名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

イザベラ・ブラックモーアの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

イザベラ・ブラックモーアのプロフィール

イザベラ・ブラックモーア、イザベラ・ブラックモア。カナダ人宣教師、教育者。「東洋英和女学校」校長。カナダ・ノバスコシア州出身。師範学校を卒業し、教育宣教師として来日。東洋英和女学校英語教員、山梨英和女学校英語教員などを経て東洋英和女学校校長に就任。東京女子大学理事長、カナダ・メソジスト婦人伝道会日本総理などを務めた。

イザベラ・ブラックモーアの名言 一覧

最上のものは過去にあるのではなく、将来にあります。旅路の最後まで、希望と理想を持ち続けて進んでいく者でありますように。


若い時代は準備の時であり、その準備の種類によって次の中年時代、老年時代が作られていく。


人生は進歩です。今日は昨日よりも良く、明日は今日よりも優れた生活へと、絶えず前進していくのが真実の生き方。


雨の後に虹は出ます。恵みの虹を信じましょう。


イザベラ・ブラックモーアの経歴・略歴

イザベラ・ブラックモーア、イザベラ・ブラックモア。カナダ人宣教師、教育者。「東洋英和女学校」校長。カナダ・ノバスコシア州出身。師範学校を卒業し、教育宣教師として来日。東洋英和女学校英語教員、山梨英和女学校英語教員などを経て東洋英和女学校校長に就任。東京女子大学理事長、カナダ・メソジスト婦人伝道会日本総理などを務めた。

他の記事も読んでみる

土川健之

本当はこれがやりたいけれど上が何か言うから、周りが何か言うからやらないというのは、自分に嘘をついているわけです。自分に嘘をつくのをやめて、自分がやりたいことをやりたいようにやる。すべて自己責任でやるようにすれば、結果はすべて自分の糧になりますから、アンラッキーということ自体が存在しなくなるのです。


弘兼憲史

あらゆる仕事はチームワーク。漫画家も、本人の才能だけでは連載は続けられません。周囲の助けが必要です。


出口治明

私のチーム作りのポリシーは、一人ひとりのメンバーをよく見て、どういう組み合わせをすれば強くなるかをよく考えることです。例えば、野球だって同じ。適材適所を考えることが、強いチームづくりのすべてです。


笹宏行

過去はいろいろなところに手を出し、規模しか追っていませんでした。自分たちはどういう会社なのかという基本に立ち返り、事業ポートフォリオを見直したことで財務体質も改善しました。


羽鳥成一郎

化粧品は効能や効果以上にイメージで売上が変わる商品です。自由な発想を尊び、挑戦をいとわない風土があります。一方、医薬品は法律の縛りがあるため、安易なイメージ戦略はとれません。安全性や品質にも化粧品とは段違いの厳格さが求められます。エスエス製薬ではイノベイティブな発想は歓迎されず、リスクを嫌う企業文化がありました。


立花徹

現在、ベクターではお客様の多様なニーズに対応するためにM&Aを推し進めて、自社のラインアップにない製品・技術を強化しています。お客様の開発パートナーとして付加価値を提供し続けるために、先進的な技術要求に注力していきます。


豊田達郎

自動車の場合はやるべきことをやっていかないといけません。政府にお願いすることには所得税減税や景気浮揚策などがありますが、何といっても私どもはバブルの時代に水ぶくれした部分があると思います。その反省から、原価低減、経費削減などやるべきことはやります。


田村潤

主なお客であった飲食店や酒販店のオーナーは、日々の経営に必死です。「もっとお客を呼ぶ手はないか」と悩んでいる。しかも大抵、相談相手がいなくて孤独です。そこで「何かお手伝いできることはありませんか?」と投げかければ、ぐっと心の距離が近づく。


中村克己(経営者)

会社経営はクルマづくりと似ている。技術者がいいクルマをつくろうとすれば、いいエンジンやタイヤなど部品を集めますね。もちろん、集めただけでは駄目。思うような性能が出ないとき、どの部品にどんな問題があるのかを徹底的に調べ、解決策を見つけます。経営だって同じなんです。会社が赤字に陥った。品質問題が発生した。顧客先でトラブルが絶えない。こうした問題も、会社全体をクルマという「製品」として捉えれば、各事業部門を「部品」とみなして考えることができます。つまり、ある部門が規定の性能を発揮していないから、問題が出てくる、と。


小山田浩定

損得だけで判断しない。損があっても「人」として為すべきことがある。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

今日では複合的なビジネスを持っていることが助けになる。優れた事業が、苦戦している事業を埋め合わせるからだ。事業の多様化は今日のグローバル経済では真の強みになる。


マーシャル・ゴールドスミス

会社を去った後の人生までしっかりと設計できるCEO(最高経営責任者)こそ、自分が手にした権力をうまく後任に託せます。次の行き先が既にあるわけですから、トップの座に固執しません。