イソップの名言

イソップのプロフィール

イソップ、アイソーポス。古代ギリシアの童話作家。イソップ童話の作者。元奴隷で物語を語ることがうまいということで解放されたとされている。奴隷から解放された後は、各地を巡り、寓話を語り歩いた。アイソーポスの最も古い記述はヘロドトスの「歴史」に記されている

イソップの名言 一覧

あなたに危機が訪れたときにあなたを見捨てる友人を、信頼してはいけない。


困難な状況に陥ったとき、決して人の忠告を信じるな。


我々は心に気を配るべきで、外見に気を配るべきではない。人の心を見ることが重要で、その人の外見を見る必要はない。


自惚れは自滅を招く。


イソップの経歴・略歴

イソップ、アイソーポス。古代ギリシアの童話作家。イソップ童話の作者。元奴隷で物語を語ることがうまいということで解放されたとされている。奴隷から解放された後は、各地を巡り、寓話を語り歩いた。アイソーポスの最も古い記述はヘロドトスの「歴史」に記されている

他の記事も読んでみる

小笹芳央

利他の精神で取った行動には、必ず正のフィードバックが働く。


向井万起男

日常の中で立ち止まる時間をつくって、先のことを考える。そのちょっとした習慣に充実した人生を生きることができるか、それとも流されて終わるかがかかっています。そして、真の意味でリッチな人生を送るには、まずは目標を見つけることです。これは間違いなく必要だし、真実です。


小川賢太郎

私が特に幹部に言っているのは、専門知識なども大事ですが、まずは「良き消費者たれ」と。これが我々のような消費財の販売を手掛ける企業の原点ですし、この国の原点でもあると思います。消費者にとっていい商品、いいサービス、いいお店、これが最も大切。いくら会社側で「技術力が違いますよ」と言っても意味がありません。それは消費者が決めることです。ですから、私は良き消費者でないと、正しい判断ができないと思っているんです。


本田宗一郎

私がやった仕事で本当に成功したものは、全体のわずか1%にすぎないということも言っておきたい。99%は失敗の連続であった。そして、その実を結んだ1%の成功が現在の私である。私の現在が成功というのなら、私の過去はみんな失敗が土台作りをしていることになる。私の仕事は失敗の連続であった。


デニース・ラザフォード

お客様の声を聞きながら製品を作るのが働くことの喜び。


空知英秋

共感できる部分があるから、笑えるんだと思う。


スティーブ・ジョブズ

仏教には「初心」という言葉があるそうです。初心をもっているのは、すばらしいことだ。


シェイクスピア

逆境が人に与えるものこそ美しいではないか。それはガマガエルに似て醜く、毒を含んでいるが、その頭の中には宝石をはらんでいる。


逢沢明

この格差社会、弱者が正面から強者に向かっても勝ち目はない。だから大河ドラマの軍師・山本勘助のように「戦略」が必要になる。


中島武

イタリア料理を始めた時、「なんでこんなにお客様が喜ばない料理を出すんだ」と言ったんですね。そうすると調理人はうるさがる。私は素人のオーナーですから。(その後、料理人全員が今日でやめると言い出す騒ぎが起きる。)こんなことは僕にとっては何でもないことなんです。腹をくくっていればね。お店を閉めてしまう一日や二日なんて、人生の中で考えたらなんでもないでしょ?メンツを気にすることはないんです。本当のメンツの方が大事です。


安河内哲也

もちろん、間違えれば笑われることもあるでしょう。でもそれは、英語がうまくなるためには避けられないプロセスです。スキーやテニスだって、失敗せずにうまくなる人はいません。英語だけ間違えずにうまくなるなんてあり得ない。その代わり、「使ってみる→間違う→直す→うまくなる」の順番を守れば、どんどん話せるようになるし、英語が楽しくなります。


中川政七・13代目(中川淳)

センスがなくてもヒット商品は生み出せる。


大橋未歩

周りからはいろいろ言われたり書かれたりしますが、私自身は局アナにブランド価値は必要ないと思っています。フリーで働くのであればイメージ戦略も必要かもしれません。しかし、私は局アナである以上、会社がやると決めた番組なら、たとえそれが際どい内容でも、会社と一緒に挑戦していきたいと思っています。


天池源受

日本貿易振興機構(ジェトロ)が主催するミラノで開かれた展示会に出展し、イタリアとフランスの有名ファッションブランドが「天女の羽衣」を採用してくれたことが、次への大きなステップボードになりました。私はヨーロッパのあるお客様が「天女の羽衣」をはじめて手に取った時、「ジャパン・マジック!」と思わず感嘆された姿がいまでも忘れられません。目利きのバイヤーが揃うヨーロッパのファッション界で認められたことは、私にとっても会社にとっても大きな自信となりました。


松下幸之助

松下幸之助の商売戦術30か条

  1. 商売は世のため人のための奉仕にして、利益はその当然の報酬なり
  2. お客様をじろじろ見るべからず。うるさく付きまとうべからず。
  3. 店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何。
  4. 棚立て上手は商売下手。小さい店でゴタゴタしている方がかえってよい場合あり。
  5. 取引先は皆親類にせよ。これに同情を持ってもらうか否か店の興廃のわかるるところ。
  6. 売る前のお世辞より、売った後の奉仕。これこそ永久の客を作る。
  7. お客様の小言は神の声と思って何ごとも喜んで受け入れよ。
  8. 資金の少なさを憂うなかれ。信用のたらざるを憂うべし。
  9. 仕入れは簡単にせよ。安心してできる簡単な仕入れは繁盛の因と知るべし。
  10. 百円のお客様よりは一円のお客様が店を繁盛させる基と知るべし。
  11. 無理に売るな。客の好むものも売るな。客のためになるものを売れ。
  12. 資金の回転を多くせよ。百円の資本も十回まわせば千円になる。
  13. 品物の取り換えや返品にこられた場合は、売ったときよりも一層気持ちよく接せよ。
  14. お客の前で店員小僧をしかるくらいお客を追い払う妙手段はない。
  15. 良き品を売ることは善なり。良き品を広告して多く売ることはさらに善なり。
  16. 自分の行う販売がなければ社会は運転しないという自信を持て。そしてそれだけに大なる責任を感ぜよ。
  17. 仕入先に親切にせよ。そして正当な要求は遠慮なく言え。
  18. 紙一枚でも景品はお客を喜ばせるものだ。付けてあげるもののない時は笑顔を景品にせよ。
  19. 店のために働くことが同時に店員のためになるよう、待遇その他適当の方法を講ずべし。
  20. 絶えず美しい陳列でお客の足を集めることも一案。
  21. 紙一枚でも無駄にすることはそれだけ商品の値段を高くする。
  22. 品切れは店の不注意、お詫びして後「早速取り寄せてお届けします」とお客の住所を伺うべきである。
  23. 正札を守れ。値引きはかえって気持ちを悪くするくらいが落ちだ。
  24. 子供は福の神。子供連れのお客、子供が使いにきての買い物にはとくに注意せよ。
  25. 常に考えよ今日の損益を。今日の損益を明らかにしないでは寝に就かぬ習慣にせよ。
  26. 「あの店の品だから」と信用し、誇りにされるようになれ。
  27. 御用聞きは、何か一、二の品物なり商品の広告ビラなり持って歩け。
  28. 店先を賑やかにせよ。元気よく立ち働け。活気ある店に客集まる。
  29. 毎日の新聞広告は一通り目を通しておけ。注文されて知らぬようでは商人の恥と知るべし。
  30. 商人には好況不況はない。いずれにしても儲けなければならぬ。

ページの先頭へ