名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

イングヴァル・カンプラードの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

イングヴァル・カンプラードのプロフィール

イングヴァル・カンプラード。スウェーデンの経営者。家具小売チェーン「イケア」創業者。スウェーデン・スモーランド地方出身。幼少期からマッチを売るビジネスを行う。その後、様々なものを売り歩く。その後、イケアを創業し同社を大きく成長させた。ビジネス誌「フォーブス」2007年世界長者番付7位に選ばれた。

イングヴァル・カンプラードの名言 一覧

問題は大衆が何を求めているのかをどのようにして見極めるのか、それにどう応えるのが最良なのか、ということだ。私の答えは、常に普通の人たちのそばにいろ、ということだ。というのも、もともと私自身がその普通の人だからだ。


私の中の悪魔が「仕事はまだまだあるぞ」とささやきかけてくる。


イングヴァル・カンプラードの経歴・略歴

イングヴァル・カンプラード。スウェーデンの経営者。家具小売チェーン「イケア」創業者。スウェーデン・スモーランド地方出身。幼少期からマッチを売るビジネスを行う。その後、様々なものを売り歩く。その後、イケアを創業し同社を大きく成長させた。ビジネス誌「フォーブス」2007年世界長者番付7位に選ばれた。

他の記事も読んでみる

加藤俊徳

脳覚醒を上げるのに最適なのは、早起きをして仕事に出掛ける前に散歩に出掛けてみることです。朝はどうしても時間が取れないという人は、出勤する際に駅もしくは仕事場まで歩くようにしてください。駅まで10分歩くだけでも、脳は確実に覚醒されていきます。毎日の通勤が面倒だと感じている人は多いと思いますが、脳のことを考えると悪いことばかりではないのです。


小林弘幸

疲れない身体を作るには、血流と血の質を良くすることが決め手。そしてそのためには、血流を司る「自律神経」のバランスと、血の質を左右する「腸内環境」を整えていくことが不可欠。


片桐孝憲

僕は、新しいものを生み出したり、リーダーとして仕切ったりできる人間は、既存の大きな組織からは生まれにくく、常にその外にいると考えている。社内で新規事業を立ち上げるといったって、既存事業のオペレーションが社員にとっては一番重要なわけです。歴史を見ても海外を見ても、大企業の内部から新しいものが次々に生まれることなんて、ほとんど起こってない。


河原春郎

自分たちがやっていることは、前に向かうための作業なんだと分かると人の意欲は必ず高まる。


照屋華子

テーマや期待する反応が曖昧な文書は、読んで決まってイライラします。「書き手が言いたいことは何か」「何のためにこの文章を自分に読ませたのか」が、なかなか読み取れないからです。目的意識なく、思いつくままに綴れば、そうなるのは当たり前です。


林修

僕がこれほど運にこだわるのは、昔、ギャンブルで痛い目を見たからです。「今日は勝ちまくるな!」なんてはしゃぐと、途端に負け出しました。浮かれてはしゃいでいると、流れはすぐに反転するのが運です。


守安功

ユーザーにとってプラスだったり、前面に出したほうが事業の成功の確度を高めるのであればモバゲーのブランドを使うが、そうでなければこだわりはない。


堤幸彦

作品には毎回毎回、新鮮な気持ちで向かっています。その都度、気持ちをリセットして、初期化して、素材に真摯に付き合う。逆にいうと、天才でも芸術家でもない僕が生きる道は、それしかないんです。何かがヒットしたからといって、浮かれだしたら、そこで潰れてしまう。


小宮山宏

自分は完全ではない。いつでも人に教えを請い、刺激を受けたい。そうやって一生学び続ける態度をとれるかどうか。自分の頭で考えられる人は、決して自説に凝り固まってはいけません。


福沢諭吉

今の時代において何を善とし何を悪とするかと尋ねられれば、人に対して、その人の好まないことを仕向けないのが善であり、それと反対の行為が悪であると答えよう。


井上英明

ノートにアイデアを書くときは、とにかく自由にワーっと書くのが大事なんじゃないでしょうか。線も無視して、ホワイトボードに書きなぐるような気分で。僕は発想が大事だと思っているので、こう書かなきゃいけないとか、ノートはこう使わなきゃいけないといった制約を設けるのは嫌なんです。


池田貴将

私はセミナー受講者のみなさんに「胸を2センチだけ前に出してください」とよくいいます。わずか2センチ胸を張るだけですが、確実に気分が晴れるのを実感できるはずです。他にも、日ごろから「いいことがあったから笑う」ではなく、「いいことを起こすために笑顔でいる」と心がける。気分がいいから元気に挨拶をするのではなく、「おはよう!」と元気に挨拶することで元気になる。身体の使い方は、感情のデザインのなかでも、もっとも手軽に実践できる要素だと思います。