名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

イェンス・ブテナントの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

イェンス・ブテナントのプロフィール

イェンス・ブテナント。140年以上の歴史を持つドイツのテュフズード社の日本法人であるテュフズードジャパンの社長。ドイツ生まれ、スイス連邦工科大学大学院卒、自然科学の博士号を持つ。大学院卒業後テュフズードプロダクトサービスに入社。非能動医療機器開発所所長、体外診断薬部部長を経てテュフズードジャパンに移籍。医療機器事業本部長、医療機器事業アジア製造部門長を経て同社社長に就任

イェンス・ブテナントの名言 一覧

今後はニーズの高まりが予測される高齢者向けの製品やサービス業者向けの認証、企業が独自に行っているプラントの監査などにも積極的に参入していきたいと考えています。


当社のような第三者認証機関が関わることによって、不幸な事故が起きる可能性を減らすことができるでしょう。私たちの使命は、安全・品質基準への適合性を審査することによって製品の事故をなくし、安全で暮らしやすい社会づくりに貢献することです。


ときとして口うるさい嫌われ者になりながら、それでもお客様との緊密なパートナーシップを築いていかなければならない。これは正直申し上げて、決して容易なことではありません。しかし、このようにお互いオープンにして深く話し合える関係を築くことが私どものビジネスにおいて一番大切なのです。


イェンス・ブテナントの経歴・略歴

イェンス・ブテナント。140年以上の歴史を持つドイツのテュフズード社の日本法人であるテュフズードジャパンの社長。ドイツ生まれ、スイス連邦工科大学大学院卒、自然科学の博士号を持つ。大学院卒業後テュフズードプロダクトサービスに入社。非能動医療機器開発所所長、体外診断薬部部長を経てテュフズードジャパンに移籍。医療機器事業本部長、医療機器事業アジア製造部門長を経て同社社長に就任

他の記事も読んでみる

トマス・J・ワトソン・ジュニア

野鴨は馴らすことはできる。しかし馴らした鴨を野生に返すことはできない。もうひとつ、馴らされた鴨はもはやどこへも飛んでいくことはできない。ビジネスには野鴨が必要なのである。


加山雄三

どんな仕事をしていても、苦しみは絶え間なくある。それが人生でしょう。99%苦しくても、たった1%の幸せをとても幸せだと感じられる。そう思えることが、生きていることの大切さだとわかりました。


上野金太郎

実際、いろいろなセクションを経験した人間のほうが、結果的にいいポジションについています。なかには、僕はここから動きたくないという人間もいますが、スペシャリストとして生きていく道はあっても、出世には限界があると思います。


菅野誠二

プレゼンテーションの目的は、相手を説得し、同意と承認を得たうえで、相手の心と身体を動かすことにあります。プレゼンすることによって、「確かに君の言うとおりだ。ぜひともやってみよう」と心から思わせることによって、相手の態度と行動を変化させるのです。


森川亮

自分ではなく、ユーザーを第一に考え、よりユーザーのためになる意見を出し合い、最善のものを選択する。選択したなら、それを実現すべく、みんなでベストを尽くす。


フィリップ・フィッシャー

あらゆる事業で売り上げを上げることは基本でそれがなければ生き残ることは不可能。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

穏やかな境地に至る道は、実は単純です。刺激や興奮をはじめとする欲求や身勝手な考えなど、心の平穏を乱す要因と対極にある美徳の精神を実践すればよいのです。状況や環境に左右されず、大きな影響も反動ももたらすことのない、美徳の精神に従って自分を高めていけば、必ず絶えることのない充足感と永続する平和に行き着くことができます。


坂根正弘

事業というのは必ず苦しい時があるわけです。経営者の判断能力を問われるのは「一時耐えることで再び上昇に向かうのか?」の判断です。「3年で雇用を増やせたのだったら、頑張って人数を減らさずにしておけばよかったじゃないか」とおっしゃる人がいると思うんです。でもそれでは危機感が生まれないんです。危機感を持ったから、会社が再スタートして、雇用を増やせるところまで来たんです。危機感がなければ再生はあり得なかったんです。


藤原和博

あえて極論を言うと、僕は、企業そのものが人を育てられない装置になってきているのではないかと疑っているんです。日本企業は、この10~15年の間にリストラをやって、組織をシンプルにしました。それによってムダもなくなりましたが、失敗が許されない組織になってしまった。僕たちの時代は、社員がムダや失敗を積み重ねながら成長できたけど、今の企業でそれは許されません。しかし、その結果、人を育てる機能が弱まっている。


杉山知之

学生8~10人でグループワークをするときに、各人のアイデア、写真だったりキーワードだったり、そういうものをプリントアウトして、デスク上に並べて全員で見ながら共有するのです。物理的に、近くにいる人の体温を感じながらディスカッションを重ねていくことで、ひとつのアイデアがよりよい方向に発展したり、あるいは組み合わさって思いもしなかったカタチに変化していきます。また、実際に手にとって触れるというアクションがあると、学生の参加意識も高まるし、学習効果も効率も上がる。プリントしたものを共有することにはそんなメリットがあるのです。


松本晃(経営者)

何か新しい商品や事業を立ち上げるとき、「世のため人のためになるか」、「儲かるか」、「勝ち目はあるか」これらを常に考えています。


徳重徹

進化力と実現力は、当社の重要な企業価値。