名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

イソップの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

イソップのプロフィール

イソップ、アイソーポス。古代ギリシアの童話作家。イソップ童話の作者。元奴隷で物語を語ることがうまいということで解放されたとされている。奴隷から解放された後は、各地を巡り、寓話を語り歩いた。アイソーポスの最も古い記述はヘロドトスの「歴史」に記されている

イソップの名言 一覧

あなたに危機が訪れたときにあなたを見捨てる友人を、信頼してはいけない。


困難な状況に陥ったとき、決して人の忠告を信じるな。


我々は心に気を配るべきで、外見に気を配るべきではない。人の心を見ることが重要で、その人の外見を見る必要はない。


自惚れは自滅を招く。


イソップの経歴・略歴

イソップ、アイソーポス。古代ギリシアの童話作家。イソップ童話の作者。元奴隷で物語を語ることがうまいということで解放されたとされている。奴隷から解放された後は、各地を巡り、寓話を語り歩いた。アイソーポスの最も古い記述はヘロドトスの「歴史」に記されている

他の記事も読んでみる

河盛好蔵

多くの人が絶望を感じ、不可能と判断することに対しても青年は希望を失わない。反対に多くの人々にとって自明の理と考えられていることがらについても、一応これを自分の目で見、自分の頭で考えてみる熱意と努力を惜しまない。天才が長い努力の結果到達した地点に、自分もまた出発点から自分の足で歩きなおしてみようとする野心を胸に一杯抱く。


仮屋薗聡一

信頼はつくろうとしてつくれるものではありません。当然ですが、ムリに自分を飾ろうとするのは逆効果だと思います。


宮内義彦

グループ経営のもとでは、子会社の株式公開とは自らの一部を売却することです。株式公開が本質的に会社を他人に売る行為である以上、なぜ売らなければいけないのかを企業経営の観点から考える必要があります。上場というのはそれだけで何か素晴らしい行為というわけではありません。本質的に会社の一部を他人に売却する株式公開は、他人に株を持ってもらう、すなわちその会社の所有者になってもらうことであり、当然、その後の果実の一部はその株主に帰属します。


桜井博志

新しい酒では中身で勝負したかった。だから箱やラベルはできるだけ素朴でシンプルなものにしました。


高田明(ジャパネットたかた)

いきなり売れるネタを探そうとしても上手くいきません。ネタを探すことに躍起になるのではなく、目の前の課題をひとつひとつクリアしていくことが大切です。課題というのは、目の前の常にあるものです。ある商品が100個売れたら、「なぜ1000個売れないのか」と考えれば、それが課題です。現状に疑問を持つことです。それを自分の努力や情熱で乗り越えていけば将来につながります。


外山滋比古

損は忘れることができます。トータルで儲かれば、お金は減っていないので、損は忘れられる。もちろん、損ばかりしていたらお金が無くなっちゃうから、忘れることはできません。ですが、ある程度健全にやっていれば、儲けて損して、儲けて損してを繰り返して、だいたいはトントンになるのが普通です。自然に起きる偶然が積み重なった末の結果であれば、大きなマイナスになるということは起きにくい。考えてみれば、株式投資というのは割と安全なギャンブルです。


斎藤広達

頭でっかちなコンサルタントが作った再生計画は、往々にして「絵に描いた餅」に終わる。数字だけを追いかけていては、企業再生の道筋は見えないのだ。目に見えない部分も含めて企業の強みと弱みを分析、検証する作業が必要。


大西紀男

いつも何かに失敗してから次の人生が始まる。


松井道夫

コーポレート・ガバナンスというのは、リーダーに強い権限を与える一方、失敗した場合にはそのリーダーをパージ(追放)する仕組みです。「あいつの言っていることを信じてやらせてみよう」、「そのかわり、判断ミスが明らかとなった場合には辞めさせる」という 2つの仕組みが揃わなければ、リーダーの思い込みに組織を委ねることなどできません。


フィリップ・ウィッカム

まずは、「自分がどの領域でユニークな特徴を持っているか」を考えてみてほしい。簡単そうに思えますがとても難しい質問です。「自分は何者か」、「何をしているときが最も自分らしいか」、といったことを常に自問自答してみるのです。そして弱みを克服するのではなく、強みを強化してください。


高原豪久

初心忘れるべからずという言葉がありますが、そういう言葉があるということは、人は初心を忘れやすいということですよ。


荻田築

東京東部支店立て直しのとき、私が実践していたのは朝・晩は机に座っていないで、必ず倉庫に立つことでした。倉庫にいると本音が聞こえてくるからです。商品を見ながら、どれが売れてどれが売れていないかも分かりますし、営業から帰ってきた人の顔を見れば、どんな成果だったかも分かります。