イエンス・ペーター・ヤコブセンの名言

イエンス・ペーター・ヤコブセンのプロフィール

イエンス・ペーター・ヤコブセン。デンマークの小説家。ユトランド半島出身。コペンハーゲン大学で植物学を学ぶ。その後小説を執筆し、多くの名作を残した。結核のため38歳でこの世を去った。

イエンス・ペーター・ヤコブセンの名言 一覧

人は誰しも、おのれ一人の生涯を一人で生き、おのれ一人の死を一人で死ぬものである。


イエンス・ペーター・ヤコブセンの経歴・略歴

イエンス・ペーター・ヤコブセン。デンマークの小説家。ユトランド半島出身。コペンハーゲン大学で植物学を学ぶ。その後小説を執筆し、多くの名作を残した。結核のため38歳でこの世を去った。

他の記事も読んでみる

堀紘一(コンサルタント)

仕事の能力ばかりが高くても、それだけで部下の心を動かせるわけではない。加えて人間的魅力こそが、チームを率いるリーダーには不可欠な要素なのである。


鈴木おさむ

仕事が休みのとき、家でダラダラ寝ていることはまずないですね。パッと時間ができたら、映画を観に行ったり、本を読んだり、すぐ何らかの行動に移しています。生活の中でぼーっとしていることはほとんどなくて、移動の時間もずっとiPodを聴いたり、ケータイをいじってツイッターやったりブログを書いたりしています。


杉浦広一

人間が読書や実体験を経て考え方や物の見方を吸収して成長するのと同じように、企業も成長しなくてはなりません。


森本容子

周りからギラギラしてませんね、といわれるけど、本当は逆。お金は大切だし、すごく欲しい(笑)。ファッションもよく見られたいという欲望が原点ですから、達観なんかしてたらダメなんですよ。


箱田忠昭

仕事をしている時間は、大きく「Aタイム」「Bタイム」「Cタイム」に分けることができます。Aタイムは顧客との商談など売上に直結する最も大切な時間。Bタイムは会議や商談の準備など、直接金にはならないが必要不可欠な時間。Cタイムは商談の待ち時間などのスキマ時間です。残業を減らすには、このスキマ時間をいかに減らすかがポイントになります。


和地孝

おもてなしの感性を持ったプロが上司にいました。大阪の話ですが、ある日、高麗橋の吉兆に会合の下見に行くように言われました。心の中では「前の日にも接待で行っていたので、わざわざ下見に行かなくてもわかっている」と思いながらしぶしぶ出かけて帰って報告すると、「クーラーの風はどの方向に流れていた?」と聞かれたんです。ギョッとしましたね。「最初に言ってくれればいいのに」と思いましたが、いま振り返ればそれが教育なんですね。はじめからクーラーの風の向きを見てくるようにと指示してしまうと、それしか目に入らなくなってしまうわけです。ただ行って見て来いとしか言われなければ、自分で問題意識を持ちます。それが大切なんです。


佐藤智恵(コンサルタント)

日本の管理職クラスは、どちらか一方に振れがちですね。現場には滅多に来ないで指示だけをする人と、「現場が大事」といって余計な介入をしてしまう人……。大切なのは現場が活躍できる仕組みを作ったら、あとは任せ切ること。


加藤充(経営者)

子供が社会と触れ合うことは本当に大切なのです。だから私は、職業体験を幼い頃から行うべきだと考えています。


岩瀬大輔

私のまわりの稼ぐ人たちを見ても、超高度な秘密情報を持っている人などまずいません。誰もが平等に持っている情報や事柄からでも、新しい気付きを得られることを知っているだけです。


出口治明

子供の頃、ほとんどの人は「偉人伝」を読んだことがあるでしょう。そのときは、昔の英雄たちの活躍に、胸を躍らせたり、感動したり、憧れたりしただけだったかもしれません。ビジネスパーソンの皆さんには、そうした伝記をぜひ、もう一度読み返してもらいたい。なぜなら、偉人伝こそ、最高の人生の教科書だからです。


ラリー・ペイジ

イノベーションは小さなグループから起こる。


長谷川閑史

このタケダという会社が230年培ってきた経営の考えである、誠実をモットーとするタケダイズムは、どんなグローバル化しようと大事にします。それを肌の感覚でわかりながら、グローバルにビジネスがマネージできて、人も使える人材を育てないといけません。


日高憲三

挑戦すること、責任感を持つこと、そして人のために汗を流すリーダーシップの精神を培い、知恵を養うこと。これらは大学の一つの教育理念として、今日まで、明治の伝統になっています。企業の方々からも、明治の卒業生は「任せると責任を持ってやる」という評価をいただいていますが、それも、こうした伝統があってこそだと感じています。


出口治明

仕事に行き詰まったり、壁にぶち当たったときは、早く帰ればいいんです。それで、好きなものを食べて、風呂には行って、ぐっすり眠った後に、もう一回考えればいい。頭と体を切り替えなければ、いいアイデアも出ませんよ。仕事の質が低くなる。


加藤一二三

音楽は解説がなくても感動できるんですが、将棋の場合は解説が必要なんです。解説を読むと、将棋の奥深さが伝わり、感動を伝えられる。だから僕は自分の名局を解説して、より多くの人に将棋の素晴らしさを伝えていきたいと思っています。


ページの先頭へ