名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

イザベラ・ブラックモーアの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

イザベラ・ブラックモーアのプロフィール

イザベラ・ブラックモーア、イザベラ・ブラックモア。カナダ人宣教師、教育者。「東洋英和女学校」校長。カナダ・ノバスコシア州出身。師範学校を卒業し、教育宣教師として来日。東洋英和女学校英語教員、山梨英和女学校英語教員などを経て東洋英和女学校校長に就任。東京女子大学理事長、カナダ・メソジスト婦人伝道会日本総理などを務めた。

イザベラ・ブラックモーアの名言 一覧

最上のものは過去にあるのではなく、将来にあります。旅路の最後まで、希望と理想を持ち続けて進んでいく者でありますように。


若い時代は準備の時であり、その準備の種類によって次の中年時代、老年時代が作られていく。


人生は進歩です。今日は昨日よりも良く、明日は今日よりも優れた生活へと、絶えず前進していくのが真実の生き方。


雨の後に虹は出ます。恵みの虹を信じましょう。


イザベラ・ブラックモーアの経歴・略歴

イザベラ・ブラックモーア、イザベラ・ブラックモア。カナダ人宣教師、教育者。「東洋英和女学校」校長。カナダ・ノバスコシア州出身。師範学校を卒業し、教育宣教師として来日。東洋英和女学校英語教員、山梨英和女学校英語教員などを経て東洋英和女学校校長に就任。東京女子大学理事長、カナダ・メソジスト婦人伝道会日本総理などを務めた。

他の記事も読んでみる

細谷英二

これからの日本はグローバル経済の一員として生きるしかありません。それを前提に考えると、多様性をどれだけ受け入れられるかが重要だと思います。異質なものを嫌わないことです。


古川享

テレビを例に挙げれば、誰もが同じチャンネルで同じコンテンツを見るのではなく、ひとりひとりの主義・嗜好に合わせてチャンネルとコンテンツを選択する。それによって一人一人の幸せが実現されるんです。見たい時に見たい番組が見られるということは、時間の束縛から解放されることになります。そこに新しいビジネスチャンスが生まれると言っていい。


梅澤高明

今後、AI(人工知能)がどんどん進化すれば、AIに取って代わられる仕事が増えます。AIができる仕事では、人間は絶対にスピードでかなわない。効率ではなく、新しい価値を生み出せるかが、人間の勝負どころになってくるはずです。個人、あるいはチームとして、どれだけ創造性のある仕事ができるか、ということです。


太田大介

精神と身体を二元論的に捉えるよりも、精神と身体は一体だと捉えたほうが正しい。たとえば「不安になると動悸がする」「緊張すると手に汗をかく」というように、心と身体はつながっています。ですから、身体への働きかけによって、メンタルの健康を支えることもできるわけです。


奥田務

人間は、自分の生活やスタイルを変えたがらない生き物です。ですから私の改革に対して、何らかの反発があることは理解できます。しかし、だからこそ、社員のマインドを変えるには、経営者が断固として思いを貫き、同じ言葉を言い続けなくてはならないのです。


片桐孝憲

現在のネット業界はサービスを作っても、育てるのに大きな資金が必要。だから、(有望なスタートアップは)DMMのグループに入って、DMMのリソースを使って大きく育ってもらう。つまり、天然記念物は病気にかかって死んでしまうと困るから、過保護にしないとダメという考え方。(一般の大手企業に多い)一部出資という選択肢はあり得ない。


佐伯弘文

労をいとわず何でもやる人間はダメです。まず与えられた仕事が意味のあるものかどうか即断し、意味のない仕事は徹底的に短時間で処理する。また同じような繰り返しの仕事は徹底的に標準化し、それにほとんど時間を費やさないことです。


藤田晋

どんなに酷い目に遭っても、ぐっと堪えることが大切です。自分が悪くなくても、キレない。キレたらそこで終わりです。仕事をしていると、忍耐が必要な局面がしばしば出てきます。そこで、自分の心が耐え切れるかどうかが重要です。


矢野博丈

お客様にはすぐ飽きられるものです。ずーっとずーっと恐くて、眠れなかったんです。


小笹芳央

私は仕事の最終的な目標は、「自分がやりたいことをやれる自由を獲得すること」だと思っています。その自由は、一朝一夕に手に入れられるものではありません。やれることをきっちりやって、周囲から信頼を獲得していく中で、徐々に勝ち取れるものだと思っています。


田村邦明

ラグビーで学んだのは一人は皆のために、皆は一人のためにの精神です。その集団の組織力によって発揮される凄さという力学、そういう価値観を踏まえたスポーツに取り組み実践出来たことが、今考えると大きな収穫だったと思います。


小阪裕司

ちょうど先日、あるメーカーで便器の開発をしていた方のお話伺う機会があったんですけど。ウォシュレット、やっぱりあれは当時、ものすごく大きなイノベーションだったんですって。明らかに「欲しい」と感じられるものだったと。でも、初期のこの手の商品にはまだ、必要十分な機能が備わってなかったんですね。もっとよく命中するように改良するとか。まあ、それ以外にも乾燥とか脱臭とか、どんどん機能を付加していったと。それに応じてどんどん売上は上がって行ったし、それで良かったと。でも、ある所まで商品のレベルが到達するとやることがなくなったんですって。でも、機能を増やしても、増やしても、思うように売上が上がらない時がやってくるんですって。やっぱり、あるレベルまで必要や欲求を満たしたら、別の局面がやってくるということなんでしょうね。