ウィリアム・アレクサンダー・グラハムの名言

ウィリアム・アレクサンダー・グラハムのプロフィール

ウィリアム・アレクサンダー・グラハム。19世紀アメリカの政治家、弁護士。ノースカロライナ州知事、合衆国海軍長官などを務めた。ノースカロライナ大学を卒業し弁護士として開業。ノースカロライナ州下院議員を7年間務める。その後、合衆国上院議員を経てノースカロライナ州知事、合衆国海軍長官となる。死後、功績が称えられアメリカ海軍駆逐艦にグラハムという名が使われた

ウィリアム・アレクサンダー・グラハムの名言 一覧

世界が与えるあらゆる専制のうち、我々自身の愛情が最も激しい支配者だ。


絶望と確信は、ともに恐怖を追い払う。


ウィリアム・アレクサンダー・グラハムの経歴・略歴

ウィリアム・アレクサンダー・グラハム。19世紀アメリカの政治家、弁護士。ノースカロライナ州知事、合衆国海軍長官などを務めた。ノースカロライナ大学を卒業し弁護士として開業。ノースカロライナ州下院議員を7年間務める。その後、合衆国上院議員を経てノースカロライナ州知事、合衆国海軍長官となる。死後、功績が称えられアメリカ海軍駆逐艦にグラハムという名が使われた

他の記事も読んでみる

ビル・トッテン

顧客が必要としていないのなら、無理やりに売り込むようなことはしません。もし顧客にとって有用なものであるならば、ライバル会社の製品でも提案します。


富田純正

社内から猛反発されましたが、始めてみたら飛ぶようにレンタルされました。本来なら日当1万円くらい払って宣伝カーを走らせてもらうところを、逆にお金をいただけるのですからありがたい話です。まず、お客様に喜んでいただいた上で、わが社の宣伝をしていただけるような、そんなサービスなんです。
【覚え書き|日進レンタカーの社名が入ったクルマ(マスコットカー)を他社の半額で貸し出していることについて】


安藤忠雄

人間の体には栄養が必要ですが、体の栄養とは、食事ではなく運動です。それから、精神の栄養も必要です。これは好奇心です。


ハロルド・ジェニーン

通常、ある人の机の上がどんなふうかということから、その人の傾向について多くのことがわかる。私の経験から言って、机の上に何も出ていない、きれいな机の主は、ビジネスの現実から隔離されて、それを誰かに代わって運営してもらっている。トップマネジメントどころか、ミドルマネジメントでも、要求される仕事の量と水準を保ちながら、机の上を綺麗にしておくなど実際不可能である。


相澤賢二

お客様目線を身につけるには、買う立場になればいいのです。売らなければいけないという考えでは駄目です。


稲垣精二

少子高齢化やマイナス金利など、アゲインスト(逆風)な課題を挙げたらキリがありません。一方で、業界内でのポジションや海外展開の状況はかなりよくて、先輩たちからポテンシャルが高い資産を引き継いでいます。そのように長所も短所も冷静に見極め、そのうえで新しい道を切り開いていくのが「陽転思考」だと理解しています。


松本晃(経営者)

スピードというと業務を行なう速さに意識が向きがちですが、重要なのは不要な業務を排除すること。そうすれば、仕事は速く進む。


八尋俊邦

利益を上げなければ会社は社会になんの寄与貢献もできないわけです。しかし、営利会社だからと言って、営利のために手段を選ばず、国益に反し、大衆に不当の迷惑を及ぼしてまで儲けに走ることだけは厳に慎まなければなりません。士魂商才ということばを私はこうした意味合いで心にとめ、企業における個々人の行動基準として大切だと考えているのです。


石原加受子

未来は必ずネガティブな方向に転ぶわけではありません。ポジティブに予測できる要素も、現状には必ず存在するはずです。不安に陥る人はそれを見過ごし、否定的な見方へと傾きすぎるのです。不安を解決する方法とは、公平な見方をすることというこの一点に尽きます。


清水喜彦

海外戦略も強化する。ニューヨークに、M&Aに特化した投資銀行グループを立ち上げた。得意な地域・分野・商品に絞ってドミナント戦略を進め、勝てる領域を増やしていく。


ケヴィン・ダットン

トップになるにはサイコパス度が高い性格であることが有利で、それを適切な状況で使うことが必要である。サイコパス度が高いということは諸刃の剣で、その性格が間違って使われると、会社の状況が悪化する。


永守重信

負けには必ず理由があり、そこから学べる。


酒巻久

ビジネスの勉強はあくまで実践ありき、というのが私の持論です。座学は、実践で学んだことの確認として位置づけるべきでしょう。日常での仕事の進め方や判断で、自分としては正しいことができたと思っていても、それはあくまで自己評価です。「本当に間違っていなかったか?」「よりよい方法はないのか?」そういうことを座学で確認するわけです。


枡野俊明

まずは10日続けると決め、続いたらもう10日と延ばしていく。一歩一歩進めば、ある時、変化を感じたり、振り返った時の長い道のりを見てうれしくなったりします。やり遂げた瞬間、少なからず自信が生まれる。それが本来の自分だと思えれば、他人の目を気にすることなく、何事にも退かない決心が持てるようになります。もう一段上のチャレンジができるのです。


小笹芳央

アイデアは既存の知識の組み合わせに過ぎない。よく「ゼロから1を生む」と言いますが、滅多にあることではない。


ページの先頭へ