イゲット千恵子の名言

イゲット千恵子のプロフィール

イゲット千恵子、いげっと・ちえこ。日本の経営者、ハワイ教育移住コンサルタント。「Beauti Therapy LLC」社長。大学卒業後、外資系企業勤務、ネイルサロン経営などを経てハワイに移住。その後、ハワイでエステサロン、化粧品会社などを経営。

イゲット千恵子の名言 一覧

1 / 11

残念なのは、日本や日本人にはいいところがたくさんあるのに、アピールが下手なために相手にそれが伝わらないこと。本当にもったいない。


日本企業は決断に時間がかかりすぎますね。日本企業とビジネスをしてもなかなか決まらないため、結局、よその企業と契約してしまう。スピード感がまるで違います。


型にとらわれることなく、自分のやり方で仕事ができる。これがアメリカのビジネスの魅力。


アメリカではいろんな問題が起きます。人種も様々ですから、自分にとっての常識が相手にとっては常識ではないということもよく起こります。そんな問題をゲームをクリアするように解決していく。これが楽しい。


ハワイでの子育てをいろんな人に勧めています。ハワイにはいろんな人種が暮らしていますが、全米唯一、人種が仲良く混じり合って暮らしている州です。小さい頃から、この環境で暮らすことが、子供にとっても大きな財産になります。もちろん英語も身につきます。授業料は高いですが、ここで暮らすことで国際的な人脈を、子供だけでなく親もつくることができます。素晴らしい環境です。



アメリカのいいところは、「社会にいいものなら応援してもらえる」ということです。しかも女性やマイノリティーが優遇されているため、日本よりも女性が起業しやすいと思います。20年前の日本でネイルサロンを開業した時は、私ではマンションの一室が借りられず、父親の名前を借りて契約しました。でもアメリカでは、事業内容さえ良ければ女性だからといって断られることなんかありません。


ハワイで起業したのは5年前ですが、その時思ったのは、どうせなら人の役に立ちたいということでした。私自身、成人性アトピーに長年、苦しんだことがあります。ハワイでのライフスタイルの変化で、ステロイドを使用せずに、オーガニックコスメで肌がきれいになっていきました。そうなると気分もまるで違ってくる。その経験から、美しくなることで人は元気になれる。そういったライフスタイルを提供できないかと考え、敏感肌専門のエステサロンを開きました。


夫婦というのはパートナーです。一緒に暮らしていても、お互いの成長スピードが変わってしまうと、相手の変化についていけなくなってしまう。それが理由で離婚する人も多いようです。でも離婚という言葉を使いたくないので、私はメンバーチェンジと呼んでいます(笑)。


イゲット千恵子の経歴・略歴

イゲット千恵子、いげっと・ちえこ。日本の経営者、ハワイ教育移住コンサルタント。「Beauti Therapy LLC」社長。大学卒業後、外資系企業勤務、ネイルサロン経営などを経てハワイに移住。その後、ハワイでエステサロン、化粧品会社などを経営。

おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

1 / 11

ページの先頭へ