名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

インゲマル・ステンマルクの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

インゲマル・ステンマルクのプロフィール

インゲマル・ステンマルク。スウェーデンのアルペンスキー選手。現役通算W杯86勝。圧倒的な強さから王者と称えられた。

インゲマル・ステンマルクの名言 一覧

子供のとき、砂いじりやトランプに時間を忘れて夢中になったよね。あれとまったく同じことなんだ。
【覚書き:圧倒的な強さを持った氏を狙い撃ちしたルール改正後、総合優勝できなくなり、それでもなお滑り続けるのはなぜかと問われたときの発言】


インゲマル・ステンマルクの経歴・略歴

インゲマル・ステンマルク。スウェーデンのアルペンスキー選手。現役通算W杯86勝。圧倒的な強さから王者と称えられた。

他の記事も読んでみる

江見朗

怒りは生産性を落とす。怒っている暇があれば解決策を探った方が合理的。


小山聡章

こなれてくるとしゃべりたがる営業マンが多いですが、お客様のためにはなっていません。自分は一方的に説明して大満足だけど、お客様の心は離れているケースをよく見ます。


高橋恭介(経営者)

正当な評価制度の導入は、企業業績が上がるだけではなく、離職防止や採用力アップにも貢献する。


八代英輝

忙しくて家で残業するときも、家族でごはんを食べたり子供と遊ぶ時間は確保します。おもちゃの電車を走らせるために線路のレイアウトを真剣に考える子供の表情を見ていると、それだけでほほ笑ましい気持ちになるものです。


中西英一(経営者)

ミクロン単位の加工ができるのは日本だけ。緻密な作業は日本人が適している。


外山滋比古

高齢者にとって、株式投資が一番の生きがいになる可能性があることに気付いた。定年退職を迎えてリタイアした方々は海外旅行などの余暇を楽しんでおられます。ですが、それは一過性のものです。やることがなくなれば退屈して、言い方は悪いが、いずれボケてしまいかねない。一方、株式投資を始めると、それにはまって、中には「明けても暮れても株」という人も出てくる。一種のギャンブルとして生き生きと株式投資をすれば、常に一喜一憂する。ボケてなんていられません。


村口和孝

長い起業家人生、順調なことばかりなどと言うのはまず見たことない。危機が数年に一度、必ず訪れる。創業のころはそれが毎月だ。その時どうやって乗り越えていくか。まるで、良いことと悪いことが巨木の年輪のように循環する。まず、自分自身が人類の一員として、人生の上でぜひ実現したいことか=企業の経営者として腹が据わっていないと、とてもきつい状況を乗り切れるものではない。たとえ乗り切れたとしても、良いスタッフからどんどん去っていくだろう。


榎本博明

人が「上から目線」を意識するのは、「相手が自分を見下している」と感じたときです。見下されていると感じるのは、自分に自信がないからです。だから常に、「相手と自分のどちらが上か」を比較し、「下に見られた」と思ったり、「能力を見限られた」と思ってしまう。そして、相手が上司であっても、「自分より優位に立ってものを言うのが許せない」と考えるのです。


蟹瀬誠一

資料の管理については、「書類が机に積み上がっていったら負け」と決めています。整理整頓は必ずしも得意な方ではありませんが、これも自分なりの基準をつくっておかないと収拾がつきません。


吉田耕作(統計学者)

自らが能動的に考え、ワイガヤを通して取り組んだことが結果につながることで、ジョイ・オブ・ワーク(仕事の喜び)が実現される。


酒井眞一郎

社長就任後、新しい人事制度として「3軸独立評価システム」をつくりました。1人の人材を「管理能力」「専門能力」「会社に対する実績」の3つの評価軸で見るものです。すべてで優秀である必要はないが、ひとつの軸では優秀になってもらいたい、それを会社が生かしていくという考え方です。


横田雅俊

アプローチをすぐ諦めてしまう部下をモチベートするには、組織的な取り組みだけでなく、上司の個人的な働きがけも重要だ。ただし、こうすれば必ず部下はやる気を出すという万能の方法はない。一人一人やる気を感じるポイントが異なるので、それぞれに適した動機づけを考える必要がある。