イヴァン・バルベラ・トラスプエストの名言

イヴァン・バルベラ・トラスプエストのプロフィール

イヴァン・バルベラ・トラスプエスト。ファッションブランド「ZARA」社長。

イヴァン・バルベラ・トラスプエストの名言 一覧

一歩一歩確実に進んでいく。ノープランだ。
【覚え書き|ZARAの成長の秘訣を聞かれたときの発言】


会社ではなく、商品やお客様との関係が全面に出なければならない。


イヴァン・バルベラ・トラスプエストの経歴・略歴

イヴァン・バルベラ・トラスプエスト。ファッションブランド「ZARA」社長。

他の記事も読んでみる

喜多あおい

リサーチをするときに書籍を最初に読むのは、テーマの切り口を見つけるのと、テーマに関する教科書として基礎知識を得るためです。書籍はそれぞれのテーマに関する情報を、その道の専門家が考察しながら体系的にまとめています。また、責任を持って有料で提供しており、信頼性が高く、価値ある情報だといえます。テーマについてどう理解し、掘り下げていったらいいのか、コンパスの役割を果たしてくれるのです。


松井順一

アウトプットが仕事の目的からズレたものになるのを防ぐには、最終的に仕上げてほしいかたちを明確にしておくこと。そこがズレると、上司が資料の作成を依頼したとき、指示した側は「要点をA4一枚にまとめてほしい」と思っているのに、指示された部下は分厚い資料を作って「言われたとおりにやった」と満足してしまう可能性があります。双方の思い違いを防ぐには、目標とアウトプットの合否判定基準を明示すること。


坂本孝

新しい発想は、むしろ業界を知らないからこそ出来るのです。


ロバート・キヨサキ

人間の脳には、進化の最も早い過程で獲得したといわれる自己保全のために反射的に機能する部分、言い換えれば「無意識的に反応する」働きがある。その脳の働きは、あなたの「最良の友」にも「最大の敵」にもなれる。問題は、ほとんどの人が、その働きの違いをわかっていないために、無意識の反応に操られていることだ。多くの人は、問題に直面すると、その問題に取り組むのではなく、その場からさっさと逃げ出すという反射的な行動をとる。彼らが闘いはじめるのは、追い詰められて、いよいよどうにもならなくなってからだ。


宮崎輝

仕事は楽しみなんだ。どんな難しい問題でも真っ向から取り組み、それをひとつひとつ解決していくことが、実に楽しい。


藤岡頼光

オンラインとオフラインは両方あったほうがいいんです。というのも、オンラインだけでは続かないから。オンラインでやりつつ、3か月後とか半年後にこの先生に会えると思うから、レッスンも楽しめます。


柳弘之

管理はゆるくても、商品を作るうえで絶対に妥協はしません。妥協しなくても外れの商品ができてしまうことはありますが、妥協の産物は必ず外れます。


川辺清

弊社は「情熱ホルモン」を筆頭に和・洋・中と15業態を擁していますから、人口動態や料理の特性を勘案して出店立地は、その都度、精査していくことになります。また、弊社は東京、大阪の店舗は直営ですが、他府県はFC制を採用しておりますので、地元を熟知しているオーナーさんに判断を委ねています。


有馬利男

新しい価値を生むという観点で、これまでのビジネス環境を振り返ってみると、多くの企業が商品開発・経営管理など基幹プロセスの改善を目指し、IT活用に多額の投資をしてきました。その結果、プロセスの省力化は進みましたが、必ずしも企業の価値創造には結びついていないのが現状です。


高橋がなり

人はどうしても才能や目の前の成功を欲してしまうもんだけど、長い人生では才能がなかったから努力するとか、失敗したから努力するといったマイナスからのスタートの方が、自分を鍛えてくれて結果的には良かった、なんてことが多いんじゃないかな。


鳥越俊太郎

新聞記者時代、どんな異動になっても、僕は処遇について文句を言ったことがないんですよ。それは好奇心が強くて、何の仕事に対してもすぐに面白さを見つけてしまう性格だから。


高岡浩三

会議は30分以内、会議資料は3枚まで。報告事項は口頭で的確に伝えるのが基本。


秋沢志篤

私はいわゆるお祭りと言いますか、そういうものが大好きです。要は人間の情熱、魅力というのは1+1が2ではなくて、もっと大きいものだと思うんです。1+1がどこかで何乗かにならないと風が吹きません。一緒に働いている仲間が、よしこれをやろうと場を盛り上げてくれたり、こういう凄い人がいるんだけど一緒に仕事をしたら面白いと思うよと紹介してくれたりしたとき、わかったとばかりに共感、共鳴を持つことが大切だと思うんです。


三森久実(三森久實)

遅すぎることはありません。自分で志を打ち立ててこそ、自分本来の能力を存分に発揮できます。これこそが自分の人生を生きることではないかと私は思うのです。


塚田彊

特に男性は社会との接点がなくなると老化が進むようだ。


ページの先頭へ