に費用は惜しまず、徹底して行ってきました。


久野康成

私も当初、仕事の楽しさが見いだせないでいたのですが、ここから抜け出せたのは、同僚のひと言が切っ掛けでした。彼は、「いかに早く仕事を終わらせられるか」を目標設定しているというのです。私は、単に仕事を終わらせることしか考えていませんでした。だから、仕事が単調な繰り返しになっていたのです。しかし、スピードを考慮すれば、一見、単調に見える仕事にも変化が現れます。これに気付かされてからは、本当に仕事が好きになりました。