名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

イヴァン・バルベラ・トラスプエストの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

イヴァン・バルベラ・トラスプエストのプロフィール

イヴァン・バルベラ・トラスプエスト。ファッションブランド「ZARA」社長。

イヴァン・バルベラ・トラスプエストの名言 一覧

一歩一歩確実に進んでいく。ノープランだ。
【覚え書き|ZARAの成長の秘訣を聞かれたときの発言】


会社ではなく、商品やお客様との関係が全面に出なければならない。


イヴァン・バルベラ・トラスプエストの経歴・略歴

イヴァン・バルベラ・トラスプエスト。ファッションブランド「ZARA」社長。

他の記事も読んでみる

堀之内九一郎

男女問わず恥も外聞も捨てて、自分をさらけ出し「好きです」と伝える。自分がよほど魅力的な人間じゃない限り、告白もせずに相手から好きになってもらうなんて無理な話。好きなら好きとはっきり伝えて、相手にも自分のことを好きになってもらえばいいんです。素の自分をさらけ出せるかどうかが、愛される人になれるかどうかの分かれ目なんです。


織田大蔵

世の中には「濡れ手に粟」とか、「一攫千金」とかで大儲けをする者がいるが、しょせん悪銭身につかずのたとえの通り、努力の伴わない金は消えてしまう。


辻野晃一郎

現在のように変化の激しい時代は、絶対に守りに入ってはいけません。常にチャレンジする強いエネルギーを持つことが大切です。守りに入った瞬間、すぐ淘汰されてしまうからです。


石川康晴

常に問題意識を持って、主力事業の周辺にある未開拓の「ホワイトスペース」を探し、挑戦を続けることが「稼ぐ力」につながる。自分で考えて、行動できる自立人に、企業はしかるべきポストと報酬を与える。稼ぐ力を秘めた人に投資をしたい。


坂根正弘

国や企業でトップダウンがなければイノベーションは実現できない。


高田明(ジャパネットたかた)

懸命に向き合えば、今何をすべきかがわかる。わかれば、あとは一気呵成の行動あるのみ。


内田和成

私が最近、「いい会社」だと思うのは、こんなイメージです。例えば、社員の一人ひとりがほかの会社に転職すると、今の給料の2倍ぐらいもらえる実力があるとします。ただ、社員からすると給料の問題ではなくて、今の会社にいた方が面白かったり、大きな仕事ができたり、自分が成長できる点にメリットを感じて、その会社に在籍し続ける。こういう関係が社員と企業の問で生まれると、企業は本当に強くなるんじゃないかと思っています。


橘フクシマ咲江

現在、ヘッドハンティングの仕事のやり取りは7から8割をメールで行っており、何より機密性には気を付けています。経営幹部の場合、秘書がメールを読んでいる可能性があるので、本人専用のアドレスであることを確認できるまで具体性のない文章を書いて慎重に進めます。


新将命

ロシアには「魚は頭から腐る」ということわざがありますが、会社が悪くなる時はたいていトップから。末端の社員から悪くなることはあまりありません。トップの影響力はそれほど強いのです。仮に全社員が優秀だとしても、社員を束ねる社長に力量がなかったら、組織は分裂状態になるでしょう。社員一人ひとりが優秀であればあるほど、皆ばらばらの方向に進んでしまうのです。


佐藤優

「戦略的な怒り」というのは組織にとって必要です。動物は危機に瀕すると身をすくませてフリーズします。人間も動物ですから、怒鳴られて身の危険を感じると誰もが一瞬フリーズする。生理的な反射のようなものですが、そうさせないといけない場面や状況がある。私が外務省でチームを組んでいたとき、部下が翻訳を間違えても怒鳴りませんでした。そこは冷静に誤りを指摘してやる。ただし、嘘をついたときと初歩的な事務作業ができていないときには怒鳴りましたね。たとえば部下に書類をファックスしておいてくれと頼む。あとで「送ったか」と聞くと送っていない。学校秀才の場合、「あ、忘れてました。すみません」と言える奴は3分の1。3分の2は「送りました」と嘘をつき、あとでこっそり送る。こっちはそれを承知しているから、部下に確認した時間と送信履歴の時間をしっかり証拠として提示して、そいつを一回ものすごい勢いで怒鳴ります。嘘をつくとトンでもないことになると覚え込ませるわけです。というのも小さな嘘が、国家間の外交問題にまで発展するケースがあるんです。


村上和徳

私が営業マンの研修などで最も重視しているのは、「誓いを立てる」ということ。つまり、自分自身で自分がやるべき目標を立てるということ。誓いの内容はあくまで、自分自身に向けたものでなくてはなりません。


佐藤琢磨

チャンスをつかむためにいろんな扉を叩きまくりました。でも結局、F1復帰という扉は開かなかった。もがいても、自分ではどうにもならないことがあると実感したし、フラストレーションがたまりましたね。ただ、この時期があったからこそ、F1の素晴らしい面を見られたし、政治的な力が動くようなシーンも見ました。他のカテゴリーにも視線を向け、F1だけがレースじゃないと思えるようになった。たとえ復帰できたとしても、下位グループを走る所属先にしか受け入れられなければ、F1にはもう魅力を感じられないだろうと考えるようになっていました。