イプセンの名言

イプセンのプロフィール

ヘンリック・ヨハン・イプセン。19世紀ノルウェーの劇作家。近代演劇の創始者。『ブラン』『ペール・ギュント』『人形の家』『野鴨』『ロスメルスホルム』『ヘッダ・ガーブレル』などの代表作があり、シェークスピア以後で最も盛んに上演されている劇作家と呼ばれている。ノルウェーの紙幣に肖像が描かれていた。

イプセンの名言 一覧

借金と金貸しに依存する家庭生活には、自由もなければ美しさもない。


この世の中で一番強い人間とは、孤独でただひとりで立つ者なのだ。


社会は一つの船のようなものだ。誰もが舵をとる準備をせねばならない。


イプセンの経歴・略歴

ヘンリック・ヨハン・イプセン。19世紀ノルウェーの劇作家。近代演劇の創始者。『ブラン』『ペール・ギュント』『人形の家』『野鴨』『ロスメルスホルム』『ヘッダ・ガーブレル』などの代表作があり、シェークスピア以後で最も盛んに上演されている劇作家と呼ばれている。ノルウェーの紙幣に肖像が描かれていた。

他の記事も読んでみる

細田治(経営者)

ネットでは、アルファベット形の飴でメッセージを作れる商品が人気です。店頭であれこれ考えるのは落ち着かないが、家で夜ゆっくり考えて注文する。そんな楽しみ方をこ、提供しています。


伊與田英徳

見ていただけるための努力はするけど、まずは自分たちが面白いと思うものを作ること。あとは少なくとも自分の友達には面白いと言ってもらえるようにしよう。そんなところからスタートした感じです。


信太明

ここぞというときに集中力を発揮する習慣が身につくと、仕事の量や質は3~4倍は向上します。


東英弥

仕事だけをしているとお付き合いの範囲が狭くなりますから、知見を持った人の話を聞いて、仕事に落とし込んで、それを社員やお客様に展開していく。これを今日まで続けてきたことが、よかったのではないかと思っています。


北尾吉孝

成長企業を見極めるポイントは、パーキャピタルです。つまり従業員一人あたりの利益の絶対額です。重電やコンピュータの日立製作所や、富士通、NECなどの製造業はこの数値が下がっています。一方、誕生後あっという間に時価総額十傑入りしたグーグルは、その額が非常に高い。


堀之内九一郎

お前らは、社員だろ。社員なんだから作業じゃなくて仕事をしろ。作業と仕事は違うんだぞ。作業とはいわれたことをいわれた通りにやること。仕事とは結果に経済(利益)が付いてくるものだ。


鍵山秀三郎

私は「与えられた枠を使い切らない」ということを一つの信条にしています。どういう意味かと言いますと、ここまでやってもいいという権限・権利を与えられていることでも、その効力を最大に使用することにこだわらず、少なめに享受するということです。飛行機や新幹線に乗ると並んだ座席の真ん中にはひじ掛けがありますね。一人がそこにひじを乗せれば、となりの人は使用できなくなります。そのようなとき、私は最初から絶対に使わないようにしています。枠を使い切らないというのは、相手の余裕を考えてあげることなのです。そしてそれは自分の心の余裕をつくることにもつながるわけです。


越智直正

プロとしてお客様のために最善を尽くす。それが商人の仕事。


国部毅(國部毅)

若い人たちはいろいろなことを結構はっきりと言ってくれます。


浦沢直樹

『MONSTER』のときに医学生が使うような資料写真とかいっぱい使ったんですが、最初は「うわ、きついな」と思っていたけど、不思議なことにじーっと見ちゃうと平気になる。「ちらっ」と見えたものってすごい恐怖として残る。恐怖を克服するには一回じっと見ることなんだよね。恐怖というものは「ちらっ」と見えたもんだ。


魚谷雅彦

部下の不出来を愚痴る前に、自分は部下にとってどんな上司なのか、コミュニケーションは的確にできているのかどうか、部下が自発的にイキイキ働けるような環境作りを十分にやっているか、自問自答してみてください。


荒木飛呂彦

仕事は午前11時から午後11時までです。朝は仕事場に行く2時間前には起きて、腕立て、腹筋、スクワットをしたり、それなりに時間をかけて準備をしてから出かけるようにしています。座っている姿勢でいる時間が圧倒的に長い仕事ですから、体を動かしてからじゃないと腕が動かなくて……。


堺屋太一

日本の歴史を振り返っても、大きな変革は、それまでにあった価値観をすべて否定することから起こっています。


山田満(経営者)

高いハードルをクリアできたら、社員の自信にもなり、それをステップにしてさらに高い目標を掲げることもできる。


ロミオ・ロドリゲス・ジュニア

即答すると説得力が高まる。質問の返答は、普通1秒以内。それ以上沈黙すると、「この人、何もわかっていないのでは?」と思われてしまう。何かを聞かれたら、「はい」でも「そうですね」でもいいので、すぐに返す癖をつけましょう。


ページの先頭へ