名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

イェンス・ブテナントの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

イェンス・ブテナントのプロフィール

イェンス・ブテナント。140年以上の歴史を持つドイツのテュフズード社の日本法人であるテュフズードジャパンの社長。ドイツ生まれ、スイス連邦工科大学大学院卒、自然科学の博士号を持つ。大学院卒業後テュフズードプロダクトサービスに入社。非能動医療機器開発所所長、体外診断薬部部長を経てテュフズードジャパンに移籍。医療機器事業本部長、医療機器事業アジア製造部門長を経て同社社長に就任

イェンス・ブテナントの名言 一覧

今後はニーズの高まりが予測される高齢者向けの製品やサービス業者向けの認証、企業が独自に行っているプラントの監査などにも積極的に参入していきたいと考えています。


当社のような第三者認証機関が関わることによって、不幸な事故が起きる可能性を減らすことができるでしょう。私たちの使命は、安全・品質基準への適合性を審査することによって製品の事故をなくし、安全で暮らしやすい社会づくりに貢献することです。


ときとして口うるさい嫌われ者になりながら、それでもお客様との緊密なパートナーシップを築いていかなければならない。これは正直申し上げて、決して容易なことではありません。しかし、このようにお互いオープンにして深く話し合える関係を築くことが私どものビジネスにおいて一番大切なのです。


イェンス・ブテナントの経歴・略歴

イェンス・ブテナント。140年以上の歴史を持つドイツのテュフズード社の日本法人であるテュフズードジャパンの社長。ドイツ生まれ、スイス連邦工科大学大学院卒、自然科学の博士号を持つ。大学院卒業後テュフズードプロダクトサービスに入社。非能動医療機器開発所所長、体外診断薬部部長を経てテュフズードジャパンに移籍。医療機器事業本部長、医療機器事業アジア製造部門長を経て同社社長に就任

他の記事も読んでみる

竹内一郎

テレビに出ている人たちのように、見られることを意識して生活している人は、つねに磨かれているようなもの。美男美女ではなく、三枚目のキャラクターだと思われている芸人でも、魅力的な外見を持っているものです。


荒蒔康一郎

リーダーは、会社全体の課題やチームの役割を理解したうえで、「だからいまはこういうことをやる必要がある」という道筋を示す必要があります。そしてメンバーを納得させて、みんなの力を引き出して目標達成に結びつけないといけない。


永守重信

生産性を欧米トップレベル並みの今の2倍に高めれば、残業をする必要性はなくなるだろう。第一の目的は「生産性を倍にすること」。「残業ゼロ」はその結果にすぎない。生産性を上げず残業をやめれば、企業はつぶれてしまう。


清田瞭

売上というビジネスのサイズを大きくするだけでなく、組織の効率性などに常に取り組んでいる企業というのが一番成長力を持っている。


藤井美保代

ミスを繰り返してしまう最大の原因は、自分が犯したミスと、きちんと向き合っていないことにある。考えるだけでなく、文字にする点がポイント。


廣瀬禎彦

部下に仕事を任せる場合、その仕事の目的をブレイクダウンして段取りをするために論理を使います。目的からブレイクダウンすることがポイントです。現状から論理を積み上げていくと、目的に到達するかどうかわからないからです。


澤田秀雄

すべてにおいて変化の時代、ベンチャー企業にとっては可能性のある時代の到来ですが、旧来型の変われない企業にとっては危機の時代。


出口治明

経営者にはビジョンが必要です。ライフネット生命は私の子供のようなものですから、日本人の平均年齢以上、最低でも100歳までは生き延びてほしい。そして、100年後には、必ず世界一の生命保険会社にする。これが、私の描くビジョンです。ちなみに、明治生命が日本で初めて保険会社をつくり、日本生命が1989年に世界1位になるまでがちょうど100年。そのファクトとロジックと数字から考えれば、私たちでも十分なれる。そう確信しています。


三宅裕司

昨年の夏、椎間板ヘルニアの手術をしました。それから約半年の間、この世界に入って初めて仕事を休止したんです。僕自身は、3か月も休めば大丈夫だろうと思っていたんですが、実際には手術したお医者さんから事務所へ「最悪、舞台復帰は無理かもしれない」という話があったそうです。ただ、事務所のスタッフは僕が希望を持ってリハビリが出来るよう、伝えずにいてくれました。その話を知ったのは復帰できる見通しがたった12月の頭くらい。聞いた時には、「やっぱりそうだったか」という感じでしたね。というのも、今も継続中のリハビリがかなり時間のかかるものなので簡単な症状ではないのだろうなと察しはついていました。筋力を戻しながら、一時止まってしまった神経を通していく……というとわかりやすいですが、神経が戻る速度は1日1ミリのペース。当初は立って歩いて座るという当たり前にできていた動作ができないところから始まり、日常生活を送るのに支障のないレベルへ。今は舞台で手術前よりも動ける体を目標にしています。


岡田尊司

相手が話している間に「うんうん」と頷いたり「えっ?」と驚いたりすることで、相手は「ああ、わかってくれているんだな」という安心感を得られます。相手によっては多少オーバーにやってもいいでしょう。


阿部雅行

私が考える「健康」とは体、脳、心の健康。実現するためには食事と睡眠、運動の3つの要素をバランス良く掛け合わせることが重要です。また、十分な動機と知識があっても行動できなければ、健康の維持・改善には繋がりません。


赤﨑勇

絶対ムリと言われ続けるうちに、皆が研究をやめていった。しかし、私だけはやめなかった。やり続けたから、成果が出た。