イゲット千恵子の名言

イゲット千恵子のプロフィール

イゲット千恵子、いげっと・ちえこ。日本の経営者、ハワイ教育移住コンサルタント。「Beauti Therapy LLC」社長。大学卒業後、外資系企業勤務、ネイルサロン経営などを経てハワイに移住。その後、ハワイでエステサロン、化粧品会社などを経営。

イゲット千恵子の名言 一覧

残念なのは、日本や日本人にはいいところがたくさんあるのに、アピールが下手なために相手にそれが伝わらないこと。本当にもったいない。


日本企業は決断に時間がかかりすぎますね。日本企業とビジネスをしてもなかなか決まらないため、結局、よその企業と契約してしまう。スピード感がまるで違います。


型にとらわれることなく、自分のやり方で仕事ができる。これがアメリカのビジネスの魅力。


アメリカではいろんな問題が起きます。人種も様々ですから、自分にとっての常識が相手にとっては常識ではないということもよく起こります。そんな問題をゲームをクリアするように解決していく。これが楽しい。


ハワイでの子育てをいろんな人に勧めています。ハワイにはいろんな人種が暮らしていますが、全米唯一、人種が仲良く混じり合って暮らしている州です。小さい頃から、この環境で暮らすことが、子供にとっても大きな財産になります。もちろん英語も身につきます。授業料は高いですが、ここで暮らすことで国際的な人脈を、子供だけでなく親もつくることができます。素晴らしい環境です。


アメリカのいいところは、「社会にいいものなら応援してもらえる」ということです。しかも女性やマイノリティーが優遇されているため、日本よりも女性が起業しやすいと思います。20年前の日本でネイルサロンを開業した時は、私ではマンションの一室が借りられず、父親の名前を借りて契約しました。でもアメリカでは、事業内容さえ良ければ女性だからといって断られることなんかありません。


ハワイで起業したのは5年前ですが、その時思ったのは、どうせなら人の役に立ちたいということでした。私自身、成人性アトピーに長年、苦しんだことがあります。ハワイでのライフスタイルの変化で、ステロイドを使用せずに、オーガニックコスメで肌がきれいになっていきました。そうなると気分もまるで違ってくる。その経験から、美しくなることで人は元気になれる。そういったライフスタイルを提供できないかと考え、敏感肌専門のエステサロンを開きました。


夫婦というのはパートナーです。一緒に暮らしていても、お互いの成長スピードが変わってしまうと、相手の変化についていけなくなってしまう。それが理由で離婚する人も多いようです。でも離婚という言葉を使いたくないので、私はメンバーチェンジと呼んでいます(笑)。


イゲット千恵子の経歴・略歴

イゲット千恵子、いげっと・ちえこ。日本の経営者、ハワイ教育移住コンサルタント。「Beauti Therapy LLC」社長。大学卒業後、外資系企業勤務、ネイルサロン経営などを経てハワイに移住。その後、ハワイでエステサロン、化粧品会社などを経営。

他の記事も読んでみる

堀江翔太

日本ラグビーを背負う、なんていうとおこがましいですが、自然とそんな見方、考え方になってきましたね。やけに客観視するというか、「俺が俺が」ではなく、俯瞰でみるというか。でも、これはラグビーを続ける中で身についた感覚。もっといえば、ラグビーで挫折を繰り返してきたから、かもしれないですね。


佐藤優

組織とケンカをしてもまず勝ち目はない。ただし、勝てないまでも引き分けに持ち込むことは可能です。それは「局地戦」に持ち込むこと。


高谷慎太郎

ハード部分もセガ単体でつくることは可能でしたが、自分が大好きになったダーツマシンをつくっているメダリスト社というアメリカのメーカーと一緒にやりたいという気持ちが強くありました。だから、一人アメリカに渡って、メダリスト社の門をたたきました。ネットワーク化によってダーツの楽しさがいかに増すかを先方のオーナーに説明しましたが、「お前の熱意はよくわかるが、説明はよくわからん」といわれ、そんな状態が結局、2年くらい続きました(笑)。
【覚書き|その後、セガとメダリスト社との合弁事業がはじまった】


松前義昭

私が付属校の教育現場を視察して感じたのは、若い先生が中心となって活躍する場が少ないということでした。ベテランの先生だけが昔からのやり方で現場を仕切っているのはどうもよくないと感じたので、先生たちと相談して、若くてしかも体力とガッツがある先生に少しずつバトンタッチさせていきました。その改革を始めたら、それまで校舎を建て替えても減っていた志願者が増え始め、最近は3年連続で定員を満たしています。


寺田千代乃

私たちの世代の大半の経営者は、松下幸之助さんの書籍を読んで勉強しております。経営者は常に難しい問題に直面して悩んでいるものですが、松下幸之助さんの本を読むと、経営に関する難題を解くヒントがわかりやすく書かれていて、力をいただくことが多いのです。


アンドリュー・カーネギー

成功するには、成功するまで決して諦めないことだ。


吉田忠裕

縛りがある中で新しいものを、別の角度から作っていく。


樋口泰行

企業で何かを実行するには組織力が重要です。その基になるのは一人ひとりの社員。彼ら彼女らが自ら考え、「腹落ち」したうえで仕事に取り組める環境を作るのが、社長時代のテーマでした。


渡邊洋一郎

会社の状況が判れば、社員は改善に向けて努力してくれるもの。


井上和幸(ヘッドハンター)

幹部クラスの転職相談に乗る際、私は「外部のコンサルタントとして解決策を売りにいく意識で転職活動をしてみてください」とアドバイスしています。もしあなたが営業部門の経験者なら、相手の質問が一段落した頃に「御社は営業で何をお悩みですか」と逆に聞いてみるのです。悩みに応じて解決策を提案する。内容が的を射ていたら、ぜひうちに来てそれを実行してください、と三顧の礼で迎えられるはずです。


河野貴輝

近江にある博物館に行ったとき、「相場による投機」、「買い占めによる利益」、「政治家と癒着する利益」が、商人が得てはいけない「悪の利益」と書かれていた。


岡田武史

FC今治のオーナーになるにあたり、改めて今治の街を歩いてみたら、デパートだった場所が更地になっていたり、商店街がシャッターだらけだったり……。そこで、いくらサッカーで夢を実現しても、自分たちが立っている場所が廃れてしまったら意味がないと気づきました。どうせやるなら街ぐるみで元気にならないといけないというビジョンを持つようになったのです。


アンリ・ベルクソン

本当の幸福とは善行がもたらす喜びである。


野村総一郎

ストレス耐性は、その人のものの考え方によって変わってきます。ストレスに弱い人は、ものの考え方を変えていく必要があるでしょう。


小山佳延

8年前に、アンケートを基に旅行の質を数値化できるようなシステムを全社に導入しました。いくら売れても質が悪ければその旅行を評価しない方針にしたのです。結果、2~3年で成果が出てきました。


ページの先頭へ