イーロン・マスクの名言

イーロン・マスクのプロフィール

イーロン・マスク。南アフリカ共和国プレトリア出身のアメリカの経営者。電気自動車メーカーのテスラモーターズ会長。10歳のときにプログラミングを独学し、12歳で商業ソフトウェア「Blaster」を制作販売する。高校卒業後カナダに渡り、農場や製材所、銀行のコンピューター部門などで働いたのち、アメリカのペンシルベニア大学ウォートン・スクールで学位を取得。その後、オンラインコンテンツ出版ソフトメーカー「zip2」を兄弟とともに創業。同社をコンパックに売却し多額の資金を得る。その後、PayPalの前身のひとつX.com、宇宙航空会社スペースXなどを創業。電気自動車メーカーテスラモーターズに出資し会長などを務めた。

イーロン・マスクの名言 一覧

真似をするのではなく、基本原理から発想する。


ボスのために働かないでください。地球の未来のために働いてください。


私は息をしている限り諦めない。


私はこれまでもこれからも決してギブアップしない。息をしている限り、生きている限り、事業を続ける。


「私たちは世界に役立つことをしている」。それが一番大事で、それこそが私のモットーです。


私は自動車大手とEV(電気自動車)で激しく競争することを心から望んでいます。なぜなら、それはEVの販売台数が増え、技術がより進化することを意味するからです。


暗闇のような日々の中で、絶望は、頑張ろうという強烈なモチベーションにつながります。もしあなたの会社が大きな借金を抱えているなら、それは強いやる気にもなります。


実現するためには、かなりの努力が必要だ。そうしないと、結局は自分が惨めな思いをすることになる。


根気強さは本当に大切だ。諦めざるを得ない状況になるまで、自分から身を引いちゃ駄目だ。


あなたのカゴに何が起ろうと、自分でコントロールできるならばカゴの中に卵を入れて持ち歩くことは、決して間違っていない。


物事に対して、可能な限り厳しくならないとダメだ。


まずは、起業すること。公算はその後からついてくるもの。


自分が本当に大切だと思えることなら、たとえ周りから何を言われようと最後までやり抜くことだ。


失敗なんてひとつの選択肢にすぎない。失敗することがなかったら、どうしてイノベーションを起こせるだろう。


EV(電気自動車)のアイデア自体はかなり古くからあったのに、なぜ誰もつくらなかったのか。それはアイデアを実行することが、思いつくより難しいからだ。


ロケット業界は自動車に比べて競争が少ない分、とても非効率だ。ロケットは各部品がものすごく高額なうえ、サプライヤーが競合の傘下ということも少なくない。既存のサプライチェーンの枠に縛られると、これまでのコスト構造から抜け出せなくなってしまう。


部品の調達は独断的に決めているわけではなく、単に自社より優れている技術があればそれを採用しているだけです。ただし、組むのはその分野でベストなサプライヤーだけです。


大学生のとき、将来人類にとって最も重要になるものは何かを考えた。答えはインターネット、持続可能エネルギー、そして複数の惑星での生活の3つだった。そのうち、持続可能エネルギーのカギを握るのは、持続的に発電し、持続的に消費するという点で電気自動車だと確信していた。


ここはまさにシリコンバレーと既存自動車会社のハイブリッド。それぞれのベストの要素を組み合わせることで人を引きつける車をつくる努力をしている。車体の組み立てや塗装などは自動車会社の作業だが、リチウムイオン電池や電気モーター、ソフトウェアにはシリコンバレーの技術が詰まっている。
【覚書き|トヨタとGMの合弁工場を買収し、リニューアルしたシリコンバレーにあるテスラモーターズの工場について語った言葉】


私は単純な成長だけを目的に企業を成長させようとは思っていません。会社の成長よりもEV(電気自動車)をもっと普及させることの方がはるかに重要です。それが世界にとって良いことだからです。株価うんぬんは関係ありません。


若い頃私はすごく貧しかったのですが、恐れたりはしませんでした。なぜなら私は貧しくても不幸ではなかったからです。貧しくてもハッピーであることは、リスクを取る際に非常に大きな助けになります。


私が学生時代に弟と最初のベンチャーを起業した当時は、文字通り無一文でした。学費をローンで借りており、むしろ借金があったほどです。家を借りるよりも安かったので、小さなオフィスを借りました。そこで寝泊まりして、シャワーを浴びるのは、歩いて数ブロック先にあった「YMCA(キリスト教青年会)」でした。


私は悲観主義者ではなく、未来に関して楽観的です。終末論が好きなわけでもありません。しかし歴史は、技術が波のように進歩したり、後退したりすることを示唆している。歴史上の多くの文明はそのような経験を繰り返してきました。そうならないことを願いますが、技術の後退が起きる前に火星に基地を作ることは重要だと思います。


スペースXでは、人類が複数の惑星で生存できる道があるかどうかを確かめたいと思っています。人類の文明と技術が高いレベルにあるうちに、宇宙を探検し、火星に恒久的な基地を建設したいのです。


テスラは完全に製造を外部に委託する計画は持っていません。テスラは、商品の企画・設計に特化し、製造を完全に外部に委託するアップルモデルに踏み込むことを考えていません。テスラは、メーカーであることに非常にこだわっており、製造技術の革新も続けていきます。私は個人的に製造業が好きで、それは素晴らしいと思っています。製造業では数多くのイノベーションが実現可能です。


私たちは人々のEV(電気自動車)に対する認識を抜本的に変えたい。EVには、スピードが遅く、見栄えは良くなくて、航続距離は短く、性能も低いというイメージがありました。こうした常識をことごとく破壊して、EVは世界最高のクルマであることを見せつけたい。私たちは、それを実現するために必死に努力してきました。操縦性、美しさ、長い航続距離、高速充電、先進的なITを使い、最高のクルマを実現しました。


私は技術者なので基本的にはテクノロジー支持者だが、いいことばかりではないことも理解している。ただ、技術は進化したほうがいい。化石記録を見ると、過去に隕石の直撃とか巨大火山噴火や長期にわたる氷河期など自然災害によって、生物の大量絶滅があったことがわかる。つまり、何かしらの技術が開発されないかぎり、人類は天災によって滅びてしまう可能性がある。それだけではなく、技術の進化があったほうが、未来はよりエキサイティングだ。


週に80~100時間は働くべきだ。それこそが成功の確率を引き上げる。40時間しか働かない人と100時間働くあなたが、同じタスクをこなしたとする。他人が1年かかるところを4ヶ月で達成することができるわけだ。


イーロン・マスクの経歴・略歴

イーロン・マスク。南アフリカ共和国プレトリア出身のアメリカの経営者。電気自動車メーカーのテスラモーターズ会長。10歳のときにプログラミングを独学し、12歳で商業ソフトウェア「Blaster」を制作販売する。高校卒業後カナダに渡り、農場や製材所、銀行のコンピューター部門などで働いたのち、アメリカのペンシルベニア大学ウォートン・スクールで学位を取得。その後、オンラインコンテンツ出版ソフトメーカー「zip2」を兄弟とともに創業。同社をコンパックに売却し多額の資金を得る。その後、PayPalの前身のひとつX.com、宇宙航空会社スペースXなどを創業。電気自動車メーカーテスラモーターズに出資し会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

マキャベリ(マキャヴェッリ)

高慢な相手には、服従すれば勝てると考えるのは誤りである。


吉田博一

僕は、企業にとって「改革は愚の骨頂」だと思う。僕の戦略は、毎日変わる。試行錯誤の連続で、今日と昨日は違う。


森岡毅

よく、「どうしてやることなすこと全部当たるんですか?」と言われますが、負けそうな戦は避けて、勝てる戦だけを見つけているからです。「どう闘うか」より「どこで闘うか」です。


滝野一征

面接では経歴書を見て、何をしていたのかなどという質問はしません。まず聞くのは「どう生きてきたのか」。優れている点を自分で語ってもらう。そして「何をしていたのか、なぜ辞めたのか、うちで何がしたいのか」を話してもらい、それぞれ質問をします。良い営業は相手に選ばせる。さらに「海外展開するべきか、する場合にはどのようなリスクがあるか、上手く行く根拠はあるか」といった現場感のある具体的な質問をする。必ずしもその考え方や答えが私と合っていなくても良いのです。つじつまが合う論理的な返答を一瞬で考えられるか。ロボット産業を完璧に知っている人などそういませんし、MUJINの製品知識も深い訳ではありませんから、ロジカルに考えて即答できる地頭の良さを見るわけです。


馬越嘉彦

やりたいのは観た人が「あ、こういうこと、ついしちゃうかも」とか、そういう風に思うような芝居ですよね。理屈には合っていないかもしれないですが、そういう芝居を描くのが面白くて、それは、作品の本質とは大きくからんでいくものではないかもしれないんですが。


馬場彰

若乃花が引退する少し前、7勝7敗で千秋楽を迎えたことがありました。「横綱は15日間取り続けて負け越してはいけない」という不文律がありましたから、それまでの常識では千秋楽は休んでしまうところ、若乃花は土俵に上がり、負けました。それを見て、横綱審議委員会のメンバーが「横綱の体面をつぶした」とコメントしましたが、本当は出場したことを褒めるべきだったのです。困難に直面して逃げなかったことをなぜ評価しないのでしょうか。


吉留学

我々の好業績は、お客様あってのこと。


施崇棠(ジョニー・シー)

従業員には常に「困難な道を選択しろ」と言い続けてきました。易しい道を選んでしまえば、すぐに競合他社に真似されてしまう。どれだけ苦労したか、どれだけつらいことを乗り越えられたか。そのブレークスルーによって生まれた製品は必ず競争力のあるものになるはず。


榎本博明

自己効力感とは、「自分はできる」という自信。自己効力感があればためらいなく仕事に着手できますが、「無理かも……」と思えば手が止まってしまいます。自己効力感を高めるうえでも、小さな成功体験を積み重ねることが有効。もうひとつ、他人と自分を比較しないことも重要です。他人を意識して劣等感が刺激されると、自己効力感が損なわれる原因になります。


石塚しのぶ

価値観が統一されている会社ほど変化に敏速に対応できる。ピラミッド型の組織では上層部の意志決定が段階的に末端まで降りていくため、対応に遅延が生じます。しかし企業文化を持つ会社の場合、共通の価値観に基づいて現場で意志決定が行われる。


植木義晴

私にとってモチベーションの源泉は「強い思い」を持つこと。自分は何をしたいか、どんな人間になりたいか。その思いを強く抱くことがすべての原点です。


柳沢一宏

富裕層は年収の5%を自己投資に費やすと言われます。セミナーなどにお金をかけるのは、成長に不可欠。


能町光香

自分がやるべき仕事は何かを常に意識すること。「プロとしてその仕事をまっとうできるか」という視点を持っていれば、自分にとって二の次や三の次の仕事はキッパリ断れるはずです。むしろ「他の仕事を断ってでも、自分のやるべき仕事を優先させる人」という信頼も得られます。


長本吉斉

TOEIC学習に取りかかる前に必ずやるべきなのが、テストの構成や特徴を知ること。これまで多くの受験者を指導してきた私の感覚ですが、8割の人は「各パートが何問ずつで構成され、それぞれどのような形式で出題されるか」すら知らないまま受験しています。


柳井正

一つひとつは小さなことだけれども、コツコツコツコツ改善していく。単純にオペレーションを回すだけではマンネリになりますが、改善して、いい方向に変えていく。日本人は、これが得意ですから、改善がイノベーションを生むと思っています。


ページの先頭へ